キャバクラでのトラブルについて | 弁護士保険ステーション

キャバクラでのトラブルについて

キャバ嬢トラブル!お客さんの奥さんや彼女に嫌がらせを受けた時の対処法は?
キャバクラで働いている際に起こるトラブルとして、まず思い浮かべるのは金銭的なトラブルやストーカー被害などではないでしょうか。
それらのトラブルを対処するのは大変なのですが、さらに厄介なのがお客さんのパートナー、いわゆる“奥さん”や“彼女”から嫌がらせを受けること。
キャバ嬢からすれば「ビジネスでの付き合い」だとしても、相手の女性にしてみれば「不倫相手・浮気相手」となってしまうこともあります。

お客さんの奥さんや彼女から、嫌がらせをされた際の対処法をご紹介いたします。

直接、連絡がきた場合

相手の女性は、キャバ嬢であっても「不倫相手・浮気相手」として敵視している可能性が非常に高いです。
直接的にコンタクトを取ってきた場合、毅然と対応することが大事。
もちろん逆ギレ、横柄な態度では火に油を注ぎかねません。
『キャバクラ嬢』と『お客』である関係性をしっかりと伝えることが重要です。

無言電話、暴言などの嫌がらせを受けた場合

否応なしに、いきなり罵声を浴びせる電話やメール、LINEなどのメッセージ受信もあります。
この場合は、相手の女性は感情的になっていて、冷静な判断ができる状態ではない可能性が高いため危険です。
弁明したり、連絡を取り合ったりせず、まずは無視をしましょう。
そして必ず、着信履歴や受信したメッセージなどはバックアップや画像保存をしておくことが大事です。
継続的に嫌がらせがあれば、警察へ相談することも考えなければいけません。

浮気相手、不倫相手と疑われて訴える!と言われたら?

お客さんとして扱っていたとしても、相手の男性が本気になるパターンは少なくありません。
実際に既婚者であっても、キャバ嬢に本気で恋をしてしまうことがあるからです。
その場合、相手の奥さんや彼女に「あなたのせいで別れることになった、精神的苦痛を受けた、訴えてやる!」と言われることも可能性として低くありません。

この場合、肉体関係の有無・連絡を取り合っていた頻度・キャバクラ店外での接点など『不貞行為』に当たらないという事実をしっかり相手に説明する必要があります。
状況を説明しても納得してもらえない場合は、まずは店長やオーナーに相談し、第三者からの説明をしてもらうなどの対処が必要です。

キャバ嬢で不倫相手、浮気相手と疑われて嫌がらせを受けたら

キャバ嬢は「色恋営業」や「アフター営業」などという接客方法も駆使して、固定客を作らなければいけない職種です。
こちらはビジネス相手として接していても、人間関係・コミュニケーションの駆け引きによって、相手方のパートナーには誤解や苦痛を与えてしまう可能性があるのも事実。
無言電話や、文句の連絡が数回で済めば良いですが、中には数か月、数年と続けられるパターンもあります。
また、実際にそのような関係でなくても『不倫相手・浮気相手』と決めつけられ、訴える!と攻撃されることもあります。

毅然とした態度で、非がないこと、仕事上の付き合い(キャバクラ嬢と客)であること、恋愛関係ではない旨を丁寧に伝えることが大切ですが
それでも冷静に話し合えない、暴言・罵倒を繰り返されるなど継続的な嫌がらせを受けた場合は、弁護士に相談することも大切です。

まとめ

思い込みやアフター営業などにより相手の女性から訴えられるという事例もありますので、その場合はすみやかに弁護士に相談することが早期解決へと繋がります。
しかし、勘違いで訴えられたり、嫌がらせの被害を受けたりした場合でも
弁護士への相談料や着手金、報酬料などの費用は自費になるのです。
自分の身を守るためとはいえ、大きな出費・負担になることでしょう。

そんな時は『弁護士に相談・依頼する際の費用を補償する』、「弁護士保険」を活用するのもおすすめです。

夢を与える、高収入な職種であるキャバクラ嬢は厄介なトラブルに見舞われやすいものです。
今回のような事案だけでなく、様々な損害を受ける前に弁護士にすぐ相談できる環境を整えておくことも大事ですね。

この記事を書いた人

bengoshi-h
bengoshi-h
弁護士保険ステーションは弁護士保険会社3社を徹底比較するサイトです。

トラブルが起きた時でも対応できるようトラブルの対処法や、もしもの時に弁護士保険が役立つことを記事でお伝えできたらと思います。
この記事が気に入ったらはてブお願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

この記事が気に入ったらはてブ!

Twitterでトラブル対処法記事の発信中!

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル
弁護士保険を徹底比較

引受保険会社


ページトップ

ページトップ