借金などの債務も相続の対象になるの? | | 弁護士保険ステーション

借金などの債務も相続の対象になるの?

父が亡くなった。遺産らしいものは何もないけれど、逆に借金を残していた。
聞けば、借金も相続の対象となるらしい。本当だろうか?責任を免れる方法はないのだろうか?

相続は債務も引き継ぐ

相続は、亡くなられた方(被相続人)の遺産を引き継ぐものですが、プラスの財産だけでなく、マイナスの財産、つまり負債も承継するものです。被相続人が、借金をしたまま死亡すれば、相続をしたものは、その借金の返済義務も引き継がなければなりません。

子どもは、法定相続人である

被相続人が遺言を残していない場合は、民法の定める法定相続制度にしたがって相続することになります。
法定相続制度では、誰が相続人となるか、どのような割合で相続するかを定めています。
子は、法定法定相続人であり、配偶者と並んで、相続人となります。

借金も法定相続分に応じて引き継ぐ

スーツ姿の男の人と本のイラスト

法定相続制度は、各法定相続人が相続する割合を、法定相続分として定めています。
例えば、相続人が、配偶者と子ども2名であった場合、法定相続分は、配偶者が2分の1、子どもらが各4分の1です。

債務の承継も、この法定相続分に応じて行われます。
借金が1,000万円であった場合は、子どもは、250万円ずつの返済義務を負うのです。

相続放棄で責任を逃れられる

相続は、このような負債を引き継ぐ義務の側面もあることから、法定相続人であっても、相続しないという選択をすることができます。

これが「相続放棄」という手続きです。
家庭裁判所に、相続を放棄する旨の申立(「申述」といいます)を行います。
この手続きは、相続が開始されたことを知った時から3ヶ月以内に行うことが原則です。ただし、事情によって、裁判所に、この期間制限を延ばしてもらうことができます。

相続放棄で、他の親族に責任が及ぶことがある

ただし、子が相続放棄をすると、次の優先順位の法定相続人である父母に債務が引き継がれます。
父母がいないときは、兄弟姉妹に引き継がれます。
このように、相続放棄を行うことで、他の親族に法的責任が及ぶ可能性があります。責任を免れるには、父母、そして兄弟姉妹も相続放棄をしなくてはなりません。
また、負債の存在を知らないまま、遺産を処分してしまったような場合は、もはや相続放棄が許されないケースもあり、注意が必要です。

まとめ

このように、相続は、放棄をすれば済むといった単純なことではありません。一筋縄ではゆかない大きな法律問題です。
身近な方、ご縁のあった方が亡くなられたら、念のために弁護士に相談して、問題が及ばないかどうかを確認することをお勧めします。

トラブルで困っている方へのおすすめの保険
「弁護士保険」を知っていますか??

日常生活で離婚や、相続、職場トラブル、ご近所トラブルなどの法的トラブルに遭ってしまった場合に、解決のために弁護士に依頼するのは費用がかかりそう、どの弁護士に頼めば良いのかわからないなど、敷居が高いと感じている方もいるのではないでしょうか。 弁護士保険とは、法的トラブルの解決のため、弁護士等へ、依頼・相談をした際に発生する相談料、着手金、報酬金などの費用を補償する保険です。

弁護士保険がどんな保険なのか気になる方はぜひ無料資料請求を!今ならご成約・無料資料請求キャンペーンを実施中なので大変お得です!

関連記事

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル
弁護士保険を徹底比較

引受保険会社


ページトップ