【アンケート調査】子供に関するトラブルへの不安について300人に調査! | 【2024年】弁護士保険を比較 人気ランキングから保険料、補償比較|弁護士保険ステーション トラブル別でおすすめの弁護士保険をご紹介

弁護士ステーション 弁護士保険の費用・評判・おすすめを一括比較

取扱弁護士保険会社4社

ミカタ少額短期保険
エール少額短期保険
ジャパン少額短期保険
アシロ少額短期保険

【アンケート調査】子供に関するトラブルへの不安について300人に調査!

▲関連記事をチェック

【アンケート調査】子供に関するトラブルへの不安について300人に調査!

この記事を書いた人

bengoshi-h
bengoshi-h
弁護士保険ステーションは弁護士保険会社4社を徹底比較するサイトです。

トラブルが起きた時でも対応できるようトラブルの対処法や、もしもの時に弁護士保険が役立つことを記事でお伝えできたらと思います。

わんぱく盛りな子供を持つ親にとって、我が子がトラブルに巻き込まれたり、他人を傷つけてしまったりすることは日常生活の大きな悩みではないでしょうか。

子供は時として予想しないトラブルを起こしてしまうことがあります。そのようなときに対象となる保険に加入していれば、万が一のトラブルに備えられて安心です。

この記事では、小中高生の子供を持つ親300人を対象に行ったアンケート調査をもとに、子供に関するトラブルへの不安と対処法を紹介します。子育て中の方はぜひ参考にしてください。

記事の要約

  • 子どもに関連するトラブルに6割の親が不安感を抱く。
  • 最も不安視されるトラブルはいじめ、交通事故、SNSトラブル。
  • 実際に子ども関連のトラブルを経験した親は約4割。
  • 弁護士保険に加入している親は15%で、加入すると不安が軽減すると考える親が多い。

6割の親が子供に関するトラブルに不安感


アンケート「子供に関するトラブルを不安に感じたことはありますか?」
「子供に関するトラブルを不安に感じたことはありますか?」という質問に対して「少しある」と回答した人が39.67%と最も多く、次いで「ある(24.33%)」「あまりない(23.33%)」「ない(12.67%)」と続いており、半数以上が不安に感じたことがあるという結果でした。

では、具体的にどのようなトラブルに不安を感じているのでしょうか。

親が不安に思う子供のトラブルに「いじめ」「交通事故」「SNSトラブル」


アンケート「子供に関するトラブルでどのようなことが不安ですか?」
親が不安に思う子供のトラブルを具体的に聞いてみたところ「いじめ」という回答が61.98%と最も多く、「SNSトラブル(45.31%)」「交通事故(51.04%)」「他人に怪我をさせてしまう(38.54%)」「他人のものを壊してしまう(27.6%)」「その他(5.73%)」と続きました。

回答の上位3つの原因や事情を深掘りし、実際にどのようなトラブルが考えられるのか、いくつかの事例を交えて紹介します。

1位「いじめ」


子供に関するトラブルへの不安で最も意見が多かったのは「いじめ」です。

文部科学省が公表する「令和4年度 児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査結果」によると、小・中・高等学校および特別支援学校で認知されたいじめの件数は681,948件に上ります。

件数を学年別にみると、小学2年生が最も多く、小学3年生、小学1年生と続き、学年が上がるにつれて減少します。近年、いじめの低年齢化が進んでおり注意が必要です。

いじめは叩いたり蹴ったりして身体的に苦痛を与える行為だけでなく、悪口を言ったり、無視をしたり、しつこく冷やかしたりして精神的に苦痛を与えることもいじめです。

いつ、我が子がいじめの被害者・加害者になるかわかりません。いじめがないに越したことはありませんが、万が一のときに備えて弁護士保険には加入していたほうが安心と考えられます。

2位「交通事故」


親が不安に思う子供のトラブルで2番目に多かったのが「交通事故」です。

厚生労働省が令和4年度に公表した「人口動態調査」によると、0歳〜14歳までの不慮の事故による死因順位は、平成29年から令和3年の5年間では「交通事故」が2歳以上ですべて1位となっています。

小学生になると、登下校や外遊びの機会が増え、交通事故発生リスクは高まります。子供の交通事故は自宅周辺で起こる頻度が高いこともあるため、交通ルールを教えたり、通学路の危険な場所を事前に確認したりする必要があるでしょう。

常に視界のどこかで子供を確認できれば防げるかもしれませんが、一瞬たりとも目を離さないというのは現実的ではありません。交通事故被害に遭って「どうしていいかわからない」となる前に、保険に加入して備えておくと安心です。

