相続が発生した場合の対処方法と事前準備 | 弁護士保険ステーション

相続が発生した場合の対処方法と事前準備

▲関連記事をチェック

相続

■相続

相続が発生した場合の対処方法と事前準備

「相続でもめるのは、他人ごと」
そんな風に考えていませんか?

ドラマで描かれる相続は超高所得層のはなしばかりです。
実際には、超高所得層ならば、顧問弁護士がいて、かなりシビアに対策をとっています。
そのため実際には、普通の家庭や、低所得層の家庭も、相続で嫌な目に遭うことがあります。

事例「遺産相続は、家庭の問題が拡大」

80歳になるA男さんは、東京の23区内に土地とビルを持っていました。
子どもは、40代の姉と弟の二人兄弟です。
奥さんは年の離れた女性でした。

夫婦は同郷で、二人とも名家の出身でありながらも、実の親が幼いころに死亡したり、離婚して家を出て行ってしまうなど、さみしい幼少時代を過ごしました。同じような境遇の二人は、心惹かれあい、結婚しました。

結婚するころには、A男さんは、有名大学の建築学科をでて、建築家になり、新宿に事務所を持ち、成功していました。
家事の経験が少ない奥さんのために、家政婦を雇っていました。
子供たちを私立中学に通わせるなど、優雅に育てました。

しかし、金のある夫婦に対し、嫉妬の視線もあります。
近所の子が遊びに来て、おもちゃを盗むこともあれば、手伝いにきた人が着物の帯留めや名品を盗むこともありました。しかし、とりたてて、騒ぎにすることなく、対応して生きてきました。
そのうえ、奥さんは、実の親に育てられたことがありません。子どもたちが成長過程で「お母さんなんか嫌い」と反抗しただけで、近所の人のところに「どうしよう」と泣きつくほど、親子関係をつくるのが苦手でした。

子どもたちが成人するころ、A男さんは、60歳を過ぎていました。
自分の仕事を子供に継がせたいと考えるようになります。
娘は、ハキハキしていてはっきりした性格でした。
息子は、なにごとにも慎重ですが、自信のなさそうな態度で、父親に反発していました。
A男さんと奥さんは、娘のほうが頼りになると思い込みます。
財産の管理は、妻と娘に託しました。

息子は、父親とは違う業界でしたが、エンジニアとして働きはじめました。
稼ぎはよくなくとも、まじめで丁寧な仕事ぶりで、誰からも好かれました。
しかし、人のいい息子に彼女ができると、姉は突然のことに不安になり、同棲していた二人のもとに乗り込み、別れさせます。

その後、息子は、近所の女性との縁談を進め、結婚します。
そのとき、今度は、A男さんが大反対をしました。

そして、家族がちぐはぐな状態のなか、A男さんは病気になり、命を落としました。
主のいなくなった一家に、もともとの知り合いが、金融商品の営業に来ます。
今後が心配でもあり、すぐに人を信じてしまう奥さんと娘は、土地を抵当に入れて契約を結んでしまいます。二人とも、社会で働いた経験はわずかでした。

後から、ひとづてに知った息子が調べたときにはすでに、手遅れでした。
お金を返済できず、家も土地も手放すことになりました。
息子の妻は、財産が消えたとわかると、半月で離婚を申し出て家を出ていきました。

一家は、住んでいた場所から離れ、家を借ります。
息子がひとりで稼ぎながら、奥さんと姉を扶養していくことになりました。
暮らしぶりは、苦しいものでした。
やがて、息子は50代の若さで病死し、その死を知らないまま、奥さんは亡くなりました。

先を見通した財産管理をしておけば、家族の不幸は次々と襲ってこなかったかもしれません。

家族のなかだけで、「こんな感じ」と決めてかかるのではなく、専門家の意見もきめ細やかに聞いてみてください。

いい弁護士にであれば、生きていく道が確かになります。
何かあったときに、ご家族を守ります。
弁護士料の心配がある方は、弁護士保険はとても有効な手段です。

この記事を書いた人

bengoshi-h
bengoshi-h
弁護士保険ステーションは弁護士保険会社3社を徹底比較するサイトです。

トラブルが起きた時でも対応できるようトラブルの対処法や、もしもの時に弁護士保険が役立つことを記事でお伝えできたらと思います。

「もしもの高額な支払いに備える」弁護士保険とは?

