相続にはどの様な種類があるのか | | 弁護士保険ステーション

相続にはどの様な種類があるのか

相続

人がお亡くなりになると、相続が発生します。
家族をはじめとする近親者に相続の権利が生じるのですが、相続について詳しくご存知の方は多くはありません。
間違えた相続や、相続での失敗が起こらないように、また、相続人どうしでのトラブルが起こらないように、対策をたてる必要があります。

相続の種類
相続には大きく分けて3つの種類があります。
まず、「単純承認」です。
これは相続財産をすべて相続する方法です。
故人が所有していた不動産、預貯金、生命保険の保険金などの資産はもちろんですが、借入金等の負債もすべて相続します。
この単純承認については特別な手続きは不要です。
不動産等の名義を相続人の名義に変更する程度です。
次に、「限定承認」があります。
資産だけでなく、負債も多く残されており、資産よりも負債の額が大きいかもしれない場合にこの方法を使います。
資産を処分して負債を弁済した後、さらにまだ負債が残る場合も、相続人に負債の弁済義務が生じないこととされます。
負債を弁済した後に、残った財産があれば、それだけを相続することができます。
もうひとつの方法が「相続放棄」です。
明らかに資産より負債のほうが多いと判断される場合などは、一切の相続をしないと申し出て、相続を放棄することができます。

相続において起こりうる問題
相続において最も起こりやすいトラブルが、相続財産の分配です。
相続人が1人であれば問題は起こりませんが、複数人いる場合は、その分配の率や、誰が何を相続するのかをめぐってトラブルが起こることが多くあります。
どうしても話し合いがまとまらない場合、最終的には裁判所での遺産分割調停などで決着をつけることになりますが、その手続きや対応は非常に煩雑で、難しいものです。
また、故人の遺言状に相続人以外の人物に財産分与するように書かれてある、さらには相続税の問題も起こりえます。

相続は弁護士に相談することが得策
単純承認の方法で、相続人どうしの話し合いもスムーズにまとまった場合は、それで相続が完結します。
しかし、限定承認や相続放棄となれば、裁判所に対しての申立が必要となり、また、負債の債権者への対応など煩雑な事柄も起こってきます。
それらは弁護士に依頼すれば、すべて対応を任せることができます。
また、相続人どうしでのトラブルについても、弁護士が介入すれば法的な観点で話し合いを進め、相続人全員に妥協と理解とを求めてのおとしどころを作ってくれます。
相続に直接かかわらない第三者の立場であり、法律に詳しい弁護士が関与することで、トラブルが最小限に抑えられ、最良の結論につながることが多くなるのです。

トラブルで困っている方へのおすすめの保険
「弁護士保険」を知っていますか??

日常生活で離婚や、相続、職場トラブル、ご近所トラブルなどの法的トラブルに遭ってしまった場合に、解決のために弁護士に依頼するのは費用がかかりそう、どの弁護士に頼めば良いのかわからないなど、敷居が高いと感じている方もいるのではないでしょうか。 弁護士保険とは、法的トラブルの解決のため、弁護士等へ、依頼・相談をした際に発生する相談料、着手金、報酬金などの費用を補償する保険です。

弁護士保険がどんな保険なのか気になる方はぜひ無料資料請求を!今ならご成約・無料資料請求キャンペーンを実施中なので大変お得です!

関連記事

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル
弁護士保険を徹底比較

引受保険会社


ページトップ