自転車同士で衝突事故になってしまった場合にうまく対処する方法は? | 弁護士保険ステーション

自転車同士で衝突事故になってしまった場合にうまく対処する方法は?

▲関連記事をチェック

自転車同士の交通事故は、自動車事故よりも衝撃が大きいです。特に急ブレーキをかけずにぶつかってしまった場合は、お互い大けがをしてしまう可能性があります。
衝突事故になってしまった場合の対処法をこの記事で紹介していきます。

自転車事故の事例

① スマートフォンを操作しながら自転車に乗ったことが原因の事故
最近、増えてきているのがこの衝突事故です。
このケースでは,小学生や中学生が加害者になってしまうことが多いです。
被害者になってしまうと年齢に関係なく50万円以下の罰金を払わなければいけません。
ですので、学生が加害者になってしまった場合、保護者が責任を取らなければいけません。
② 急ブレーキが間に合わなかった
小さな子供や小学生などが目の前に現れるまで気付くことができずに急ブレーキをかけることができずに衝突事故になってしまうケースがあります。
原因は、互いの死角になっているところから飛び出してきてくることです。
このような事故を起こさないためには、角を曲がるときにはスピードを落として一度、停まってから曲がるように心がけることが大切です。
③ 雪や雨によるスリップ事故
雪や大雨によるスリップ事故が原因の衝突事故も増えています。その背景には、スリップ防止のタイヤを付けていなかったり、雪に慣れていなかったりすることが原因です。
ですので、悪天候の時にはスリップ対策をきちんとしておきましょう。
④ 操作ミスによる事故
自転車初心者に起こりやすいのが操作ミスによる事故です。
具体的には、ペダルの漕ぎ間違えや、ハンドル操作ミスといったことが挙げられます。
このような事故を防ぐためには、自転車に何度も乗って操作に慣れることで未然に防ぐことができます。

自転車ではこのような衝突事故が起きやすいので安全運転を心がけましょう。

自転車同士でぶつかったときの対処法

自転車

① 事故が起きたら警察を呼ぶ
自動車事故のときと同じように事故が起きたら警察を呼んで現場検証と事情聴取をしてもらいましょう。
② 示談交渉
自転車同士の事故の場合は、ぶつかって相手が怪我をしたときはもちろん、ぶつかっていなくても「過失(偶然加害者になってしまう場合)」という扱いになってしまうので注意が必要です。
③ 保険会社より支払い金額の連絡が来る
保険会社より支払い金額の連絡が来るので詳細を確認しましょう。
④ 交渉完了
支払いを終わったら交渉完了です。
このように警察立会いのもとで話し合いを進めていくことでトラブル悪化を防ぐことができます。

まとめ

自転車同士の事故でも、刑事事件となり賠償請求の対象となるので、冷静に誠実に対応しましょう。

「もしもの高額な支払いに備える」弁護士保険とは?

弁護士保険とは、弁護士に相談・依頼をする際の費用を補償してくれる保険です。

保険料の相場は月額3,000円程度となっており、着手金の相場額が30万円ということを考えると9年以内に弁護士に依頼を行えば元が取れるという計算になります。

自分で抱えきれない悩みがあった時に、弁護士保険に加入していれば弁護士に気軽に相談・依頼ができるので、トラブルの早期解決に繋げられます。

「弁護士保険ステーション」では弁護士保険取扱3社の「料金」「補償」「付帯サービス」などを分かりやすく比較できます。


会社によっては、弁護士保険に加入していることを表す「リーガールカード」や「ステッカー」の配布があり、トラブル抑止効果が期待できます。
そのほか、「弁護士紹介サービス」や「相談ダイヤルの設置」など、便利な付帯サービスが用意されています。

日常生活や職場などでトラブルがあった際に、確実に解決するには弁護士は頼りになる存在ですが、高い報酬がネックとなり簡単には依頼できないことも。
そんな弁護士費用に不安がある方は、弁護士保険への加入がおすすめです。

弁護士保険3社比較
法律相談料 偶発事故 一般事件 通算上限金額
100%※1
2.2万円/事案まで
100%※1
300万円/事案まで
70%※2
100万円/事案まで
1,000万円
→弁護士保険ミカタの詳細はこちら
法律相談料 偶発事故 一般事件 通算上限金額
100%※1
2.2万円/事案まで
70%※2
200万円/事案まで
70%※2
200万円/事案まで
1,000万円
→弁護士保険コモンの詳細はこちら
  弁護士費用保険ミカタ 弁護士保険コモン 男を守る弁護士保険女を守る弁護士保険
×
×
×
×
×
×
×
×
×

\カンタン3社比較/

ミカタ

この記事を書いた人

福谷陽子
福谷陽子元弁護士
京都大学法学部卒。
在学中に司法試験に合格したが、その後すぐには司法修習に行かず、1年遅らせてそれまで行きたかった世界中のいろいろな国に出掛ける。その後司法修習に行き修習を終え、弁護士登録2004年に弁護士登録。弁護士として勤務し3年経たない間に独立。2007年陽花法律事務所を設立して女性の視点から丁寧で柔軟なきめ細かい対応を得意とする。離婚や債務整理、交通事故や各種の損害賠償請求、遺産相続、中小企業の契約や事業承継など、数々の事件を取り扱う。刑事事件にも積極的に取り組み、一部無罪を獲得したことも。2013年、体調の関係で事務所を一旦閉鎖。現在は10年間の弁護士の経験を活かしウェブでのライターとして活動。

詳細

Twitterでトラブル対処法記事の発信中!

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル
ミカタ

引受保険会社


ページトップ