弁護士保険比較なら【弁護士保険ステーション】

弁護士に相談・依頼で身近なトラブルを解決! 弁護士保険比較サイト

弁護士保険とは?

弁護士保険とは日常生活で職場トラブルなどの法的トラブルに遭ってしまった場合に、解決のため、弁護士等へ、依頼・相談をした際に発生する相談料、着手金、報酬金などの費用を補償する保険です。
ネットストーカーや冤罪、相続、近隣問題など、幅広い分野のトラブルを補償対象としています。...続きを読む

弁護士保険料・補償内容比較表

保険会社 プリベント少額短期保険 エール少額短期保険 ジャパン少額短期保険
プリベント少額短期保険株式会社 エール少額短期保険株式会社 ジャパン少額短期保険株式会社
商品名 弁護士保険ミカタ 弁護士保険コモン
  • レギュラー
  • Lite
痴漢冤罪ヘルプコール付き弁護士保険

弁護士保険には早く入るべき!?

弁護士保険には待機期間と不担保期間があります。これは予測ができそうなトラブル、つまり一般事件についてはある程度の期間が経たなければ補償が適用されないというものです。

弁護士保険には待機期間と不担保期間があります。これは予測ができそうなトラブル、つまり一般事件についてはある程度の期間が経たなければ補償が適用されないというものです。

