マンション・アパートの引っ越し挨拶はどこまで?賃貸も必要?おすすめの手土産も解説 | 【2024年】弁護士保険を比較 人気ランキングから保険料、補償比較|弁護士保険ステーション トラブル別でおすすめの弁護士保険をご紹介

取扱弁護士保険会社4社

ミカタ少額短期保険
エール少額短期保険
ジャパン少額短期保険
アシロ少額短期保険

マンション・アパートの引っ越し挨拶はどこまで?賃貸も必要?おすすめの手土産も解説

▲関連記事をチェック

マンション・アパートの引っ越し挨拶はどこまで?賃貸も必要?おすすめの手土産も解説

この記事を書いた人

田中あさみ
田中あさみ
2級FP技能士

金融ライター。
大学在学中にFP資格を取得、医療系の仕事に携わった後ライターとして独立。
不動産・相続・離婚など金融・法律系を中心に多数の記事を執筆。
読者に有益な情報を届けるために日々奮闘中。

◆ブログ
FPライター 田中あさみのブログ

「マンション・アパートに引っ越してきたけど、どこまで挨拶すべき?」「手土産は何が良い?」とお悩みの方は多いのではないでしょうか。

引っ越しの挨拶は、アパート・マンションは両隣や上下、戸建ての場合「向こう3軒両隣」までと言われています。

ただし一人暮らしの女性は「防犯上挨拶をしない方が良い」という意見もあります。
挨拶のタイミングや手土産が気になる方もいらっしゃるでしょう。
本記事では、引っ越しの挨拶はするべきか否か、どこまで挨拶するのか、タイミングやおすすめの手土産についてお伝えしていきます。

引っ越しの挨拶はするべき?

引っ越しの挨拶は戸建ての場合向こう3軒両隣、マンション・アパートなどの集合住宅は両隣や上下にすると良いと言われています。

ただし、女性で一人暮らしの場合は「○号室の部屋は女性の一人暮らし」と周知させることになってしまうため、賛否が分かれています。
「女性の一人暮らしが知られることが怖い」という方は、無理に引っ越しの挨拶をする必要はありません。

近年一人暮らしのアパート・マンションでは、引っ越しの挨拶をしない事例も増えています。
賃貸では入居・退去の出入りの頻度が高いですが、分譲マンションで子どもがおり騒音が生じる可能性がある場合は挨拶をする人が多いです。
また近隣の結びつきが強い地域では、挨拶をした方が良いでしょう。
不動産会社に近隣の様子を尋ねてみましょう。
主に以下のケースでは、挨拶をしておくことをおすすめします。

トラブル予防のために挨拶をしておきたい
近隣の結びつきが強い地域である
戸建て住宅でご近所と長く付き合う予定である
子ども・ペットがいる、楽器を弾くなど騒音を出す可能性がある
新築住宅で工事をしている
子どもがいて、近隣で子ども同士の付き合いが生まれそうな場合

引っ越しの挨拶をするか否かは、ケースバイケースで判断しましょう。

引っ越しの挨拶の範囲はどこまで?

引っ越しの挨拶は近隣のどこまで行えば良いのでしょうか?

戸建ての場合は、「向こう3軒両隣」と言われています。

自宅の両隣と向かいの3軒を指します。
今後関わる機会が多くなるため、挨拶をしておきましょう。
新築の住宅で工事をしている場合は工事の前に軽く挨拶をし、工事後に改めて挨拶に向かいましょう。

マンション・アパートでは一般的に両隣とされていますが、上下にも挨拶するケースもあります。
木造など騒音が生じる可能性がある場合は上下にも挨拶しておくことをおすすめします。
大家が近くに住んでいる場合は大家にも挨拶しておきましょう。

<戸建て住宅の場合>
向こう3軒両隣
町内会の会長
※新築住宅は工事前後で挨拶をしておく
<マンション・アパート>
両隣(上下に挨拶する場合もある)
大家

引っ越しの挨拶、手土産は何がいい?

引っ越し挨拶の手土産は、アンケート調査の結果で予算は500~600円であることが分かっています。
アクセサリーなど好みが分かれるものは避け、お菓子やタオル・日用品などささやかなギフトを持参すると喜ばれる可能性が高くなります。

<おすすめの手土産>

  • お菓子(日持ちのする焼き菓子・煎餅など)
  • タオル
  • ふきん・キッチンペーパーなどの日用品

<NGの手土産>

  • 豪華すぎるもの
  • 化粧品・アクセサリー・装飾品など好みが関係するもの
  • 中古品

引っ越しの挨拶のタイミングは?

引っ越しの挨拶はいつ行うべきなのでしょうか?

