弁護士保険で刑事事件は補償されるのか? |  弁護士保険比較

弁護士保険ステーション

弁護士保険で刑事事件は補償されるのか?

事件

刑事事件とは

刑事事件というのは、法が適用されることで刑罰を受ける事件です。
多くの望まれない行いや争いごとがありますが、この一部に関して、罰を法によって与えるとなっているものです。
刑事事件の場合は、裁判を必ず経て刑罰が行われます。
被告人は起訴されると、裁判において権利として弁護活動をすることが保障されています。
また、他の人に対して、私人が刑罰を独自に与えるのはできなく、基本的に、検察官が刑事裁判の起訴も行います。
一方、基本的に、民事事件の場合は、当事者に私人同士がなります。
また、民事事件は、他の人を罰するものでなく、私人同士で起きたトラブルを解決するものです。
相手の主張が民事事件において認められたということでも、主張が認められなかった人が罪を犯したり、罰を受けたりするということではありません。
簡単に言うと、お金のトラブルが民事事件で、処罰のトラブルが刑事事件です。
事件によっては、当然ですが、刑事事件と民事事件の両方になる場合も多くあります。
例えば、傷害事件の場合に人を殴ったということを考慮すれば、処罰を傷害罪として行うのは刑事事件になり、損害賠償を加害者に被害者から請求する際は民事事件になります。
この賠償額を決める場合は、多くの過去の判例や決め事などを参考にしますが、この際にプロの弁護士が協力してくれると手間がかからなくて対応が適切にできるでしょう。

弁護士保険で刑事事件は補償されるのか

弁護士保険の場合は、弁護士費用として刑事事件にかかるものは保険金が支給されません。
法律相談料については、基本的に、刑事事件の場合でも保険金が支給されるようになります。
しかし、本人がほとんどの場合は勾留されているので、法律相談料は代理人が申請する必要があるなど、煩雑な手続きになることがあります。
また、民事訴訟に刑事事件と一緒になった場合は、民事分については基本的に保険金が支給されるようになります。
例えば、痴漢で逮捕されても示談になった場合は、民事事件になって基本的に保険金は支給されます。
なお、保険金が支給されるかどうかの見極めについては、保険会社が行うため、必ず確認が事前に必要になります。

保険金が支給されないケース

保険金が支給されないケースとしては、次のような場合があります。
・被保険者あるいは保険契約者が保険金を支給してもらうために起こした事故
・多くの保険金が一時的に支払うようになる事由が起きたことによって、著しく当該の保険の収支状況が悪くなる事故、これらに伴って起きた事故、あるいはこれらに伴って秩序が乱れたことによって起きた事故

・戦争に関係する事故
・地震、台風に関係する事故
・公序良俗に違反する事件
・家族道徳に違反する行いに関係する事件
・人格の自由、尊厳を制限する行いに関係する事件
・社会的倫理、正義観念に違反する行いに関係する事件
・無効に法令違反としてされる行いに関係する事件
・これ以外に、民法の公序良俗違反に当たるとされて無効になる法的な行いに関係する事件など

・保険契約の趣旨を考慮して高い濫用性があると認められるもの
・相手に対して、不快に意図的にさせたり、損害を実質的に与えるなどの嫌がらせの行いに関係する事件
・実現できないことを求める行いに関係する事件など
・日本の国内法が適用にならなかったり、日本国外で被保険者が直面したりする事件

法律相談料が支給されないケース

法律相談料が支給されないケースとしては、次のような場合があります。
・トラブルになった相手が分からないもの
・具体的に他の人から請求されていないのに、請求された際の対応を問うもの
・具体的に請求権のベースになる事実がないが、請求を他の人に行うもの
・相手に被保険者が請求する金額、あるいは相手が請求する金額が5万円くらい未満のもの
・相手に被保険者が請求する金額、あるいは相手が請求する金額を算定することが難しいもので、社会通念から考慮して法的トラブルになじまないと思われる軽いトラブル
・被保険者の要求が、行政手続法で決められている申請あるいは刑事訴訟法で決められている告訴等法令に決められた手続きによらないで、対応を行政に対して要求するもの
・法律上の解釈あるいは論争に関係するもの
・宗教、理想、政治、学術、技術上の解釈並びに論争に関係するもの

相談料以外の着手金・実費・報酬金などの保険金が支給されないケース

相談料以外の保険金が支給されないケースとしては、次のような場合があります。
・債務の整理・調整および金銭消費貸借契約の過払い金請求に関係する法律事件
・被保険者の次のような事業活動に伴う法律事件
なお、事業活動としては、法人の営利・非営利のもの、個人事業の商行為の商法第501条の税務訴訟を除いた行政訴訟、憲法訴訟、株主代表争訟、少年事件・刑事事件、勝訴見込みが無いもの、費用が日本国内で発生していないもの、弁護士などが日本国内で活動していないもの、などが挙げられます。

トラブルで困っている方へのおすすめの保険
「弁護士保険」を知っていますか??

日常生活で離婚や、相続、職場トラブル、ご近所トラブルなどの法的トラブルに遭ってしまった場合に、解決のために弁護士に依頼するのは費用がかかりそう、どの弁護士に頼めば良いのかわからないなど、敷居が高いと感じている方もいるのではないでしょうか。 弁護士保険とは、法的トラブルの解決のため、弁護士等へ、依頼・相談をした際に発生する相談料、着手金、報酬金などの費用を補償する保険です。

弁護士保険がどんな保険なのか気になる方はぜひ無料資料請求を!今ならご成約・無料資料請求キャンペーンを実施中なので大変お得です!

関連記事


ページトップ