弁護士費用保険ミカタ |  弁護士保険比較

弁護士保険ステーション

弁護士費用保険ミカタ

弁護士費用保険ミカタ保険料

弁護士費用保険ミカタ スタンダードプラン 2,980円/月

特徴大見出し

補償範囲

偶発的事故

一般事故

※暗くなっている項目は補償対象外となります。

補償について

対象 補償割合
偶発事故 100%
一般事故 (着手金 – 5万円) x 70%
一般事件免責金額ゼロ特約を付加した場合は免責金額は差し引かれません。
一般免責金額ゼロ特約 630/月
着手金

特定の事案を処理(訴訟など)を引き受ける際に発生する弁護士費用。弁護士の稼働時間に関わらずクライアントが期待できる経済的利益で算出し、敗訴した場合も支払います。

報酬金

事案処理が終了した結果に応じて決まる弁護士費用。結果が利益をもたらす場合のみ支払われます。

補償対象となる被保険者の立場

被保険者に範囲制限はありません。

保険金支払上限

法律相談料 2.2万円/1事案
10万円/年
偶発事故 300万円/1事案
一般事件 100万円/1事案
通算上限金額 1,000万円/1事案

不担保期間

偶発事故 なし
労働 3ヶ月
賃貸借 3ヶ月
離婚 1年
相続 1年
親族 1年
その他一般事件 3ヶ月(リスク取引1年)
待機期間

一般事件ついて、責任開始日から一定期間、保険金をお支払いしない期間をいいます。この保険の待機期間は3ヶ月です。なお、特定偶発事故には待機期間の適用はありません

不担保期間

特定のトラブル(*)について責任開始日から一定期間、保険金をお支払いしない取扱いをいいます。この保険の特定原因不担保期間は1年間です。
*リスク取引、相続、離婚、親族関係に係る事件

支払い対象外になる法的トラブル

〇:保険金支払対象 ×:保険金支払対象外
法的トラブルの内容 法律相談料保険金 弁護士費用等保険金
相手方に請求する額または相手方から請求される額が5万円未満のもの × ×
共有物の分割、境界の確定または筆界の特定に係るもの
自己破産および債務整理事件 ×
行政不服申し立て、行政訴訟 ×
税務不服申し立て、税務訴訟
金銭消費賃借契約に係る事件、およびその民事執行手続
出資
事業資金の出資 ×
有価証券投資に係る事件
刑事事件、少年事件、医療観察事件 ×

免責事由

〇:保険金支払対象 ×:保険金支払対象外
法的トラブルの内容 法律相談料保険金 弁護士費用等保険金
次の事由に起因・付随・随伴して生じた原因事故
戦争その他の変乱、暴風雨・豪雪・地震・津波・その他の異常な自然現象・核物質の作用、大気汚染・地盤沈下・液状化など、発がん性物質の作用
× ×
保険契約者または被保険者の故意または重大な過失による次の加害行為
殺人・暴行・その他の他人の生命を害する行為、住居侵入・脅迫・強制わいせつ・強要・その他の他人の自由を害する行為、窃盗・詐欺・器物破損・その他の他人の財産を害する行為、秘密漏示・名誉棄損・業務妨害の行為
× ×
刑事事件として起訴された行為
(当該行為に係る民事上の請求も免責です)
× ×
麻薬・大麻・あへん・覚せい剤・シンナー等を摂取した状態で行った行為 × ×
アルコール等の影響で正常な判断・行動に支障がある状態で行った行為 × ×
保険契約の趣旨に鑑みて濫用性が高いと当社が判断する行為 × ×
次に掲げる者を相手方として弁護士等委任契約を行う場合
保険契約者、引受保険会社、保険金を支払わない相手方として保険証券に記載された者
× ×
被保険者が原因事故の解決を委任した弁護士等との間で紛争になった場合 × ×

偶発事故、一般事件とは...