引っ越し直後は荷ほどきや役所への届け出などで忙しい方が多いでしょう。
あまりに遅くなるとタイミングを逃してしまいますので、引っ越してから1週間以内には挨拶をしておくことをおすすめします。

引っ越しの前にあらかじめ手土産を準備しておくと、スムーズに挨拶ができます。

相手が留守の場合

挨拶したい相手宅を訪問し、インターホンを押しても相手が出てこない(留守)場合は、再度訪問もしくは小さい便せんに置き手紙を残していきましょう。

マンション・アパートでの一人暮らしは、防犯上「知人などの訪問以外は出ない」という世帯も少なくありません。
引っ越しの挨拶を装い強盗に入る事件もありますので、集合住宅では状況に応じた判断を心がけましょう。

まとめ

引っ越しの挨拶は、マンション・アパートの場合は両隣と上下まで行う事例が多いです。
ただし、大家さんが近所に住んでいる際には挨拶をしておいた方が良いでしょう。

手土産は賞味期限の長いお菓子やタオル・日用品がおすすめです。
好みが分かれるアクセサリー、人によっては肌に合わない可能性のある化粧品は避けた方が良いでしょう。

マンション・アパートで引っ越しの挨拶をする際にはこの記事を参考にしましょう。

「もしもの高額な支払いに備える」弁護士保険とは?

弁護士保険とは、弁護士に相談・依頼をする際の費用を補償してくれる保険です。

保険料の相場は月額3,000円程度となっており、着手金の相場額が30万円ということを考えると9年以内に弁護士に依頼を行えば元が取れるという計算になります。

自分で抱えきれない悩みがあった時に、弁護士保険に加入していれば弁護士に気軽に相談・依頼ができるので、トラブルの早期解決に繋げられます。

「弁護士保険ステーション」では弁護士保険取扱3社の「料金」「補償」「付帯サービス」などを分かりやすく比較できます。


会社によっては、弁護士保険に加入していることを表す「リーガールカード」や「ステッカー」の配布があり、トラブル抑止効果が期待できます。
そのほか、「弁護士紹介サービス」や「相談ダイヤルの設置」など、便利な付帯サービスが用意されています。

日常生活や職場などでトラブルがあった際に、確実に解決するには弁護士は頼りになる存在ですが、高い報酬がネックとなり簡単には依頼できないことも。
そんな弁護士費用に不安がある方は、弁護士保険への加入がおすすめです。

弁護士保険4社比較
法律相談料 偶発事故※3 一般事件※4 通算上限金額
100%※1
2.2万円/事案まで
100%※1
300万円/事案まで
80%
200万円/事案まで
1,000万円
  • ※1 実費相当額
  • 単独型 弁護士保険 9年連続(2013~2021) 保有件数No1
  • 家族特約でご家族の保険料は半額
  • 弁護士費用の補償・トラブルの予防サポートサービス付保険
→弁護士保険ミカタの詳細はこちら
弁護士保険ステーション限定!キャンペーン
法律相談料 偶発事故※4 一般事件※5 通算上限金額
なし
※1
70%
※2
70%
※2
1,000万円
  • ※1 初回法律相談60分無料の弁護士を紹介
  • ※2 着手金および報酬金の次の①②のいずれか少ない金額
     ①被保険者が弁護士に支払う金額
     ②(基準-5万)×基本てん補割合(原則70%)
  • 追加保険料0円で家族も補償
  • 提携弁護士による初回60分無料法律相談が可能
  • デビットカードでの支払も対応
→ベンナビ弁護士保険の詳細はこちら
弁護士保険ステーション限定!キャンペーン
法律相談料 偶発事故※3 一般事件※4 通算上限金額
100%※1
2.2万円/事案まで
100%※2
100万円/事案まで
100%※2
100万円/事案まで
1,200万円
  • ※1 実費
  • ※2 着手金:(基準-5万)×100%
  • ライト+ レギュラー+ ステータス+の3プランから選べる!
  • 初期相談が無料の弁護士直通ダイヤルなど8つの付帯サービス
  • 一般事件の補償が充実!
→弁護士保険コモン+の詳細はこちら
法律相談料 偶発事故※3 一般事件※4 通算上限金額
実費
10万円を限度
実費
300万円を限度
補償対象外 -
  • 保険開始から使用可能な痴漢冤罪/被害ヘルプコール付き
  • 加害者になった時の対人/対物賠償保険付き
  • 気軽に加入できるリーズナブルな保険料
→男を守る弁護士保険・女を守る弁護士保険の詳細はこちら
  弁護士費用保険ミカタ 弁護士保険コモン+ 男を守る弁護士保険女を守る弁護士保険 ベンナビ弁護士保険
自動車事故被害者
自動車事故加害者 ×
突発的な事故(人身事故)
突発的な事故(物損事故)
自転車事故
上階からの水漏れ
欠陥住宅 ×
近隣問題 ×
遺産相続 ×
離婚問題 ×
リストラ ×
いじめ ×
医療過過 ×
金融商品問題 ×

\カンタン4社比較/

Twitterでトラブル対処法記事の発信中!

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル

引受保険会社


ページトップ