弁護士保険とは、弁護士に相談・依頼をする際の費用を補償してくれる保険です。

保険料の相場は月額3,000円程度となっており、着手金の相場額が30万円ということを考えると9年以内に弁護士に依頼を行えば元が取れるという計算になります。

自分で抱えきれない悩みがあった時に、弁護士保険に加入していれば弁護士に気軽に相談・依頼ができるので、トラブルの早期解決に繋げられます。

「弁護士保険ステーション」では弁護士保険取扱3社の「料金」「補償」「付帯サービス」などを分かりやすく比較できます。


会社によっては、弁護士保険に加入していることを表す「リーガールカード」や「ステッカー」の配布があり、トラブル抑止効果が期待できます。
そのほか、「弁護士紹介サービス」や「相談ダイヤルの設置」など、便利な付帯サービスが用意されています。

日常生活や職場などでトラブルがあった際に、確実に解決するには弁護士は頼りになる存在ですが、高い報酬がネックとなり簡単には依頼できないことも。
そんな弁護士費用に不安がある方は、弁護士保険への加入がおすすめです。

弁護士保険4社比較
法律相談料 偶発事故※3 一般事件※4 通算上限金額
100%※1
2.2万円/事案まで
100%※1
300万円/事案まで
70%※2
100万円/事案まで
1,000万円
  • ※1 実費相当額
  • ※2 着手金:(基準-5万)×70%
  • 単独型 弁護士保険 6年連続(2014~2019) 保有件数No1
  • 家族特約でご家族の保険料は半額
  • 弁護士費用の補償・トラブルの予防サポートサービス付保険
→弁護士保険ミカタの詳細はこちら
法律相談料 偶発事故※3 一般事件※4 通算上限金額
100%※1
2.2万円/事案まで
100%※2
100万円/事案まで
100%※2
100万円/事案まで
1,200万円
  • ※1 実費
  • ※2 着手金:(基準-5万)×100%
  • ライト+ レギュラー+ ステータス+の3プランから選べる!
  • 初期相談が無料の弁護士直通ダイヤルなど8つの付帯サービス
  • 一般事件の補償が充実!
→弁護士保険コモン+の詳細はこちら
法律相談料 偶発事故※3 一般事件※4 通算上限金額
実費
10万円を限度
実費
300万円を限度
補償対象外 -
  • 保険開始から使用可能な痴漢冤罪/被害ヘルプコール付き
  • 加害者になった時の対人/対物賠償保険付き
  • 気軽に加入できるリーズナブルな保険料
→男を守る弁護士保険・女を守る弁護士保険の詳細はこちら
法律相談料 偶発事故※4 一般事件※5 通算上限金額
なし
※1
70%
※2
70%
※2
1,000万円
  • ※1 初回法律相談60分無料の弁護士を紹介
  • ※2 着手金および報酬金の次の①②のいずれか少ない金額
     ①被保険者が弁護士に支払う金額
     ②基準法務費用×基本てん補割合(原則70%)
  • 追加保険料0円で家族も補償
  • 着手金報酬金の両方を補償
  • 免責金額の設定なし
→弁護士費用保険メルシーの詳細はこちら
  弁護士費用保険ミカタ 弁護士保険コモン+ 男を守る弁護士保険女を守る弁護士保険 弁護士費用保険メルシー
自動車事故被害者
自動車事故加害者 ×
突発的な事故(人身事故)
突発的な事故(物損事故)
自転車事故
上階からの水漏れ
欠陥住宅 ×
近隣問題 ×
遺産相続 ×
離婚問題 ×
リストラ ×
いじめ ×
医療過過 ×
金融商品問題 ×

\カンタン4社比較/

Twitterでトラブル対処法記事の発信中!

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル

引受保険会社


ページトップ