3位「SNSトラブル」


近年では、保護者との連絡手段や友達とのコミュニケーションをとるために、多くの子供たちがスマートフォンを持つようになりました。

総務省が発表したデータ「令和4年通信利用動向調査の結果」によれば、専用のスマートフォンを持っている割合は、6〜12歳が42.6%、13〜19歳が83.5%に上っています。そのうちSNSを利用しているのは、6〜12歳で41.8%、13〜19歳が92.0%となっており、過去調査と比べても増加傾向です。

一方で、SNSを通じてトラブルや犯罪に巻き込まれる子供たちが後を絶ちません。例えば、一人の子をSNSのグループから仲間はずれにしたり悪口を書き込んだりするうちに、内容がエスカレートして学校でのいじめに発展するというケースがあります。

また気づかないうちにゲームへの高額課金を行ってしまったり、SNSに投稿した写真から個人情報が特定されてストーカー行為の被害に遭うケースも少なくありません。「高額バイト」「即日即金」などの文言に惹かれて、SNSで闇バイトなどの重大な犯罪に加担してしまう事例も増えています。

インターネットの危険から子供を守るためには、スマートフォンの使い方についてルールを決めることはもちろん、信頼できる人・窓口へ相談することが重要です。

4割の親が子供に関するトラブルを経験


アンケート「実際に子供に関するトラブルを経験したことがありますか?」
「実際に子供に関するトラブルを経験したことがありますか?」という質問において、41.67%の人が「ある」と回答していました。10人に4人は子供のトラブルを経験しているということになります。

子供のトラブル対策として低い弁護士保険の加入率


アンケート「弁護士保険に加入していますか?」
子供に関するトラブルを不安に思う人が半数以上だったのに対し、弁護士保険に加入している割合はわずか15%という結果でした。加入率が低い原因としては「身近に相談できる弁護士がいないから」「敷居が高そうだから」などの理由が考えられます。

5割の親が弁護士保険加入で不安軽減


アンケート「弁護士保険に加入していたら子供に関するトラブルの不安は和らぐと思いますか?」
「弁護士保険に加入していたら子供に関するトラブルの不安は和らぐと思いますか?」という質問に対しては、50%以上の人が「和らぐと思う〜少しは和らぐと思う」と回答していました。この結果から、弁護士保険への魅力を感じている人が多いことが伺えます。

弁護士保険のメリット


子供のトラブルに備えて弁護士保険に加入する主なメリットは、以下の3つです。

  • 子供のいじめの早期解決につながる
  • 交通事故などの突発的なトラブルにも対応
  • 親のトラブルも補償の対象となる

弁護士保険のメリットをひとつずつ紹介します。

子供のいじめの早期解決につながる


弁護士保険に加入していれば、我が子をいじめから守ることができます。

子供がいじめられても、多くの親は「どのように対処すればいいかわからない」という状態になることが少なくありません。子供がいじめによってケガを負った場合、暴行を加えている生徒の保護者と学校の先生に相談したとしても、いじめの事実を認めてもらえずに自力で解決できないこともあるでしょう。

弁護士保険を活用すれば、弁護士からいじめ問題に対する専門的なアドバイスが受けられるだけでなく、弁護士同席のもと加害者の保護者や学校側との話し合いの場を設けることも可能です。弁護士費用のコストをカバーしながら、子供のいじめの早期解決につながります。

交通事故などの突発的なトラブルにも対応


弁護士保険では、交通事故などの偶発的に発生した事故において、弁護士費用の全額が補償されるケースもあります。

交通事故に巻き込まれた場合、相手側との示談交渉をしなくてはならない煩わしさがあります。弁護士保険に加入していれば、交通事故に関する知識が豊富な弁護士に示談交渉を依頼できるため、相手側と直接応対する必要がありません。

交通事故のみに限らず、相手側の子供にケガを負わせてしまったような突発的な事象にも、弁護士が気軽に利用できます。

親のトラブルも補償の対象となる


弁護士保険に加入するメリットのひとつに、子供だけでなく親のトラブルも補償の対象となる点が挙げられます。

子供のトラブルに限らず、保護者にもさまざまな法的リスクがあります。ママ友の間でのSNSいじめや誹謗中傷、騒音や嫌がらせといった近隣トラブルなど、さまざまなトラブルに対応できるのは弁護士保険の強みです。

弁護士保険の選び方


弁護士保険を選ぶ際は、以下の3つのポイントを押さえておきましょう。

  • 補償されるトラブルの範囲
  • 待機期間と不担保期間
  • 付帯サービスの充実

それぞれのポイントについてみていきましょう。

補償されるトラブルの範囲


弁護士保険は、各保険商品によって補償対象となるトラブルの範囲が異なります。補償範囲外のトラブルにおける弁護士費用は補償されませんので、注意が必要です。

子供のいじめや交通事故のトラブルに備えたいなど、受けたい補償内容を明確にし、事前に補償範囲となるトラブルと弁護士費用の確認を行うようにしましょう。

待機期間と不担保期間


弁護士保険を検討するうえで知っておきたいのが、待機期間と不担保期間です。一般的な弁護士保険には待機期間と不担保期間が設けられており、所定の期間内に発生したトラブルについては補償対象外となります。

