個人で浮気調査を行うやり方 | 弁護士保険ステーション

個人で浮気調査を行うやり方

浮気調査を個人で行う場合の取り組み方、注意すること法律関係等についてまとめました!

スマホやパソコンの閲覧履歴を確認する

ブックマークや閲覧履歴のサイトを確認しましょう。旅行の情報収集や女性へのプレゼントの情報収集などなにか発見できる可能性があります。相手に、確認していることがわかられないように行動してください。

スマホやパソコンのメールや通信履歴を確認する

スマホやパソコンの連絡の履歴を確認することはとても有効です。メール、電話、SNSのメッセージなど確認すべきポイントが多いです。浮気相手の名前を異性に設定している場合もありますので一つ一つ確認してください。
相手がお風呂に入っているときや寝ているときを見計らってチャックしてください。
この方法は相手にばれてしまうと、不正アクセス禁止法やプライバシーの侵害で訴えられる可能性もあるので注意が必要です。
相手がスマホを肌身離さず持っていたり、頻繁に誰かと連絡を取っている様子がみられる場合は観察することも有効です。

車内に女性用のものがないか確認する

車内から浮気の証拠が発見できる可能性があります。車の収納スペースやごみ箱をチェックしてください。
ラブホテルに行ったと思われる証拠や避妊具のストックなどが発見できるかもしれません。
ナビの履歴も確認してください。家族で行っていない場所を確認できると、浮気の可能性が少し出てきます。

クレジットカードの利用明細を確認する

クレジットカードの明細を確認することで受けたサービスや購入した商品を知ることができます。
普段行かない場所や、女性用の商品を購入していて自分がもらっていないものは浮気相手へプレゼントした可能性があり、浮気をしている可能性が高くなります。

財布など持ち物をチェックする

財布や持ち物は行動を共にしているものなので浮気の証拠が発見される確率は高いです。財布の中のレシートは確認して下さい。
もしホテルのレシートなどがありましたら、証拠としてカメラに保存してください。証拠のひとつとなり重要なものになります。

相手の尾行をする

働いていて自由に使える時間が少ない方には難しいかもしれませんが、尾行はとても有効な方法のひとつです。
浮気相手に会っている様子や、自宅やホテルに一緒に入っていく様子がみられましたら、カメラに証拠を保存しましょう。
非常に重要な証拠となり、裁判になった際でも使えます。
尾行時には、相手にばれないような服装にしたり動きやすい靴を履いたりして行動してください。

個人での浮気調査は難しい一面も

探偵などが浮気調査をすることに比べると、個人での調査は失敗する可能性が高いです。
相手にばれた時のことを考えると、調査のプロに依頼した方がメリットが大きいです。
浮気調査を個人でしていることがばれると、夫婦関係に亀裂が生じる可能性が大きいです。

この記事を書いた人

bengoshi-h
bengoshi-h
弁護士保険ステーションは弁護士保険会社3社を徹底比較するサイトです。

トラブルが起きた時でも対応できるようトラブルの対処法や、もしもの時に弁護士保険が役立つことを記事でお伝えできたらと思います。
関連記事

Twitterでトラブル対処法記事の発信中!

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル
弁護士保険を徹底比較

引受保険会社


ページトップ

ページトップ