職場で盗難があった場合、どのように対処したらいいの? | | 弁護士保険ステーション

職場で盗難があった場合、どのように対処したらいいの?

今回は職場で盗難があった場合にどのように対処をするべきなのかということについて紹介をさせていただきます。
皆さんの貴重品が盗難にあう可能性というのは少なからずありますので、そういった場合の責任や対処について紹介させていただきますので是非最後までご覧ください。

職場の盗難にあうリスクについて

職場の盗難にあうリスクについて紹介をさせていただきますが、職場のロッカーなどに携帯や財布を置いていることで盗難にあう可能性というのがあります。
実際に盗難にあっているケースというのも多くあります。そういった場合の責任というのはどうなるのかを紹介させていただきます。

盗難にあった場合の責任について

盗難にあった場合の責任について紹介をさせていただきますが、結果からいってしまうと「自己責任」になる可能性が高いです。
犯人が見つかれば「責任」というのは犯人にあります。ですが、そういった問題の殆どが「自己責任」となっていることが多いというのを覚えておいてください。

また会社に責任がある場合というのは「保管場所」として指定をしている場所に預けたのにも関わらず盗難にあった場合は会社に責任があります。

盗難にあった場合の対処について

盗難にあった場合の対処について紹介をさせていただきますが、まずは「会社」に連絡をすることが大切になります。盗難にあった事実というのを伝える事で、警備が強化されたり、防犯カメラの設置がされたりすることもありますので、会社に連絡をしてください。

また会社に連絡をした段階で、会社側に「警察」に被害届を出す意思を伝えてください。
その方が後々トラブルを起こしにくいので、何も言わないより一言言ってからの方が良いです。

警察に被害届を出して「犯人」をいち早く見つけてもらえるようにすることが適切な対処としてあります。

なので皆さんも上司や同僚を疑うのではなく、外部の犯行の可能性もありますので十分に注意をしてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は職場で盗難があった場合の対処について紹介をさせていただきました。
大切なのは問題が起きてから時間が経って伝えるのではなく、その場で会社に伝えることが大切になります。

また早い段階で警察に被害届を出すことで犯人を見つけられる可能性というのも高くなりますのでそういった意味でも是非今回紹介をさせていただいたことを参考にしてみてください。

トラブルで困っている方へのおすすめの保険
「弁護士保険」を知っていますか??

日常生活で離婚や、相続、職場トラブル、ご近所トラブルなどの法的トラブルに遭ってしまった場合に、解決のために弁護士に依頼するのは費用がかかりそう、どの弁護士に頼めば良いのかわからないなど、敷居が高いと感じている方もいるのではないでしょうか。 弁護士保険とは、法的トラブルの解決のため、弁護士等へ、依頼・相談をした際に発生する相談料、着手金、報酬金などの費用を補償する保険です。

弁護士保険がどんな保険なのか気になる方はぜひ無料資料請求を!今ならご成約・無料資料請求キャンペーンを実施中なので大変お得です!

関連記事

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル
弁護士保険を徹底比較

引受保険会社


ページトップ