プリベント少額短期保険
資料請求(無料)
申込み
エール少額短期保険

-

申込み
ジャパン少額短期保険

-

申込み

閉じる

保険料 (月額) 2,980円/月 2,200円/月 590円/月
保険料 (年額) / 26,000円/年 6,400円/年
資料請求
資料請求(無料)
- -
詳細
詳細
詳細
詳細
申込
申込み
申込み
申込み
特徴
①弁護士費用の補償およびトラブルを予防し早期解決するためのサポートサービス付保険
②安心の日本弁護士連合会協定会社
③保有契約数№1
就業・生活上の様々なトラブル発生時における法律相談料と弁護士費用を200万円まで補償 ネットストーカーや冤罪の場合の弁護士サポートが充実
痴漢冤罪(被害)にあったとき、すぐに弁護士に連絡できるヘルプコール付き 保険開始からすぐに使用できます。
弁護士費用の補償対象となるトラブル 偶発事故※1 一般事件※2 偶発事故※1 一般事件※2 偶発事故※1
うち 支払対象外となるトラブル 保証契約、知的財産権など 金銭消費貸借、投機取引、連鎖販売取引など 被保険者の職務遂行に直接起因する事故
不担保期間・待機期間 偶発事故 - - -
労働 3ヶ月 1年 補償対象外
賃貸借 3ヶ月 1年
離婚 1年 3年
相続 1年 2年
親族 1年 1年
その他一般事件 3ヶ月 (リスク取引1年) 3ヶ月 (差止め請求等:1年)
補償対象となる被保険者の立場 被害、加害【被保険者の未成年子供も補償】 被害、加害、監督義務を有する18歳未満の子 被害、加害(個人賠償責任保険)
保険金 法律相談料 実費相当額 実費 10万円を限度に実費
偶発事故 実費相当額 着手金:(基準 - 5万)×70% 300万円を限度に実費
一般事件 着手金:(基準 - 5万)×70% 着手金:(基準 - 5万)×70% 補償対象外
保険金支払上限 法律相談料 2.2万円/1事案 10万円/年 2.2万円/1事案 10万円/年 偶発事故のみ 10万円
偶発事故 300万円/1事案 200万円/1事案 300万円/1事案
一般事件 100万円/1事案 200万円/1事案 補償対象外
通算上限金額 1,000 万円 1,000 万円 -
弁護士費用以外の補償 なし なし 個人賠償責任保険 (1,000万円)
付帯サービス
①弁護士直通ダイヤル
②弁護士紹介サービス(日本弁護士連合会と協定締結)
③リーガルカード・リーガルステッカー配布
④無料弁護士セミナー開催【一部地域】
⑤なんでも悩みごと相談ダイヤル
①ネットストーカー・ヘルプナビ
②冤罪ヘルプナビ
③弁護士直通ダイヤル
④弁護士検索サポート
①痴漢冤罪ヘルプコール(無料)
②痴漢被害ヘルプコール(無料)
③弁護士無料相談
付加できる特約 一般事件免責金額ゼロ特約 免責金額ゼロ特約
道路交通事故不担保特約
法律相談料不担保特約
支払方法 クレジット、口座振替 クレジットカードのみ ※ご契約者さま個人名義のものに限ります。 クレジットカード (コンビニ決済、銀行振込は年払いのみ)
加入条件 契約者20歳以上被保険者は年齢制限なし 契約者は18歳以上 年齢制限なし
資料請求
資料請求(無料)
- -
詳細
詳細
詳細
詳細
申込
申込み
申込み
申込み
保険料 (月額) 2,980円/月 960円/月 590円/月
保険料 (年額) / 11,300円/年 6,400円/年
資料請求
資料請求(無料)
- -
詳細
詳細
詳細
詳細
申込
申込み
申込み
申込み
特徴
①弁護士費用の補償およびトラブルを予防し早期解決するためのサポートサービス付保険
②安心の日本弁護士連合会協定会社
③保有契約数№1
就業・生活上の様々なトラブル発生時における弁護士費用を30万円まで補償 ネットストーカーや冤罪の場合の弁護士サポートが充実
痴漢冤罪(被害)にあったとき、すぐに弁護士に連絡できるヘルプコール付き 保険開始からすぐに使用できます。
弁護士費用の補償対象となるトラブル 偶発事故※1 一般事件※2 偶発事故※1 一般事件※2 偶発事故※1
うち 支払対象外となるトラブル 保証契約、知的財産権など 金銭消費貸借、投機取引、連鎖販売取引、道路交通事故 被保険者の職務遂行に直接起因する事故
不担保期間・待機期間 偶発事故 - - -
労働 3ヶ月 1年 補償対象外
賃貸借 3ヶ月 1年
離婚 1年 3年
相続 1年 2年
親族 1年 1年
その他一般事件 3ヶ月 (リスク取引1年) 3ヶ月 (差止め請求等:1年)
補償対象となる被保険者の立場 被害、加害【被保険者の未成年子供も補償】 被害、加害、監督義務を有する18歳未満の子 被害、加害(個人賠償責任保険)
保険金 法律相談料 実費相当額 補償対象外 10万円を限度に実費
偶発事故 実費相当額 着手金:(基準 - 5万)×90% 300万円を限度に実費
一般事件 着手金:(基準 - 5万)×70% 着手金:(基準 - 5万)×90% 補償対象外
保険金支払上限 法律相談料 2.2万円/1事案 10万円/年 補償対象外 偶発事故のみ 10万円
偶発事故 300万円/1事案 30万円/1事案 300万円/1事案
一般事件 100万円/1事案 30万円/1事案 補償対象外
通算上限金額 1,000 万円 150 万円 -
弁護士費用以外の補償 なし なし 個人賠償責任保険 (1,000万円)
付帯サービス
①弁護士直通ダイヤル
②弁護士紹介サービス(日本弁護士連合会と協定締結)
③リーガルカード・リーガルステッカー配布
④無料弁護士セミナー開催【一部地域】
⑤なんでも悩みごと相談ダイヤル
①ネットストーカー・ヘルプナビ
②冤罪ヘルプナビ
③弁護士直通ダイヤル
④弁護士検索サポート
①痴漢冤罪ヘルプコール(無料)
②痴漢被害ヘルプコール(無料)
③弁護士無料相談
付加できる特約 一般事件免責金額ゼロ特約 免責金額ゼロ特約
支払方法 クレジット、口座振替 クレジットカードのみ ※ご契約者さま個人名義のものに限ります。 クレジットカード (コンビニ決済、銀行振込は年払いのみ)
加入条件 契約者20歳以上被保険者は年齢制限なし 契約者は18歳以上 年齢制限なし
資料請求
資料請求(無料)
- -
詳細
詳細
詳細
詳細
申込
申込み
申込み
申込み

弁護士保険には早く入るべき!?