特定偶発事故‥‥‥急激かつ偶然な外来の事故による身体の障害または財物の損壊に係るトラブルのこと
一般事件‥‥‥特定偶発事故に該当しない法的トラブル
  • 偶発事故
  • 一般事故
補償範囲

※暗くなっている項目は補償対象外となります。

補償内容
  保険金の種類 待機期間 支払対象 縮小てん補割合 免責金額 支払限度
特定偶発事故 法律相談料保険金 なし 法律相談料 100% なし 2.2万円
弁護士費用等保険金 なし 着手金・手数料・報酬金・日当 100% なし 300円
補償範囲

※暗くなっている項目は補償対象外となります。

補償内容
  保険金の種類 待機期間 支払対象 縮小てん補割合 免責金額 支払限度
一般事件 法律相談料保険金 3ヶ月 法律相談料 100% なし 2.2万円
弁護士費用等保険金 3ヶ月 着手金・手数料 70% 5万円※ 100万円

※一般事件免責金額ゼロ特約を付加した場合、5万円は差し引かれません。
※手数料については免責金額は差し引かれません。

付帯サービスについて

弁護士紹介サービス

弁護士費用保険ミカタの保険金支払い対象となるお客様が弁護士紹介をご希望される場合に、日本弁護士連合会を通じて、各地域の弁護士を無料でご紹介するサービスです。

弁護士相談サービス

初期相談担当弁護士から1回15分を限度に、事案が法律問題化どうかの判断、一般的な法制度上のアドバイスが受けられます。日本弁護士連合会と協定を締結して、当サービスを提供しております。電話1本で弁護士に繋がり、ちょっとした疑問でもすぐに弁護士の話を聞けるので、トラブルの早い解決、トラブル回避に役立ちます。通話料金はお客様負担となります。

悩み事相談マニュアル

各種専門家による24時間何でも悩み事相談ダイヤルは、無料でいつでも何度でも利用できます。*すべての資格者が常駐しているわけではございませんが、ご希望の資格者とお話ししたい場合にはお電話口にて、その旨、お伝えください。ケースによっては折り返しのご連絡となりますので、予めご了承ください。

リーガルカードとステッカーで予防効果

生活安心のための弁護士費用保険ミカタにご加入いただいた方へは、被保険者証(リーガルカード)とステッカーを保険証券とご一緒人お送りしております。これらにより、弁護士費用保険ミカタに加入していることが相手に伝わることで、悪質業者の来訪を防いだり、トラブルを回避できる可能性が高まります。

流れ

申込までの流れ

1.申込み画面へアクセス

申込みボタンから申込フォームへお進みください。

2.必須事項の入力

申込フォームに必須事項を入力してください。また、普通保険約款や重要事項説明書等を十分にお読みください。

3.お申込み完了

お申込み完了後、申込書控えをダウンロードできます。また、登録されたメールアドレス宛てにお申込み完了メールが送信されます。

4.第1回保険料のお支払い

クレジットカード払いの場合、お申込みいただいた月の末日に、ご登録されたクレジットカードへ第1回保険料をご請求させていただきます。口座振替の場合、お申込みいただいた月の翌月27日に、ご登録された口座から第1回保険料をお引き落としさせていただきます。

5.保険証券のご郵送

お申込み完了とご入金が確認できた月の翌月1日が責任開始日です。責任開始日から2~3週間後、保険証券をご郵送いたします。

補償時の流れ

説明

会社情報

運営会社名 プリベント少額短期保険株式会社
Prevent SAST Insurance Co.Ltd.
サービス名 弁護士保険ミカタ
本社所在地 〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町3-3-13 ユニゾ人形町フォレストビル6F
設立 平成23年4月1日
資本金 17億8610万円
(資本準備金3億5805万円含む)
代表取締役 花岡裕之
サポート 保険ご利用ダイヤル:0120-783-308
総合カスタマーセンター:0120-741-066

[プリベント少額短期保険株式会社]PV2018営推00903


ページトップ