運転中にながらスマホで事故を起こしてしまった!その場合どうなるの? | | 弁護士保険ステーション

運転中にながらスマホで事故を起こしてしまった!その場合どうなるの?

ながら運転

「スマホをいじっていないと落ち着かない。」という方も多いのではないでしょうか?運転中も信号待ちの間にラインチェックしている方もいらっしゃるかもしれませんね。
この記事では、万が一、運転中にながら運転で事故を起こしてしまったらどうなるのか解説していきますので不安な方はぜひご覧ください。

ながらスマホの交通事故事例

対処法をご紹介する前にながらスマホの交通事故事例をいくつかご紹介しますので参考にして下さい。
① スマホの画面を見ることに集中しすぎて歩行者と衝突
SNSやラインのメッセージを確認することに集中しすぎて歩行者と衝突して歩行者に大怪我を負わせてしまうケースです。
これは、車を運転している時はもちろん、自転車に乗っている時でも同様の事故が起きています。
② 電話をすることに夢中になり、衝突事故になる
電話をしていると注意力が散漫になる上に周りの音も聞こえにくくなるため、気付くのが遅くなり、大事故や死亡事故になってしまうことが多いです。
③ 信号停止中にスマホをいじって追突事故になる
信号停止中のちょっとした間にスマホをいじって後ろの車に追突される事故もあります。
※この場合、信号が青になっても発車しなかった運転手の責任が問われる可能性が高いです。
ながらスマホの事故の多くは、この3つです。いずれもスマホの操作に気を取られ過ぎて起こっているといえます。

運転中にながらスマホで事故を起こしてしまったらどうなる?

スマホ

運転中のながらスマホが原因で事故を起こしてしまったら、危険運転として扱われます。
基本的に危険運転で罪に問われることはありません。
しかし、人を引いてしまったら過失になりますので、賠償金請求に対象になります。
賠償金の金額は、引き起こしてしまった事故の種類によって変わってきますが、過失の場合はいずれのケースも5年以下の懲役、または50万円以下の罰金またはその両方が課せられます。
気になる賠償金ですが、死亡事故の場合は、遺族への慰謝料・生涯賃金(死亡者がその後の人生で得るはずだった想定収入)を含めて1000万円以上の賠償金を請求される可能性が高いです。
重大な事故(相手が植物状態になる。または、何らかの障害が残る。)というような場合は、慰謝料の他に介護費用も賠償金に含まれますので500万円以上になる可能性が高いです。
傷害罪の場合は相手との交渉で金額が変わってきます。
スマホのながら運転でも高額な賠償金を請求されるケースが多いです。

まとめ

スマホのながら運転は、大事故を引き起こしてしまって人生を棒に振ってしまう行為ですので、運転中はスマホを触るのはやめましょう。

トラブルで困っている方へのおすすめの保険
「弁護士保険」を知っていますか??

日常生活で離婚や、相続、職場トラブル、ご近所トラブルなどの法的トラブルに遭ってしまった場合に、解決のために弁護士に依頼するのは費用がかかりそう、どの弁護士に頼めば良いのかわからないなど、敷居が高いと感じている方もいるのではないでしょうか。 弁護士保険とは、法的トラブルの解決のため、弁護士等へ、依頼・相談をした際に発生する相談料、着手金、報酬金などの費用を補償する保険です。

弁護士保険がどんな保険なのか気になる方はぜひ無料資料請求を!今ならご成約・無料資料請求キャンペーンを実施中なので大変お得です!

関連記事

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル
弁護士保険を徹底比較

引受保険会社


ページトップ