弁護士保険には待機期間と不担保期間があります。これは予測ができそうなトラブル、つまり一般事件についてはある程度の期間が経たなければ補償が適用されないというものです。

弁護士保険には待機期間と不担保期間があります。これは予測ができそうなトラブル(一般事件)についてはある程度の期間が経たなければ補償が適用されません。

プリベント少額短期保険
資料請求(無料)
申込み
エール少額短期保険

-

申込み
ジャパン少額短期保険

-

申込み

閉じる

月払い2,200円

(年払い26,000円)

詳細

特徴

就業・生活上の様々なトラブル発生時における法律相談料と弁護士費用を200万円まで補償
ネットストーカーや冤罪の場合の弁護士サポートが充実

弁護士費用の補償対象となるトラブル

偶発事故※1

一般事件※2

不担保期間・待機期間

偶発事故 -
労働 1年
賃貸借 1年
離婚 3年
相続 2年
親族 1年
その他一般事件 3ヶ月 (差止め請求等:1年)

保険金

法律相談料 実費
偶発事故 着手金:(基準 - 5万)×70%
一般事件 着手金:(基準 - 5万)×70%

保険金上限金額

法律相談料 2.2万円/1事案 10万円/年
偶発事故 200万円/1事案
一般事件 200万円/1事案
通算上限金額 1000万円

月払い960円

(年払い11,300円)

詳細

特徴

就業・生活上の様々なトラブル発生時における法律相談料と弁護士費用を30万円まで補償
ネットストーカーや冤罪の場合の弁護士サポートが充実

弁護士費用の補償対象となるトラブル

偶発事故※1

一般事件※2

不担保期間・待機期間

偶発事故 -
労働 1年
賃貸借 1年
離婚 3年
相続 2年
親族 1年
その他一般事件 3ヶ月 (差止め請求等:1年)

保険金

法律相談料 補償対象外
偶発事故 着手金:(基準 - 5万)×90%
一般事件 着手金:(基準 - 5万)×90%

保険金上限金額

法律相談料 補償対象外
偶発事故 30万円/1事案
一般事件 30万円/1事案
通算上限金額 150万円

月払い2,980円

詳細

月払い590円

(年払い6,400円)

詳細

特徴

痴漢冤罪(被害)にあったとき、すぐに弁護士に連絡できるヘルプコール付き
保険開始からすぐに使用できます。

弁護士費用の補償対象となるトラブル

偶発事故※1

不担保期間・待機期間

偶発事故 -
労働 補償対象外
賃貸借
離婚
相続
親族
その他一般事件

保険金

法律相談料 10万円を限度に実費
偶発事故 300万円を限度に実費
一般事件 補償対象外

保険金上限金額

法律相談料 偶発事故のみ 10万円
偶発事故 300万円/1事案
一般事件 補償対象外
通算上限金額 -
※1 偶発事故・・・自動車事故トラブル・自転車事故トラブル・スポーツ事故トラブル・火災爆発事故トラブル等含む
※2 一般事件・・・職場のトラブル・住まいのトラブル・男女のトラブル・離婚トラブル・相続のトラブル・金銭トラブル・こどものトラブル・インターネット上トラブル等

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

最近話題になっている弁護士保険。比較表を見る前にまず弁護士保険が本当に必要なのかどんな補償がされるのか考えていきましょう。

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

パワハラや残業代不払い、会社の人との人間関係トラブルなど職場トラブルは様々あります。
職場トラブル解決のひとつとして、弁護士保険があります。

弁護士保険とは

弁護士保険とは、弁護士に支払う着手金や報酬金を補償してくれるもの。

最近は色んな保険が増えてきているけど弁護士保険ってどんなものなの?難しそうだね。

何かトラブルが起きたとき自分だけでは解決できない場合専門家である弁護士に頼むっていうケースが多いのだけど。弁護士に依頼すると頼む際に必要となる着手金と頼んだ後の報酬として支払う報酬金を払わなければならないんだ。
そんな時に弁護士に依頼する際かかったお金を補償してくれるのが弁護士保険だよ。

