フリー美容師のトラブルと対処法 | 弁護士保険ステーション

フリー美容師のトラブルと対処法

自分のお店を持たない美容師の方は「フリーランス」としてオーナーと契約し、お店の場所を借りて業務を行うケースが多々あります。

そのようなときには、お客様やお店とトラブルになる可能性があるので要注意です。

 

以下ではフリーランスとして働く美容師のよくあるトラブルと対処方法をご紹介します。

 

お客様とのトラブル

美容師とお客様との間で発生するトラブルには、以下のようなものがあります。

ミスによってお客様にけがをさせた



パーマ液の使い方を誤って皮膚にただれを生じさせたり、ミスでお客様の耳を傷つけてしまったりして、けがをさせるパターンです。

けがの内容次第では数百万円単位の損害賠償金が発生するケースもあります。



「依頼したスタイルと違う」と言われる



お客様から依頼されたスタイルと異なる仕上げにしてしまい、クレームをつけられるパターンです。ミスして髪を切りすぎるケースやパーマが髪質に合わずに激しく痛んでしまうケースなどもあります。



悪質クレーム


美容師側が誤った対応をしていないのに、お客様の方から難癖をつけられるトラブルもよくあります。

お店とのトラブル

お店とのトラブルには、以下のようなものがあります。

罰金などのペナルティを科される


遅刻したときや、契約美容師のサービスに対してお客様から悪い口コミを書かれた場合などに罰金を払わされるサロンがあります。



独立の際、顧客情報を持ち出したと言われる



独立するときに以前に自分についていたお客様を引き抜くと「顧客情報を持ち出した」と言われて損害賠償請求をされるケースがあります。


フリーランスの美容師がトラブルに備える方法

お客様とのトラブルに備える方法


お客様とのトラブルに備えるには、きちんと腕を磨いていい加減な対応をしないこと、ミスをしないように、無理をせず体調を整えて業務に臨むことが大切です。



お店とのトラブルに備える方法


お店とのトラブルに備えるには、契約当初にしっかり契約内容を確認して罰金などのペナルティが発生しないか、独立の際の制限事項などチェックすべきです。あいまいなままにせず「契約書」を取り交わして明らかにしておきましょう。



弁護士保険に加入する


お客様との間でもお店との間でも、法的トラブルが発生したときに助けてくれるのは弁護士です。
いざ弁護士が必要なとき、費用のことが心配で依頼できなかったら状況がどんどん悪化します。そのようなことのないよう「弁護士保険」に加入するフリーランスの美容師が増えています。弁護士保険に入っておけば、1事件について300万円までの弁護士費用が補填されます。

安心して仕事を続けるため、一度加入を検討されてはいかがでしょうか?

この記事を書いた人

福谷陽子
福谷陽子元弁護士
京都大学法学部卒。
在学中に司法試験に合格したが、その後すぐには司法修習に行かず、1年遅らせてそれまで行きたかった世界中のいろいろな国に出掛ける。その後司法修習に行き修習を終え、弁護士登録2004年に弁護士登録。弁護士として勤務し3年経たない間に独立。2007年陽花法律事務所を設立して女性の視点から丁寧で柔軟なきめ細かい対応を得意とする。離婚や債務整理、交通事故や各種の損害賠償請求、遺産相続、中小企業の契約や事業承継など、数々の事件を取り扱う。刑事事件にも積極的に取り組み、一部無罪を獲得したことも。2013年、体調の関係で事務所を一旦閉鎖。現在は10年間の弁護士の経験を活かしウェブでのライターとして活動。

詳細
関連記事

Twitterでトラブル対処法記事の発信中!

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル
弁護士保険を徹底比較

引受保険会社


ページトップ

ページトップ