歩きスマホで事故になってしまった場合は罰金などの罪になる? | 弁護士保険ステーション

歩きスマホで事故になってしまった場合は罰金などの罪になる?

▲関連記事をチェック

今は、ほとんどの人がスマホを持っていますよね。特に、位置情報を使ったゲームが流行しているので、歩きスマホをしているという人も多いのではないでしょうか?
実は、歩きスマホでも加害者になってしまうことがあります。どんな時に加害者になってしまう可能性があるのか詳しく解説していきます。

ながらスマホで加害者になってしまうと罰金・懲役になる

スマホをいじる

ながらスマホをしたことが原因で加害者になってしまうと、
「交通ルールをきちんと理解されていない。」と見なされて、通常よりも重い罪に問われてしまいます。具体的には、事故の種類によって変わってきますので紹介していきます。
① 怪我をさせる
怪我をさせてしまうと、
刑法209条の過失傷害罪に問われます。この罪が成立すると
50万円以下の罰金または5年以下の懲役になります。
② 相手を意識不明の重大な状態にさせる
相手を意識不明や脳死といった重大な状態にしてしてしまった場合は、
刑法210条の「過失致死罪」に問われ、同じく
50万円以下の罰金または5年以下の懲役になります。
③ 相手を死亡させる
相手を死亡させてしまうと、
刑法211条の重過失致死傷罪に問われ、こちらも
50万以下の罰金もしくは5年以下の懲役になります。
どの罪も非常に重い罰が与えられます。

子どもが事故を起こしてしまったら親が責任を取らなくてはいけない

歩きスマホの場合は、
子ども(未成年者)が加害者になってしまうケースも少なくありません。
その場合、保護者である親が責任を取って代わりに罰を受けなければいけません。
ですので、
自転車を買った時や免許を取得した段階で、交通ルールをしっかり教え込んでおきましょう。

賠償請求をされる可能性はあるのか?

歩きスマホで加害者になっても被害者が賠償金を求めた場合、提示された金額を支払わなければいけません。
金額は、事故の内容によって変わってきます。
○怪我をさせた場合
怪我の程度により金額が変わってきますが、複雑骨折など、治るまでに時間がかかってしまう怪我をさせてしまった場合は。
最大で5000万円程度の金額を請求されることもあります。
○重大な怪我をさせてしまった場合
意識不明といった状態にしてしまった場合は、
最大で10000万円程度の賠償金を請求される可能性があります。
○死亡させてしまった場合
死亡させてしまった場合は、
本来その人が稼ぐはずだった給料分に加えて、遺族の精神的苦痛なども含まれますので、1000万円以上の金額を支払わらなけなければいけません。

解説してきたようにどのような内容であっても高額な賠償金を支払わなければいけません。

まとめ

歩きスマホで加害者になってしまうと、一生かかっても払いきれない賠償金を請求されてしまいます。
一瞬で人生を台無しにしないためにも歩きスマホはしないようにしましょう。

「もしもの高額な支払いに備える」弁護士保険とは?

弁護士保険とは、弁護士に相談・依頼をする際の費用を補償してくれる保険です。

保険料の相場は月額3,000円程度となっており、着手金の相場額が30万円ということを考えると9年以内に弁護士に依頼を行えば元が取れるという計算になります。

自分で抱えきれない悩みがあった時に、弁護士保険に加入していれば弁護士に気軽に相談・依頼ができるので、トラブルの早期解決に繋げられます。

「弁護士保険ステーション」では弁護士保険取扱3社の「料金」「補償」「付帯サービス」などを分かりやすく比較できます。


会社によっては、弁護士保険に加入していることを表す「リーガールカード」や「ステッカー」の配布があり、トラブル抑止効果が期待できます。
そのほか、「弁護士紹介サービス」や「相談ダイヤルの設置」など、便利な付帯サービスが用意されています。

日常生活や職場などでトラブルがあった際に、確実に解決するには弁護士は頼りになる存在ですが、高い報酬がネックとなり簡単には依頼できないことも。
そんな弁護士費用に不安がある方は、弁護士保険への加入がおすすめです。

弁護士保険4社比較
法律相談料 偶発事故※3 一般事件※4 通算上限金額
100%※1
2.2万円/事案まで
100%※1
300万円/事案まで
70%※2
100万円/事案まで
1,000万円
  • ※1 実費相当額
  • ※2 着手金:(基準-5万)×70%
  • 単独型 弁護士保険 6年連続(2014~2019) 保有件数No1
  • 家族特約でご家族の保険料は半額
  • 弁護士費用の補償・トラブルの予防サポートサービス付保険
→弁護士保険ミカタの詳細はこちら
弁護士保険ステーション限定!キャンペーン
法律相談料 偶発事故※3 一般事件※4 通算上限金額
100%※1
2.2万円/事案まで
100%※2
100万円/事案まで
100%※2
100万円/事案まで
1,200万円
  • ※1 実費
  • ※2 着手金:(基準-5万)×100%
  • ライト+ レギュラー+ ステータス+の3プランから選べる!
  • 初期相談が無料の弁護士直通ダイヤルなど8つの付帯サービス
  • 一般事件の補償が充実!
→弁護士保険コモン+の詳細はこちら
法律相談料 偶発事故※3 一般事件※4 通算上限金額
実費
10万円を限度
実費
300万円を限度
補償対象外 -
  • 保険開始から使用可能な痴漢冤罪/被害ヘルプコール付き
  • 加害者になった時の対人/対物賠償保険付き
  • 気軽に加入できるリーズナブルな保険料
→男を守る弁護士保険・女を守る弁護士保険の詳細はこちら
法律相談料 偶発事故※4 一般事件※5 通算上限金額
なし
※1
70%
※2
70%
※2
1,000万円
  • ※1 初回法律相談60分無料の弁護士を紹介
  • ※2 着手金および報酬金の次の①②のいずれか少ない金額
     ①被保険者が弁護士に支払う金額
     ②基準法務費用×基本てん補割合(原則70%)
  • 追加保険料0円で家族も補償
  • 着手金報酬金の両方を補償
  • 免責金額の設定なし
→弁護士費用保険メルシーの詳細はこちら
  弁護士費用保険ミカタ 弁護士保険コモン+ 男を守る弁護士保険女を守る弁護士保険 弁護士費用保険メルシー
自動車事故被害者
自動車事故加害者 ×
突発的な事故(人身事故)
突発的な事故(物損事故)
自転車事故
上階からの水漏れ
欠陥住宅 ×
近隣問題 ×
遺産相続 ×
離婚問題 ×
リストラ ×
いじめ ×
医療過過 ×
金融商品問題 ×

\カンタン4社比較/

この記事を書いた人

福谷陽子
福谷陽子元弁護士
京都大学法学部卒。
在学中に司法試験に合格、法律事務所を設立して約10年間弁護士業務に携わる。
その後法律ライターへ転身、法律知識と経験を活かしながら、各種法律メディアや法律事務所サイトで精力的に記事を執筆、監修。
webコンサル業も行っている。

詳細

Twitterでトラブル対処法記事の発信中!

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル
弁護士保険ステーション限定!

引受保険会社


ページトップ