困ったときなぜお金がかかるのに弁護士に相談するの

トラブルが起きるとたいていの場合お金が関与する。お金が関与した問題を解決するために法律の知識が必要になる。しかし、法律の知識を十分持っている一般人は少ないため法律家に相談をする。

なるほど、弁護士保険ってすごいね。ただ、何かトラブルが起きたら弁護士より身近な人に相談した方がお金はかからなくていいんじゃないかな。

確かにそうだよね。

じゃあその質問に答えるためにまず身近なトラブルにどんなものがあるのか見てみよう。


トラブルを見てみてどうだい?

自分が思っていたより当てはまるかもしれない問題が多いね。弁護士ってあまり身近に感じなかったけどいじめとか自転車事故とか子供でも当てはまるようなトラブルがあるんだね。あと近年で問題になっている遺産相続や離婚問題もあるってことは何かしらが当てはまる人はかなり多いのかもね。

その通り!身近なトラブルはかなり多く潜んでいるんだ。そこでトラブルが起きた時のことを想像してほしい。トラブルが起きた時話し合いだけで問題が解決することができたら一番なんだけど実際は話し合いだけで解決することは少ないんだ。

確かに実際に話し合いだけで解決されるトラブルって少ない気がする。実際に訴訟になるケースもよくあるらしいしね。

実際はお金によって解決しようとすることが多いんだよね。その場合、どちらが有利か不利かは法律などに基づいて決めていくんだけどそこで一般の人たちは法律に詳しい人は少ない。だから専門的な知識を持っている弁護士にお金を払ってでも依頼するんだ。

訴訟して敗訴した場合は多額のお金がかかってしまうからね。弁護士のアドバイスを聞くことで大事になる前に止めることもできるかもしれないからね。

なるほど弁護士ってトラブル解決のためには不可欠な存在なんだね。その弁護士への支払いを補償してくれる弁護士保険は本当に有益なものだね。

弁護士保険とは 上記内容まとめ

  • 弁護士保険とは弁護士に依頼する際にかかる着手金や報酬金を補償する保険のこと(弁護士に関するサービスも多数あり)
  • 自分に当てはまる可能性があるトラブルは身近に多く潜んでいる
  • トラブルが起きた際は知識がないため自分で解決できる人は少なく弁護士に依頼するケースがある
  • 「そもそも依頼する弁護士がいない」「弁護士に依頼するとしてもお金がかかってしまう」そんな悩みを解決するのが弁護士保険
保険会社 プリベント少額短期保険 エール少額短期保険 ジャパン少額短期保険
プリベント少額短期保険株式会社 エール少額短期保険株式会社 ジャパン少額短期保険株式会社
商品名 弁護士保険ミカタ 弁護士保険コモン レギュラー 痴漢冤罪ヘルプコール付き弁護士保険
資料請求
資料請求(無料)
- -
申込
申込み
申込み
申込み

弁護士保険会社3社を徹底比較!!

弁護士保険を比較して選ぶ際は[保険料]、[補償範囲・補償割合]、[待機期間・不担保期間]、[付帯サービス]の4つのポイントを重視して選びましょう。各弁護士保険の特徴を解説しながら徹底比較していきます!

弁護士保険のサービスが有益だということは分かったね。現状弁護士保険は3つの保険会社がサービスを展開しているんだ。

それぞれの会社はどう違うの?

各保険会社の特徴を表にしてみたから確認してみよう。

保険会社の特徴を比較
保険会社 保険名 特徴
弁護士保険ミカタ 単独型弁護士保険のパイオニアで、保有契約数№1、安心の日本弁護士連合会との協定会社で、幅広い補償範囲・短い待機期間に加えて、弁護士直通ダイヤル、弁護士紹介サービス、無料弁護士セミナーも大好評
弁護士保険コモン スタンダード・レギュラー・Lite 2017年に弁護士保険を販売開始した新しい保険会社です。ネットストーカーや冤罪の場合の弁護士サポートが充実しています。
ジャパン少額短期保険 痴漢冤罪ヘルプコール付き弁護士保険 痴漢冤罪(被害)にあったとき、すぐに弁護士に連絡できるヘルプコール付き。保険開始からすぐに使用できます。
保険会社の特徴を比較
単独型弁護士保険のパイオニアで、保有契約数№1、安心の日本弁護士連合会との協定会社で、幅広い補償範囲・短い待機期間に加えて、弁護士直通ダイヤル、弁護士紹介サービス、無料弁護士セミナーも大好評

