YouTuber必読!誹謗中傷トラブルの対処法 | 弁護士保険ステーション

YouTuber必読!誹謗中傷トラブルの対処法

▲関連記事をチェック

近年「一億総発信者社会」と言われるほど個々人の影響力が高まり、掲示板、SNS、ブログメディアなどを使って誰もが社会に対して意見表明をしたり、コンテンツを配信したりすることができるようになりました。
YouTubeにて動画コンテンツを配信する「YouTuber(ユーチューバー)」もその一つ。
今回はYouTuberが合いやすい「誹謗中傷トラブル」について対処法をご紹介します。

YouTuber必読!恐ろしい「誹謗中傷」のリスク

炎上による誹謗中傷


Youtuberの誹謗中傷トラブルで比較的多く知られているのが「炎上」です。動画視聴数を稼ぐために過激な動画や倫理的に不適切な動画を上げてしまい、SNSなどで拡散されて炎上するケースがそのほとんど。
また意図せず視聴者に曲解され、誤った形で広まってしまうケースもあります。

どちらもリスクの大きさに変わりはなく、初期対応を誤ると火に油を注ぐ結果になってしまうことも。

ネット上には本名や学歴、住所といった個人情報を調べ上げる「特定厨」と呼ばれる人たちがおり、彼らの標的にされると例え匿名で投稿していたとしても丸裸にされるリスクがあります。

発信することが容易になったとはいえ、こうしたリスクがあることを念頭に置いておかないと、大変なことになりかねません。

YouTuberのための誹謗中傷を受けた際の対処法

そもそも「誹謗中傷」って何……?


最近では「誹謗中傷」と四字熟語で使用される機会が多いですが、もともとは「誹謗」と「中傷」は別々の言葉です。
「誹謗」=根拠のない悪口で他人を誹り、名誉を汚し、貶めること
「中傷」=根拠のない嫌がらせや悪口などを言うこと。
これらを合わせ出来上がったのが誹謗中傷という言葉。
意味としては根拠のない悪口や嫌がらせで、他人の名誉を汚すことと言えます。

誹謗中傷を受けてしまったら……


YouTuberの誹謗中傷トラブルとして多いのがSNSでの誹謗中傷です。動画コメントが炎上するケースもありますが、拡散力の高いSNSで火が点いて燃え広がっていくケースの方が圧倒的に多いのです。

とはいえ、動画コメントであろうがSNSであろうが誹謗中傷であることは同じ。対処方法としては以下のステップが考えられます。

1,投稿サイト、SNSの規約を確認
2,誹謗中傷と思われる投稿の証拠を保存
3,サイト管理者や管理している企業に削除依頼
4,応じてもらえなければ法的手段へ
(参考サイトURL:https://kyoto.vbest.jp/columns/ol_defamation/g_ol_defamation/1082/)

誹謗中傷の投稿はサイト管理者に報告することで削除することが可能です。
また、誹謗中傷は「名誉毀損罪」「侮辱罪」「脅迫罪」「信用毀損及び業務妨害罪」といった罪にあたるケースもあります
個人で対応が追いつかない場合は、ネット上でのトラブルに詳しい専門家に相談するのも一つの手かもしれません。

誹謗中傷トラブルを避けるために


ネットの誹謗中傷トラブルへの法的対処が整いつつある昨今。対処方法はあるものの、トラブルに巻き込まれないように予防できればそれに越したことはありません。
発信する際は以下のことを常に念頭におきながら行うのが賢明でしょう。

1,不特定多数が見ていることを意識する
ネット上では誰が見ているかわかりません。こちらの意図しないところで投稿内容に傷つく人もいますし、プライベートでお付き合いのある方が見ている可能性もあります。
攻撃的なメッセージや反感を買いやすい投稿は極力避けるようにしましょう。

2,誹謗中傷の相手をしない
自身の正当性を訴えるために反論し、そこから更に炎上が加速するケースもあります。ネットでは相手の顔が見えないからこそコミュニケーションの齟齬が生まれやすく、両者ともヒートアップしてしまいやすい環境です。悪化させないために相手にしない方がいいでしょう。

3,早い段階で専門家に相談する
トラブルが大きくなり、信用問題に関わってくると後の対応が大変になります。ネット上での誹謗中傷トラブルは、真偽に関わらず一度失った信頼を取り戻すのは困難です。火種が小さいうちに専門家に相談し、大事にならないよう対処しましょう。

まとめ

法整備が整っていなかった一昔前とは違い、ネットも今や無法状態ではありません。

予防はもちろんのこと、トラブルに直面した際は自分で抱え込まず、ネット上のトラブルに詳しい専門家に相談し早期解決を図ってみてはいかがでしょうか。

「もしもの高額な支払いに備える」弁護士保険とは?

