美容師によくある【顧客情報持ち出し】トラブル | 弁護士保険ステーション

美容師によくある【顧客情報持ち出し】トラブル

▲関連記事をチェック

美容師が独立して新店舗を立ち上げる時や、他の店舗へ移る時によく起こるのが、顧客情報の持ち出しトラブルです。

新しい店舗を始めるのに、ゼロから出発するのは不安があるかもしれません。
今まで働いていたヘアサロンで自分を指名して来てくれていたお客様は自分の顧客とも言えますし、チラシやメールで新店舗の案内を送りたくもなりますよね。

そもそも、ずっと指名で通ってくれていた大切なお客様に、連絡もせずに移店するほうが失礼に当たるような気もしますが、実は顧客情報の持ち出しは法律違反に当たるかもしれないのです。

この記事では、顧客情報の持ち出しがどのようなトラブルにつながるかを詳しく説明していきます。

顧客情報の持ち出しは法律違反の可能性

基本的にはヘアサロンのお客様はヘアサロンの財産です。
いくら自分を指名してくれているお客様だったとしても、その情報の持ち主はヘアサロンとなります。

しかし、その情報がどのように管理されているか、そしてどのように入手したかによって法律に触れるかどうか変わるのです。

顧客リストからの連絡はNG


紙のリストのような物体を盗みだすのはもちろん窃盗罪となりますが、実は情報の窃盗には法律的な罰則は設けられてはいません。

しかし、次のような法律に抵触する恐れがあるので注意が必要です。

不正競争防止法


顧客情報の持ち出しは不正競争防止法で禁じられている「営業秘密の侵害行為」に当たる可能性があります。

けれども「営業秘密」と認められるには

・秘密として管理されていること
・有用性があること
・他に知られていないこと

の3点が揃っていないといけません。

顧客リストはもちろんヘアサロンにとって有用であり、他には知られていないもののはずです。
しかし、秘密として厳重に管理されているかどうかを決めるのは、そのヘアサロンの管理方法。

例えば、顧客リストが鍵の付いた金庫に厳重にしまってあれば、それは営業秘密と認めらえるので法律違反となります。
しかし、スタッフなら誰でも見られるような状態で置いてあった場合には、営業秘密の対象外となり、不正競争防止法違反にも問われないでしょう。

とはいっても、突然スタイリスト個人から連絡をもらったお客様はどのように感じるでしょうか?

個人情報保護法


顧客情報は個人情報保護法の対象です。
お客様が情報を渡したのはヘアサロンであり、担当スタイリスト個人ではありません。

そしてヘアサロンもお客様からいただいたプライベートな情報を、他に漏れないように管理する義務があります。

ですから顧客情報の持ち出しは、持ち出した本人はもちろん、持ち出された店舗も罰せられる可能性があるのです。

ただし、お客様本人がスタイリストに個人的に連絡先を伝えていた場合は、この法律の対象外となります。

個人的に連絡先を入手していたら


もしお客様と個人的なつながりができていて、LINEやメールなどの連絡先を交換していた場合は、情報を不正に手に入れたわけではないので法律的には問題ありません。

お客様が個人的に連絡を取りたいと思うほど親しかったスタイリストなのですから、新しい店舗についてきてくれるかどうかは別として、退職前に連絡をくれたことにはきっと喜んでくださるでしょう。

しかし、サロンのオーナーの中には、不愉快に感じる人も時々いるようです。

サロンオーナーの考え方次第


サロンオーナーにもいろいろな考えの人がいます。

弟子の巣立ちを快く応援して、それまでの顧客を連れていくことをすすめてくれるようなオーナーなら、法律の問題など心配することはないでしょう。

けれども中には退職することもお客様に伝えてはいけない、という厳しいオーナーもいます。
顧客情報の持ち出しについて法律的には問題のない状態でも、訴訟が成り立たないと承知で訴えてくることもあるかもしれません。

そんな時はどうすればいいでしょうか。

もしもトラブルに発展したら

せっかく独立したのに訴訟に巻き込まれてしまっては幸先が悪いですし、いくら裁判にならなかったとしても、風評被害は避けられません。

もしも法的なトラブルに発展してしまったら、法律のプロにお任せするのが一番です。
話がこじれてしまう前に、弁護士に相談してみましょう。

法的トラブルにかかる弁護費用を賄ってくれる「弁護士補償」に入っていれば安心して相談できますね。

まとめ

顧客情報の持ち出しは、訴えらえることもある事案です。
せっかくの新店舗、そして新生活のスタートを脅かされないために、弁護士保険で備えておけば心強いでしょう。



(参照URL)

https://relax-job.com/more/37366
https://woman.excite.co.jp/article/child/rid_Papimami_78861/pid_2.html
https://ferret-plus.com/8431
https://clipmark.jp/about-personal-information-protection-law/

「もしもの高額な支払いに備える」弁護士保険とは?

