子供がいない夫婦の場合、相続ってどうなるの? | | 弁護士保険ステーション

子供がいない夫婦の場合、相続ってどうなるの?

夫婦に子どもがある場合は、子どもが相続することは、特に法律に詳しくなくとも、知られていることです。

では子供がいない夫婦では、いったい誰が相続するのでしょうか。

子がいない場合は、父母などの直系尊属又は兄弟姉妹が相続する

相続される人(被相続人)が、遺言を残していない限り、民法が定める法定相続人が相続します。
法定相続人には、2種類あります。ひとつは配偶者(夫又は妻)です。もうひとつは、血族相続人です。血族相続人とは、子、直系尊属(両親、祖父母)、兄弟姉妹です。配偶者は常に相続人となります。他方、血族相続人には優先順位があります。
子、直系尊属、兄弟姉妹の順に優先権が与えられており、例えば、子が存在する場合には、直系尊属も、兄弟姉妹も相続人となることはできません。

子がいない夫婦の一方が亡くなられたという場合には、相続人は、配偶者と直系尊属となります。
直系尊属がいない場合は、配偶者と兄弟姉妹が相続人です。

子がいない夫婦の相続における法定相続分は?

これらの場合に、どのような割合で遺産を取得するか、配分の比率を定めたものが法定相続分です。

相続人が、配偶者と直系尊属の場合は、配偶者3分の2、直系尊属が3分の1です。
相続人が配偶者と兄弟姉妹の場合は、配偶者4分の3、兄弟姉妹4分の1です。

法定相続人である直系尊属が複数いる場合、例えば父母が健在である場合、父と母の相続分は、人数の頭割りとなります。
つまり、直系尊属全体の法定相続分3分の1を、さらに2分の1に分け、父母共に6分の1となります。兄弟姉妹が複数存在する場合も、同じです。

子供がいなくても孫や曾孫がいれば、代襲相続できる

子がいない夫婦といっても、孫がいる場合は、子に代わって、孫が法定相続人となります。これを代襲相続と言います。また、子も孫も死亡したが、曾孫がいるという場合は、曾孫に相続が認められます。これを再代襲と言います。
代襲相続の場合の法定相続分は、子の法定相続分と同じです。

代襲相続は、兄弟姉妹が死亡し、甥姪がいる場合も適用されます。ただし、兄弟姉妹の場合、代襲相続が認められるのは、一代限りであり、甥姪の子どもには、再代襲は認められません。

胎児は、相続権がある

また、子どもがいないといっても、妊娠して胎児が母親のお腹にいる場合は、相続人となります。
胎児は、相続との関係では、すでに生まれたものと扱われるのです。
もちろん、死産であった場合は、胎児は相続しなかったものと扱われます。

まとめ

子がいない場合、父母や祖父母、兄弟姉妹や甥姪にまで、相続が及ぶ可能性があることを説明しました。
このように、相続は、家族だけでなく、周囲の親戚にも影響を及ぼすことが珍しくありません。
相続が発生する可能性がある場合には、早めに専門家である弁護士に相談することをお勧めします。

トラブルで困っている方へのおすすめの保険
「弁護士保険」を知っていますか??

日常生活で離婚や、相続、職場トラブル、ご近所トラブルなどの法的トラブルに遭ってしまった場合に、解決のために弁護士に依頼するのは費用がかかりそう、どの弁護士に頼めば良いのかわからないなど、敷居が高いと感じている方もいるのではないでしょうか。 弁護士保険とは、法的トラブルの解決のため、弁護士等へ、依頼・相談をした際に発生する相談料、着手金、報酬金などの費用を補償する保険です。

弁護士保険がどんな保険なのか気になる方はぜひ無料資料請求を!今ならご成約・無料資料請求キャンペーンを実施中なので大変お得です!

関連記事

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル
弁護士保険を徹底比較

引受保険会社


ページトップ