交通事故を起こしてしまったら、刑事事件になるの? | | 弁護士保険ステーション

交通事故を起こしてしまったら、刑事事件になるの?

誰もが加害者になってしまう可能性があるのが交通事故です。もし、交通事故を起こしてしまったらどうなるのか不安だと思いますので、この記事で詳しく解説していきます。

交通事故は刑事事件になる?

交通事故でも、刑事事件として取り扱われる場合もあります。
刑事事件の対象となるのは、ひき逃げ、飲酒運転、規定速度を大幅に超えたスピード違反、死亡事故、無免許運転、信号無視、危険運転などが挙げられます。

ただし、刑事事件として取り扱われるまでには手続きをしなければいけませんので、次の章で詳しく解説していきます

刑事手続きの流れ

① 事件の捜査が行われる
警察により事件の内容が調べられます。
② 加害者を訴えるかどうかが決まる
捜査の結果、加害者を訴えるかどうかを判断します。
決定するまでは、容疑者が逮捕・拘束されている場合は、20日程度、捕まっていない場合はかなりの時間がかかります。
③ 起訴
起訴には、公開請求(裁判を行う場合)と略訴(裁判所より決定された金額)のみが送られてくる)の2種類があります。交通事故の場合は、死亡事故や飲酒運転といった場合は裁判になることが多いです。
④ (有罪になった場合)刑務所生活
⑤ 釈放
このような流れで手続きが行われます。

加害者になってしまったらどうしたらいい?

ここからは、加害者になってしまったらやってしまったらやっておくべき事を解説していきます。
① 弁護士を頼む
加害者こそを弁護士を頼む必要があります。
特に死亡事故の場合は、弁護士に依頼した方が減軽してもらえる可能性が高いです。
② 誠意を示す
加害者になったら、誠意を見せることが大切です。きちんと謝罪しましょう。
そして、被害者の要望にできるだけ応えるようにしましょう。
誠意を示すことで相手も承保してくれる可能性があります。

具体的には、弁護士を通じて被害者に直接謝っておきましょう。
※ただし、すぐに行ってしまうと、門前払いになり、とりあってもらえなくなってしまいます。
直接謝罪させてもらえる事になったらお菓子を持っていきましょう。
しかし、相手が感情的になっている間はお菓子に何らかのクレームを付けてくる可能性がありますので、お花を持っていきましょう。
また、長時間の面会は相手の負担になりますので、長くても5分程度にしましょう。


直接謝罪が終わったら、定期的に回復状況を聞くことで、好印象になりますよ。
このように対応することで話し合いがスムーズになりますよ。

まとめ

交通事故の加害者になってしまったら、ご紹介したように対応して、円満に解決しましょう。

トラブルで困っている方へのおすすめの保険
「弁護士保険」を知っていますか??

日常生活で離婚や、相続、職場トラブル、ご近所トラブルなどの法的トラブルに遭ってしまった場合に、解決のために弁護士に依頼するのは費用がかかりそう、どの弁護士に頼めば良いのかわからないなど、敷居が高いと感じている方もいるのではないでしょうか。 弁護士保険とは、法的トラブルの解決のため、弁護士等へ、依頼・相談をした際に発生する相談料、着手金、報酬金などの費用を補償する保険です。

弁護士保険がどんな保険なのか気になる方はぜひ無料資料請求を!今ならご成約・無料資料請求キャンペーンを実施中なので大変お得です!

関連記事

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル
弁護士保険を徹底比較

引受保険会社


ページトップ