2017年に弁護士保険を販売開始した新しい保険会社です。ネットストーカーや冤罪の場合の弁護士サポートが充実しています。

痴漢冤罪(被害)にあったとき、すぐに弁護士に連絡できるヘルプコール付き。保険開始からすぐに使用できます。
保険会社ごとに特徴があるんだね。 それにしても難しいワードが多いなぁ。

確かに特徴だけみても提供しているサービス名が異なるからわかりづらいね。 次は、さらに深掘りして弁護士保険を比較するときのポイントを詳しく紹介するよ。 各保険で何が補償されるのかわかりやすく解説するね。

弁護士保険を比較する時の4つのポイント

比較表に項目がたくさんあるけど、 その中で比較するときの重要な4つのポイントをまとめてみたよ。

聞きなれない言葉ばかりでイメージがわかないや。

大丈夫。最初は4つぐらい重視するポイントを分かって入れば自分にあった弁護士保険を比較して選べると思ってもらえれば十分。これから順に説明していくからね。

保険料から弁護士保険を比較!

保険料は各保険会社で大きく異なります。保険料が安いということは補償範囲が狭かったり、補償金額が低かったりします。補償内容や補償範囲と合わせて自分に合った保険を探すと良いでしょう。

まずは保険料についてだよ。保険料というのは弁護士保険に加入するにあたって毎月保険会社に支払うお金のことなんだ。

この保険料が会社ごとに違うんだね。

その通り。保険会社は補償するお金を集めた保険料からまかなっているんだ。つまり補償される範囲が広い場合や補償額が多いプランというのは必然的に保険料も高めに設定されているんだね。

保険料比較
弁護士保険ミカタ

2,980円/月

弁護士保険コモン Lite

960円/月

弁護士保険コモン レギュラー

2,200円/月

弁護士保険コモン ステイタス

5,100円/月

痴漢冤罪ヘルプコール付き弁護士保険

590円/月

保険料比較
弁護士保険ミカタ

2,980円/月

弁護士保険コモン Lite

960円/月

弁護士保険コモン レギュラー

2,200円/月

弁護士保険コモン ステイタス

5,100円/月

痴漢冤罪ヘルプコール付き弁護士保険

590円/月

一番安いものは月額590円で一番高いものは月額5,100円。料金にかなり差があるんだね。

そうだね。保険料は毎月負担することになるお金だから重視する必要はある。ただ、保険料の違いで補償範囲や補償割合が各社で大きく違うからあくまでも一つの基準として選ぶことが大事だね。 次は各会社の補償範囲、補償割合にどのくらい違いがあるかを比較するよ。

補償範囲、補償割合について

弁護士保険の補償されるトラブルの範囲として、一般事件と偶発事故の2つがあります。 補償割合とは弁護士に対して支払う金額の内補償する割合のことです。 各会社の補償範囲と補償割合を確認しましょう!

ここは最も重視した方がいいポイントかもしれない。補償範囲と補償割合だ。

またまた難しそうだね。

弁護士保険はトラブルが起きて弁護士に払った分のお金を保険会社が補償してくれるものだということは説明したね。
その時、なんでもかんでも弁護士に相談してかかったお金を補償してくれるわけではないんだ。
トラブルが各保険会社が定めている範囲に当てはまれば補償してくれるし、反面そのトラブルが保険会社の範囲外の場合は補償されない。
その保険会社が定めているトラブルが適当かどうか判断している範囲のことを補償範囲というんだ。

もう一つの補償割合というのは保険会社が補償してくれるとなった時自分が弁護士に払ったうちの何パーセントの割合を補償してくれるのかというもの。
補償割合が多いほど弁護士に対して支払った額が多く返ってくるよ。

この補償範囲が広い、または補償割合が多いと保険会社が補償するべき金額が増えていくことになるね。

なるほど、じゃあ自分がどういうトラブルで弁護士にお願いすることになりそうかは各会社を比較して事前に調べておく必要があるね。その上で保険料と兼ね合わせて一番自分に合う会社を選ぶことが大事だね。 弁護士保険でどんなトラブルが補償されるの?