弁護士保険とは、弁護士に相談・依頼をする際の費用を補償してくれる保険です。

保険料の相場は月額3,000円程度となっており、着手金の相場額が30万円ということを考えると9年以内に弁護士に依頼を行えば元が取れるという計算になります。

自分で抱えきれない悩みがあった時に、弁護士保険に加入していれば弁護士に気軽に相談・依頼ができるので、トラブルの早期解決に繋げられます。

「弁護士保険ステーション」では弁護士保険取扱3社の「料金」「補償」「付帯サービス」などを分かりやすく比較できます。


会社によっては、弁護士保険に加入していることを表す「リーガールカード」や「ステッカー」の配布があり、トラブル抑止効果が期待できます。
そのほか、「弁護士紹介サービス」や「相談ダイヤルの設置」など、便利な付帯サービスが用意されています。

日常生活や職場などでトラブルがあった際に、確実に解決するには弁護士は頼りになる存在ですが、高い報酬がネックとなり簡単には依頼できないことも。
そんな弁護士費用に不安がある方は、弁護士保険への加入がおすすめです。

弁護士保険3社比較
法律相談料 偶発事故※3 一般事件※4 通算上限金額
100%※1
2.2万円/事案まで
100%※1
300万円/事案まで
70%※2
100万円/事案まで
1,000万円
  • ※1 実費相当額
  • ※2 着手金:(基準-5万)×70%
  • 単独型 弁護士保険 6年連続(2014~2019) 保有件数No1
  • 家族特約でご家族の保険料は半額
  • 弁護士費用の補償・トラブルの予防サポートサービス付保険
→弁護士保険ミカタの詳細はこちら
弁護士保険ステーション限定!キャンペーン
法律相談料 偶発事故※3 一般事件※4 通算上限金額
100%※1
2.2万円/事案まで
100%※2
100万円/事案まで
100%※2
100万円/事案まで
1,200万円
  • ※1 実費
  • ※2 着手金:(基準-5万)×100%
  • ライト+ レギュラー+ ステータス+の3プランから選べる!
  • 初期相談が無料の弁護士直通ダイヤルなど8つの付帯サービス
  • 一般事件の補償が充実!
→弁護士保険コモン+の詳細はこちら
法律相談料 偶発事故※3 一般事件※4 通算上限金額
実費
10万円を限度
実費
300万円を限度
補償対象外 -
  • 保険開始から使用可能な痴漢冤罪/被害ヘルプコール付き
  • 加害者になった時の対人/対物賠償保険付き
  • 気軽に加入できるリーズナブルな保険料
→男を守る弁護士保険・女を守る弁護士保険の詳細はこちら
法律相談料 偶発事故※4 一般事件※5 通算上限金額
なし
※1
70%
※2
70%
※2
1,000万円
  • ※1 初回法律相談60分無料の弁護士を紹介
  • ※2 着手金および報酬金の次の①②のいずれか少ない金額
     ①被保険者が弁護士に支払う金額
     ②基準法務費用×基本てん補割合(原則70%)
  • 追加保険料0円で家族も補償
  • 着手金報酬金の両方を補償
  • 免責金額の設定なし
→弁護士費用保険メルシーの詳細はこちら
  弁護士費用保険ミカタ 弁護士保険コモン+ 男を守る弁護士保険女を守る弁護士保険 弁護士費用保険メルシー
自動車事故被害者
自動車事故加害者 ×
突発的な事故(人身事故)
突発的な事故(物損事故)
自転車事故
上階からの水漏れ
欠陥住宅 ×
近隣問題 ×
遺産相続 ×
離婚問題 ×
リストラ ×
いじめ ×
医療過過 ×
金融商品問題 ×

\カンタン3社比較/

この記事を書いた人

bengoshi-h
bengoshi-h
弁護士保険ステーションは弁護士保険会社3社を徹底比較するサイトです。

トラブルが起きた時でも対応できるようトラブルの対処法や、もしもの時に弁護士保険が役立つことを記事でお伝えできたらと思います。

Twitterでトラブル対処法記事の発信中!

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル

引受保険会社


ページトップ