弁護士保険とは、弁護士に相談・依頼をする際の費用を補償してくれる保険です。

保険料の相場は月額3,000円程度となっており、着手金の相場額が30万円ということを考えると9年以内に弁護士に依頼を行えば元が取れるという計算になります。

自分で抱えきれない悩みがあった時に、弁護士保険に加入していれば弁護士に気軽に相談・依頼ができるので、トラブルの早期解決に繋げられます。

「弁護士保険ステーション」では弁護士保険取扱3社の「料金」「補償」「付帯サービス」などを分かりやすく比較できます。


会社によっては、弁護士保険に加入していることを表す「リーガールカード」や「ステッカー」の配布があり、トラブル抑止効果が期待できます。
そのほか、「弁護士紹介サービス」や「相談ダイヤルの設置」など、便利な付帯サービスが用意されています。

日常生活や職場などでトラブルがあった際に、確実に解決するには弁護士は頼りになる存在ですが、高い報酬がネックとなり簡単には依頼できないことも。
そんな弁護士費用に不安がある方は、弁護士保険への加入がおすすめです。

弁護士保険3社比較
法律相談料 偶発事故※3 一般事件※4 通算上限金額
100%※1
2.2万円/事案まで
100%※1
300万円/事案まで
70%※2
100万円/事案まで
1,000万円
  • ※1 実費相当額
  • ※2 着手金:(基準-5万)×70%
  • 単独型 弁護士保険 6年連続(2014~2019) 保有件数No1
  • 家族特約でご家族の保険料は半額
  • 弁護士費用の補償・トラブルの予防サポートサービス付保険
→弁護士保険ミカタの詳細はこちら
弁護士保険ステーション限定!キャンペーン
法律相談料 偶発事故※3 一般事件※4 通算上限金額
100%※1
2.2万円/事案まで
100%※2
100万円/事案まで
100%※2
100万円/事案まで
1,200万円
  • ※1 実費
  • ※2 着手金:(基準-5万)×100%
  • ライト+ レギュラー+ ステータス+の3プランから選べる!
  • 初期相談が無料の弁護士直通ダイヤルなど8つの付帯サービス
  • 一般事件の補償が充実!
→弁護士保険コモン+の詳細はこちら
法律相談料 偶発事故※3 一般事件※4 通算上限金額
実費
10万円を限度
実費
300万円を限度
補償対象外 -
  • 保険開始から使用可能な痴漢冤罪/被害ヘルプコール付き
  • 加害者になった時の対人/対物賠償保険付き
  • 気軽に加入できるリーズナブルな保険料
→男を守る弁護士保険・女を守る弁護士保険の詳細はこちら
法律相談料 偶発事故※4 一般事件※5 通算上限金額
なし
※1
70%
※2
70%
※2
1,000万円
  • ※1 初回法律相談60分無料の弁護士を紹介
  • ※2 着手金および報酬金の次の①②のいずれか少ない金額
     ①被保険者が弁護士に支払う金額
     ②基準法務費用×基本てん補割合(原則70%)
  • 追加保険料0円で家族も補償
  • 着手金報酬金の両方を補償
  • 免責金額の設定なし
→弁護士費用保険メルシーの詳細はこちら
  弁護士費用保険ミカタ 弁護士保険コモン+ 男を守る弁護士保険女を守る弁護士保険 弁護士費用保険メルシー
自動車事故被害者
自動車事故加害者 ×
突発的な事故(人身事故)
突発的な事故(物損事故)
自転車事故
上階からの水漏れ
欠陥住宅 ×
近隣問題 ×
遺産相続 ×
離婚問題 ×
リストラ ×
いじめ ×
医療過過 ×
金融商品問題 ×

\カンタン3社比較/

この記事を書いた人

bengoshi-h
bengoshi-h
弁護士保険ステーションは弁護士保険会社3社を徹底比較するサイトです。

トラブルが起きた時でも対応できるようトラブルの対処法や、もしもの時に弁護士保険が役立つことを記事でお伝えできたらと思います。

Twitterでトラブル対処法記事の発信中!

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル

引受保険会社


ページトップ