補償範囲には、大きく分けて一般事件と偶発事故があるんだ。 偶発事故は不慮の事故(急激かつ偶然な外来の事故)のことで、交通事故やケンカに巻き込まれてしまったなどのトラブルが当てはまるよ。 一般事件は離婚トラブル・職場トラブル・金銭トラブルなどの 不慮の事故を原因としない法的トラブルのことだよ。 保険会社3社の補償範囲を表にしたから確認してみよう。

一般事件と偶発事故の補償比較
一般事件と偶発事故の補償比較
保険会社 一般事件 偶発事故
被害・加害 加害 被害
ジャパン少額短期保険 × ×

ジャパン少額短期保険は偶発事故の被害だけの補償なんだね。

ジャパン少額短期保険は補償範囲が狭いからこそ先ほどの安い保険料が実現できるんだ。 厳密には、偶発事故の加害の場合には個人賠償責任保険が補償されるよ。
偶発事故の被害のみを補償したい場合と、 一般事件も補償したい場合でまずは保険を決められそうだね。

そうだね。 さらに深掘りして、偶発事故と一般事件のトラブルを考えたいところだけどその話はまた今度にするね。 保険金と保険上限金額についての表もまとめたから確認してみてね。 次は一般事件が補償される保険プランを比較する際に 重要な待機期間と不担保期間について説明するよ。

保険金と保険上限金額を比較
保険会社 プリベント少額短期保険 エール少額短期保険 ジャパン少額短期保険
保険金 法律相談料 実費相当額 実費 10万円を限度に実費
偶発事故 実費相当額 着手金:(基準 – 5万)×70% 300万円を限度に実費
一般事件 着手金:(基準 – 5万)×70% 着手金:(基準 – 5万)×70% 補償対象外
保険金
支払上限
法律相談料 2.2万円/1事案
10万円/年
2.2万円/1事案
10万円/年
偶発事故のみ
10万円
偶発事故 300万円/1事案 200万円/1事案 300万円/1事案
一般事件 100万円/1事案 200万円/1事案 補償対象外
通算上限金額 1,000 万円 1,000 万円
保険金と保険上限金額を比較
保険金 法律
相談料
実費相当額
偶発事故 実費相当額
一般事件 着手金:
(基準 – 5万)×70%
保険金
支払上限
法律
相談料
2.2万円/1事案
10万円/年
偶発事故 300万円/1事案
一般事件 100万円/1事案
通算上限金額 1,000万円

弁護士コモンレギュラー
保険金 法律
相談料
実費
偶発事故 着手金:
(基準 – 5万)×70%
一般事件 着手金:
(基準 – 5万)×70%
保険金
支払上限
法律
相談料
2.2万円/1事案
10万円/年
偶発事故 200万円/1事案
一般事件 200万円/1事案
通算上限金額 1,000 万円

保険金 法律
相談料
10万円を限度に実費
偶発事故 300万円を限度に実費
一般事件 補償対象外
保険金
支払上限
法律
相談料
偶発事故のみ
10万円
偶発事故 300万円/1事案
一般事件 補償対象外
通算上限金額

待機期間、不担保期間

弁護士保険はあらかじめトラブルを持った状態で弁護士保険の補償を受けるといったことを防ぐために待機期間、不担保期間を定めています。待機期間、不担保期間に定められているトラブルについては一定期間補償を受けることができません。

弁護士保険の補償とサービスについてある程度分かったから申込しようかな。

ちょっと待って。 一般事件が補償される保険の場合には待機期間と不担保期間の項目をちゃんと調べた方がいいよ。 実は弁護士保険はトラブルによっては一定期間経ってからでないと補償を受けることはできないんだ。

