会社の給料が未払いのまま支払われない場合はどうすればいいの? | | 弁護士保険ステーション

会社の給料が未払いのまま支払われない場合はどうすればいいの?

皆さんは会社の給料が未払いになったことはありますでしょうか?今回はそんな給料が支払われない場合の対処法について詳しく紹介をさせていただこうと思います。
皆さんも今回紹介をさせていただくように正しい対処法を身につけて頂きたいので是非最後までご覧ください。

会社の給料が未払いになるケース

まず最初に「会社の給料が未払いになるケース」について紹介をさせていただこうと思います。
会社の給料が未払いになる事があるのは殆ど「ブラック企業」となっています。ブラック企業の経営者というのは給料を未払いのままやり過ごそうとしていることが多いというのがあります。

また「会社に言っても支払われない」「会社が倒産」「退職済み」といった場合でも未払い分の給料を支払ってもらえる可能性があります。その対処法について紹介をさせていただこうと思います。

給料が支払われない場合の対処法について

給料が支払われない場合の対処法について紹介をさせていただきますが、貴方がやるべき事は2つあります。1つ目に「内容証明書」を会社に送って請求をする方法です。
これは支払われていない事を証明するために必要な手段となっています。2つ目に「労働基準監督署」に申告をして給料を支払ってもらう方法になります。

ですが、このようなトラブルというのは会社に慣れている可能性が高いため、結局支払われないこともあります。またそれだけではなく「顧問弁護士」がいる場合は可能性が低くなってしまうことがあります。

そういった場合に「弁護士」に依頼をすることが一番良いといえます。
自分で全てするのであれば未払い給料の計算であったり、会社に交渉を行ったりする必要があり、精神的にもダメージが来ます。それだけではなく顧問弁護士がいることで支払われる可能性が低いことがあります。

だからこそ弁護士に依頼をすることで弁護士が未払い給料の計算を行い、会社と交渉を行ってくれます。
また未払い給料が全額とはいかなくても取得する額というのは高くなるため、そういった意味でも弁護士に依頼をする方がおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は会社の給料が支払われない場合の対処法について紹介をさせていただきました。
皆さんも今回紹介させていただいたように未払いのケースに陥った場合は一人で考えるのではなく弁護士に依頼をした方が良いので是非参考にしてください。

トラブルで困っている方へのおすすめの保険
「弁護士保険」を知っていますか??

日常生活で離婚や、相続、職場トラブル、ご近所トラブルなどの法的トラブルに遭ってしまった場合に、解決のために弁護士に依頼するのは費用がかかりそう、どの弁護士に頼めば良いのかわからないなど、敷居が高いと感じている方もいるのではないでしょうか。 弁護士保険とは、法的トラブルの解決のため、弁護士等へ、依頼・相談をした際に発生する相談料、着手金、報酬金などの費用を補償する保険です。

弁護士保険がどんな保険なのか気になる方はぜひ無料資料請求を!今ならご成約・無料資料請求キャンペーンを実施中なので大変お得です!

関連記事

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル
弁護士保険を徹底比較

引受保険会社


ページトップ