基本的には、加入時点で発生しているトラブルには保険が適応されませんし、「近々トラブルが発生することがわかっているから弁護士保険に加入する」といった使い方もできませんので注意しましょう。

付帯サービスの充実


弁護士保険を選ぶ際は、付帯サービスが充実しているかにも注目しましょう。付帯サービスは、メインの補償とは別に用意されている以下のようなサービスで、弁護士保険に加入するともれなく自動的についてきます。

  • 弁護士直通ダイヤル
  • 弁護士紹介サービス
  • 弁護士保険に加入している証となるカードやステッカーの配布

弁護士に無料で相談できる弁護士直通ダイヤルなど、保険商品によって便利なサポートが数多く用意されていますので、付帯サービスにも着目することをおすすめします。

「もしもの高額な支払いに備える」弁護士保険とは?

弁護士保険とは、弁護士に相談・依頼をする際の費用を補償してくれる保険です。

保険料の相場は月額3,000円程度となっており、着手金の相場額が30万円ということを考えると9年以内に弁護士に依頼を行えば元が取れるという計算になります。

自分で抱えきれない悩みがあった時に、弁護士保険に加入していれば弁護士に気軽に相談・依頼ができるので、トラブルの早期解決に繋げられます。

「弁護士保険ステーション」では弁護士保険取扱3社の「料金」「補償」「付帯サービス」などを分かりやすく比較できます。


会社によっては、弁護士保険に加入していることを表す「リーガールカード」や「ステッカー」の配布があり、トラブル抑止効果が期待できます。
そのほか、「弁護士紹介サービス」や「相談ダイヤルの設置」など、便利な付帯サービスが用意されています。

日常生活や職場などでトラブルがあった際に、確実に解決するには弁護士は頼りになる存在ですが、高い報酬がネックとなり簡単には依頼できないことも。
そんな弁護士費用に不安がある方は、弁護士保険への加入がおすすめです。

弁護士保険4社比較
法律相談料 偶発事故※3 一般事件※4 通算上限金額
100%※1
2.2万円/事案まで
100%※1
300万円/事案まで
80%
200万円/事案まで
1,000万円
  • ※1 実費相当額
  • 単独型 弁護士保険 9年連続(2013~2021) 保有件数No1
  • 家族特約でご家族の保険料は半額
  • 弁護士費用の補償・トラブルの予防サポートサービス付保険
→弁護士保険ミカタの詳細はこちら
弁護士保険ステーション限定!キャンペーン
法律相談料 偶発事故※4 一般事件※5 通算上限金額
なし
※1
70%
※2
70%
※2
1,000万円
  • ※1 初回法律相談60分無料の弁護士を紹介
  • ※2 着手金および報酬金の次の①②のいずれか少ない金額
     ①被保険者が弁護士に支払う金額
     ②(基準-5万)×基本てん補割合(原則70%)
  • 追加保険料0円で家族も補償
  • 提携弁護士による初回60分無料法律相談が可能
  • デビットカードでの支払も対応
→ベンナビ弁護士保険の詳細はこちら
法律相談料 偶発事故※3 一般事件※4 通算上限金額
100%※1
2.2万円/事案まで
100%※2
100万円/事案まで
100%※2
100万円/事案まで
1,200万円
  • ※1 実費
  • ※2 着手金:(基準-5万)×100%
  • ライト+ レギュラー+ ステータス+の3プランから選べる!
  • 初期相談が無料の弁護士直通ダイヤルなど8つの付帯サービス
  • 一般事件の補償が充実!
→弁護士保険コモン+の詳細はこちら
法律相談料 偶発事故※3 一般事件※4 通算上限金額
実費
10万円を限度
実費
300万円を限度
補償対象外 -
  • 保険開始から使用可能な痴漢冤罪/被害ヘルプコール付き
  • 加害者になった時の対人/対物賠償保険付き
  • 気軽に加入できるリーズナブルな保険料
→男を守る弁護士保険・女を守る弁護士保険の詳細はこちら
  弁護士費用保険ミカタ 弁護士保険コモン+ 男を守る弁護士保険女を守る弁護士保険 ベンナビ弁護士保険
自動車事故被害者
自動車事故加害者 ×
突発的な事故(人身事故)
突発的な事故(物損事故)
自転車事故
上階からの水漏れ
欠陥住宅 ×
近隣問題 ×
遺産相続 ×
離婚問題 ×
リストラ ×
いじめ ×
医療過過 ×
金融商品問題 ×

\カンタン4社比較/

Twitterでトラブル対処法記事の発信中!

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル

引受保険会社


ページトップ