待機期間、不担保期間について
弁護士保険の補償っていつでも受けることができるわけじゃないの?
そうなんだ。トラブルによって期間は異なる。
どのようなトラブルが一定期間待つ必要があるのか実際に見てみよう。
プリベント少額短期保険、エール少額短期保険の待機期間と不担保期間
保険会社
その他一般事件 3ヶ月 3ヶ月
親族 12ヶ月 12ヶ月
相続 12ヶ月 24ヶ月
離婚 12ヶ月 36ヶ月
賃貸借 3ヶ月 12ヶ月
労働 3ヶ月 12ヶ月

なるほど、確かに例えば離婚の問題を既に抱えた人が弁護士保険に加入して補償を受けてしまったら保険料がいくらあっても足りないからね。 表を比較してみると相続・離婚・賃貸借・労働トラブルはプリベント少額短期保険の方が期間が短いね。

弁護士保険に加入した人に平等性を持たせるためにも待機期間と不担保期間は必要なんだ。 ただ、全てのトラブルに対して待機期間や不担保期間があるわけではなくて予測できないような事故などについては偶発事故と呼ばれていてすぐに補償を受けることができるよ。比較する際に自分が弁護士保険でトラブルはどれか確認しておこう。

付帯サービス

付帯サービスはお金を負担することなく受けることができるいわば特典サービスのようなもの。弁護士保険の付帯サービスは各社充実しているため是非確認しよう。

最後の比較ポイントは付帯サービスだ。これは感覚的には特典サービスのようなものなのかな。

そうなんだ。特典ということはお金がかからないってことなのかな。

そう、保険料を対価としないサービスと言われている。
つまり付帯サービスとは保険会社がお客様に提供している満足度を上げるためのサービスなんだ。

使った方がお得なサービスなんだね。各社がどんな付帯サービスがあるのか調べてみよう。

プリベント少額短期保険付帯サービス
弁護士直通ダイヤル
弁護士紹介サービス
リーガルカード・リーガルステッカー配布
悩み事なんでも相談ダイヤル
弁護士セミナー(無料)
エール少額短期保険付帯サービス
ネットストーカー・ヘルプナビ
冤罪ヘルプナビ
弁護士直通ダイヤル
弁護士検索サポート
ハラスメントヘルプナビ
示談交渉人案内サービス
法律文書チェックサービス
ジャパン少額短期保険付帯サービス
痴漢冤罪ヘルプコール
痴漢被害ヘルプコール
弁護士無料相談
付帯サービスについて詳しく見る▼

弁護士保険を比較するときの4つのポイントまとめ

  • [保険料]、[補償範囲・補償割合]、[付帯サービス]、[待機期間・不担保期間]の4つのポイントを踏まえ自分に合う弁護士保険を比較しましょう。
  • 偶発事故は不慮の事故(急激かつ偶然な外来の事故)、一般事件は不慮の事故を原因としない法的トラブルです。各保険会社で補償範囲を比較しましょう。
  • 一般事件はすぐに補償されず、待機期間・不担保期間経たなければ補償を受けることができません。各保険会社で期間が異なりますので比較しましょう。
  • 付帯サービスは保険会社が提供する特典サービスのようなものでお金は基本的にかからないため最大限活用しましょう。
保険会社 プリベント少額短期保険 エール少額短期保険 ジャパン少額短期保険
プリベント少額短期保険株式会社 エール少額短期保険株式会社 ジャパン少額短期保険株式会社
商品名 弁護士保険ミカタ 弁護士保険コモン レギュラー 痴漢冤罪ヘルプコール付き弁護士保険
資料請求
資料請求(無料)
- -
申込
申込み
申込み
申込み

取扱代理店

株式会社エレメント

募集文書番号
[プリベント少額短期保険株式会社]PV2018営推00303
[エール少額短期保険株式会社]2017-OP・募-015
[ジャパン少額短期保険株式会社]A06-019 2018.03

ページトップ