DVやモラハラをされていたら慰謝料はどれくらいなの? | 弁護士保険ステーション

DVやモラハラをされていたら慰謝料はどれくらいなの?

▲関連記事をチェック

夫から受ける言葉の暴力に耐えられない。最近は、殴る蹴るの暴力までふるうようになった。もう離婚しかない。ようやく決心がついたけれど、気になるのは、慰謝料です。
DVやモラハラでが原因で離婚をする場合は、慰謝料の金額はいくらになるのでしょう。

この記事を書いた人

bengoshi-h
bengoshi-h
弁護士保険ステーションは弁護士保険会社3社を徹底比較するサイトです。

トラブルが起きた時でも対応できるようトラブルの対処法や、もしもの時に弁護士保険が役立つことを記事でお伝えできたらと思います。

DV、モラハラとは

DVとは、「ドメスティック・バイオレンス」、家庭内暴力です。
モラハラとは、「モラル・ハラスメント」、言葉や態度を手段として心を傷つける行為で、精神的な暴力と言えます。
どちらも、いつの時代にも、どこの国にも存在してきた行為ですが、独自の法律問題として取り上げられはじめたのは、いずれも近年のことです。

慰謝料の金額には、基準はないが、相場はある

慰謝料とは、精神的損害、すなわち心の傷を癒すためのお金です。いくらなら心の傷が癒せるのかは、人によって違います。
慰謝料には、明確な基準を設けることはできないのです。

もっとも、裁判の実務では、過去の裁判例の集積から、ある程度の相場金額が知られており、裁判官や弁護士といった専門家は、その相場を前提として、問題の解決にあたっています。

離婚慰謝料を決める要素と相場金額

離婚の慰謝料の相場は、50万円から500万円と言われています。
相当に幅のある金額ですが、これは離婚する夫婦の経済事情や離婚に至る経緯など、多様なケースがあるためです。

離婚の慰謝料に影響を与える要素としては、結婚期間の長短、未成年の子の有無と年齢、当事者の財力などがありますが、離婚原因が何であるかも、慰謝料に影響を与える要素の一つとなります。

DVやモラハラは、離婚慰謝料を決める要素の一部に過ぎない

拳

DVやモラハラも、慰謝料算定の一つの要素ではありますが、それだけで慰謝料の金額が決まるというわけではないのです。

また、一口にDVやモラハラと言っても、その内容もまた千差万別です。DVやモラハラがなされていた期間の長短、DVにおける暴行行為の内容、DVによって受けた傷害の程度や後遺症の有無、モラハラ行為の内容、モラハラ行為によって、うつ状態などの精神疾患を招来したかどうかなどの諸要素によって慰謝料額は変わってきます。

従って、DVやモラハラが離婚原因になった場合と、浮気や不倫行為が離婚原因となった場合を比較して、どちらがより慰謝料が高いかを論じることは、意味のあることではありません。

離婚と関係なく、DVやモラハラ行為だけを理由とする慰謝料請求の場合も、その金額は、やはりその深刻度のより数十万円から数百万円までの幅があります。

まとめ

DVやモラハラが離婚原因となっている場合、それだけで慰謝料の金額を決めることはできないことを説明しました。
離婚慰謝料額を検討する際は、是非、専門家である弁護士に、詳しい事情を説明して、相談してください。

「もしもの高額な支払いに備える」弁護士保険とは?

弁護士保険とは、弁護士に相談・依頼をする際の費用を補償してくれる保険です。

保険料の相場は月額3,000円程度となっており、着手金の相場額が30万円ということを考えると9年以内に弁護士に依頼を行えば元が取れるという計算になります。

自分で抱えきれない悩みがあった時に、弁護士保険に加入していれば弁護士に気軽に相談・依頼ができるので、トラブルの早期解決に繋げられます。

「弁護士保険ステーション」では弁護士保険取扱3社の「料金」「補償」「付帯サービス」などを分かりやすく比較できます。


会社によっては、弁護士保険に加入していることを表す「リーガールカード」や「ステッカー」の配布があり、トラブル抑止効果が期待できます。
そのほか、「弁護士紹介サービス」や「相談ダイヤルの設置」など、便利な付帯サービスが用意されています。

日常生活や職場などでトラブルがあった際に、確実に解決するには弁護士は頼りになる存在ですが、高い報酬がネックとなり簡単には依頼できないことも。
そんな弁護士費用に不安がある方は、弁護士保険への加入がおすすめです。

弁護士保険4社比較
法律相談料 偶発事故※3 一般事件※4 通算上限金額
100%※1
2.2万円/事案まで
100%※1
300万円/事案まで
70%※2
100万円/事案まで
1,000万円
  • ※1 実費相当額
  • ※2 着手金:(基準-5万)×70%
  • 単独型 弁護士保険 6年連続(2014~2019) 保有件数No1
  • 家族特約でご家族の保険料は半額
  • 弁護士費用の補償・トラブルの予防サポートサービス付保険
→弁護士保険ミカタの詳細はこちら
法律相談料 偶発事故※3 一般事件※4 通算上限金額
100%※1
2.2万円/事案まで
100%※2
100万円/事案まで
100%※2
100万円/事案まで
1,200万円
  • ※1 実費
  • ※2 着手金:(基準-5万)×100%
  • ライト+ レギュラー+ ステータス+の3プランから選べる!
  • 初期相談が無料の弁護士直通ダイヤルなど8つの付帯サービス
  • 一般事件の補償が充実!
→弁護士保険コモン+の詳細はこちら
法律相談料 偶発事故※3 一般事件※4 通算上限金額
実費
10万円を限度
実費
300万円を限度
補償対象外 -
  • 保険開始から使用可能な痴漢冤罪/被害ヘルプコール付き
  • 加害者になった時の対人/対物賠償保険付き
  • 気軽に加入できるリーズナブルな保険料
→男を守る弁護士保険・女を守る弁護士保険の詳細はこちら
法律相談料 偶発事故※4 一般事件※5 通算上限金額
なし
※1
70%
※2
70%
※2
1,000万円
  • ※1 初回法律相談60分無料の弁護士を紹介
  • ※2 着手金および報酬金の次の①②のいずれか少ない金額
     ①被保険者が弁護士に支払う金額
     ②基準法務費用×基本てん補割合(原則70%)
  • 追加保険料0円で家族も補償
  • 着手金報酬金の両方を補償
  • 免責金額の設定なし
→弁護士費用保険メルシーの詳細はこちら
  弁護士費用保険ミカタ 弁護士保険コモン+ 男を守る弁護士保険女を守る弁護士保険 弁護士費用保険メルシー
自動車事故被害者
自動車事故加害者 ×
突発的な事故(人身事故)
突発的な事故(物損事故)
自転車事故
上階からの水漏れ
欠陥住宅 ×
近隣問題 ×
遺産相続 ×
離婚問題 ×
リストラ ×
いじめ ×
医療過過 ×
金融商品問題 ×

\カンタン4社比較/

Twitterでトラブル対処法記事の発信中!

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル

引受保険会社


ページトップ