セクハラトラブルの対処法 | 弁護士保険ステーション

セクハラトラブルの対処法

最近、女性だけでなく男性にとってもセクハラが問題となっており、いざ被害者になると適切な対処法を考えられなくなるのが現実です。ここではセクハラされた時のトラブル対処法についてまとめてみますので、ぜひご参考になさってください。

セクハラトラブル対処法

相手に直接言う


勇気が必要ですが、セクハラトラブルに遭ったら相手にきちんと迷惑である、不快であるということを伝えるようにしましょう。

はっきりした態度を取らないと、相手はどんどんどんつけあがる可能性があります。

証拠を残す


セクハラは形に残らないものがほとんどなので、証明することができず相手がしらをきり通すケースが多いです。
そうならないためにも、いつどこでセクハラ被害を受けたのか、どんなことを言われ、誰が周りにいたのか・・などを記録しておきましょう。

内部窓口に相談する


セクハラトラブルに遭った時、一人で抱え込むのはよくないので会社に内部窓口があればそこに相談しましょう。
会社の中に人事部があるようなら、言いづらいかもしれませんがセクハラ被害を訴えることが重要です。

その際、証拠が揃っていないと取り上げてもらえないケースも多いので証拠を準備しておきましょう。

弁護士に相談を


内部窓口や社外の窓口に相談してもセクハラトラブルが解決しない、精神的に耐えられない・・という場合には労働問題について経験豊富な弁護士に相談しましょう。

いくら口頭で言ってもセクハラを止めない場合は法的手段を取らざるを得ません。

相手が止めないのであれば、こちらが訴えるしか方法がありません。

場合によっては相手から慰謝料を請求できるケースもあるので、決して泣き寝入りせず弁護士に相談することをおすすめします。

なお、弁護士に相談する場合次のようなものを証拠として集めておくといいでしょう。

たとえば、セクハラの現場で録音した音声記録、撮影したビデオや動画、言動が記録されているメールやLINE、手紙・・などです。

ただ、こういった証拠がない場合は毎日日記をつけておき、セクハラトラブルの状況を記録しておくだけでもいいでしょう。

まとめ

セクハラトラブルの対処法についてまとめてみました。

セクハラトラブルに巻き込まれてしまった場合、さまざまな対処法がありますが、やはり弁護士に相談した方がよさそうです。

そのためにも、弁護士保険に加入していれば費用を最小限に抑えることができるのでおすすめです。

まだ加入していない場合は、なるべく早く加入することをおすすめします。

この記事を書いた人

bengoshi-h
bengoshi-h
弁護士保険ステーションは弁護士保険会社3社を徹底比較するサイトです。

トラブルが起きた時でも対応できるようトラブルの対処法や、もしもの時に弁護士保険が役立つことを記事でお伝えできたらと思います。
関連記事

Twitterでトラブル対処法記事の発信中!

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル
弁護士保険を徹底比較

引受保険会社


ページトップ

ページトップ