器物破損をされた場合示談にするべき? | 弁護士保険ステーション

器物破損をされた場合示談にするべき?

▲関連記事をチェック

器物破損

自分の持ち物を壊された場合に成立する器物破損ですが、交通事故の場合は、車が対象になります。
しかし、示談にするべきか迷ってしまいますよね。この記事では、交通事故で器物破損された場合の対処法をご紹介します。

器物破損罪とは?

そもそもどのような状態になった時に器物破損になってしまうのでしょうか。
器物破損は、他の人の物(犬や猫といったペットも含む)を傷つけたり壊してしまった時、見た目や清潔感を失わせる行為(落書きや、商品につばをつけるなど)が器物損害罪になります。

器物損害罪の重さは故意(わざとやった)のか過失(結果的に傷つけたり、壊してしまった)どちらになるのかで変わってきます。当然ですが、故意にやったほうが罪が重くなります。

交通事故での器物損害はどんなものがある?

交通事故で器物損害になるのは、車や自転車が傷ついたり、壊れてしまった時に器物損害が成立します。
※法律では、具体的な傷の範囲は決められていません

交通事故で器物破損をされた場合は示談にするべき?

―そもそも示談とは?-
本題に入る前に示談とは何かを解説していきます。
示談とは、いわゆる話し合いです。加害者と被害者がお互いの希望額を提案して決めていく方法です。
※お互いが納得すれば、その金額が示談金となります。

―交通事故で器物破損をされた場合は示談にするべきなのか?ー
交通事故が起きると、多かれ、少なかれどこかを破損してしまうものです。
交通事故の場合は、車や自転車といった比較的高額な物ですので、少しの傷でも示談にしましょう。

○示談までの流れ
①警察を呼ぶ
事故を起こされたらすぐに警察を呼びましょう。
☆この時には、破損した箇所を説明しておくと示談がスムーズになります。
②示談開始
示談を始めるタイミングは、自分で決めることができます。
一般的には、怪我をしている場合は治療が終わってから始めます。
☆この時に、病院からもらえる診療情報をもとに金額を提案することで相手も受け入れやすくなります。
③金額の決定
金額が決定したら、誓約書を作っておきましょう。
誓約書には、①誓約日②金額③振込予定日を記載しておきましょう。

☆示談する時は、あらかじめ、車検に車を持っていっておいて見積もりを出してもらいましょう。
また、交通事故の場合は、金額が大きくなりますので、相手の負担にならないように振込予定日は余裕を持って設定しておきましょう。
このような流れで示談が成立します。

まとめ

交通事故は金額が大きくなるので示談すべきですが、自分の要望だけでなく相手の状況も考慮して示談を進めていきましょう。

「もしもの高額な支払いに備える」弁護士保険とは?

弁護士保険とは、弁護士に相談・依頼をする際の費用を補償してくれる保険です。

保険料の相場は月額3,000円程度となっており、着手金の相場額が30万円ということを考えると9年以内に弁護士に依頼を行えば元が取れるという計算になります。

自分で抱えきれない悩みがあった時に、弁護士保険に加入していれば弁護士に気軽に相談・依頼ができるので、トラブルの早期解決に繋げられます。

「弁護士保険ステーション」では弁護士保険取扱3社の「料金」「補償」「付帯サービス」などを分かりやすく比較できます。


会社によっては、弁護士保険に加入していることを表す「リーガールカード」や「ステッカー」の配布があり、トラブル抑止効果が期待できます。
そのほか、「弁護士紹介サービス」や「相談ダイヤルの設置」など、便利な付帯サービスが用意されています。

日常生活や職場などでトラブルがあった際に、確実に解決するには弁護士は頼りになる存在ですが、高い報酬がネックとなり簡単には依頼できないことも。
そんな弁護士費用に不安がある方は、弁護士保険への加入がおすすめです。

弁護士保険3社比較
法律相談料 偶発事故 一般事件 通算上限金額
100%※1
2.2万円/事案まで
100%※1
300万円/事案まで
70%※2
100万円/事案まで
1,000万円
→弁護士保険ミカタの詳細はこちら
法律相談料 偶発事故 一般事件 通算上限金額
100%※1
2.2万円/事案まで
70%※2
200万円/事案まで
70%※2
200万円/事案まで
1,000万円
→弁護士保険コモンの詳細はこちら
  弁護士費用保険ミカタ 弁護士保険コモン 男を守る弁護士保険女を守る弁護士保険
×
×
×
×
×
×
×
×
×

\カンタン3社比較/

ミカタ

この記事を書いた人

福谷陽子
福谷陽子元弁護士
京都大学法学部卒。
在学中に司法試験に合格したが、その後すぐには司法修習に行かず、1年遅らせてそれまで行きたかった世界中のいろいろな国に出掛ける。その後司法修習に行き修習を終え、弁護士登録2004年に弁護士登録。弁護士として勤務し3年経たない間に独立。2007年陽花法律事務所を設立して女性の視点から丁寧で柔軟なきめ細かい対応を得意とする。離婚や債務整理、交通事故や各種の損害賠償請求、遺産相続、中小企業の契約や事業承継など、数々の事件を取り扱う。刑事事件にも積極的に取り組み、一部無罪を獲得したことも。2013年、体調の関係で事務所を一旦閉鎖。現在は10年間の弁護士の経験を活かしウェブでのライターとして活動。

詳細

Twitterでトラブル対処法記事の発信中!

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル
ミカタ

引受保険会社


ページトップ