「いじめ保険」資料請求者 アンケート結果 | 弁護士保険ステーション

「いじめ保険」資料請求者 アンケート結果

▲関連記事をチェック

 

エール少額短期保険株式会社にて、「いじめ保険」の資料請求者に対してアンケートを実施されました。

 


 

アンケート概要

 

対象者:455名(いじめ保険の資料請求者)
回答数:38件
期間 :2019年9月20日~9月30日
公表日:2019年11月20日

 

詳細ページはこちらから

 

 


 

「いじめに遭ったとき弁護士の助言が役に立つと思った」が76%

 

いじめ保険に興味を持った理由(複数回答可)については、「いじめに遭ったとき、弁護士の助言が役に立つと思ったから」が最も多く、全体の76.3%を占めました。次いで、「専門の弁護士に相談できるサービスがあるから」が57.9%、「学校や相手方との交渉を弁護士に任せられると思ったから」が55.3%、「弁護士が助けてくれるという安心感が欲しいから」が55.3%となりました。

 

以上のことから、「いじめ保険」資料請求者の多くが、いじめ問題の解決に弁護士の活用が有効であると考えていることが分かりました。

 

 


 

「いじめに対する弁護士費用を補償してくれる」が73%

 

いじめ保険について良いと思った点(複数回答可)については、「いじめに対する弁護士費用を補償してくれる」が最も多く全体の73.7%を占めました。次いで「いじめ以外のトラブルも弁護士費用を補償してくれる」が68.4%と私生活上の様々なトラブルに対応する点が評価されました。

 

また「無料の安心サポートが利用できる(子どものいじめヘルプナビなど)」が55.3%、「18歳未満の子ども全員についても補償の対象になる」が47.4%、「保険料が安い」が44.7%(17人)となりました。弁護士費用の補償だけでなく、弁護士に気軽に相談できるサポート体制やお手軽な保険料が評価されました。

 

「いじめ保険」の詳細ページ

「いじめ保険」の詳細は以下ページからご覧いただけます。

 いじめ保険|エール少額短期保険|
 https://yell-lpi.co.jp/komon-i/?did=1031&aid=10310003

「もしもの高額な支払いに備える」弁護士保険とは?

弁護士保険とは、弁護士に相談・依頼をする際の費用を補償してくれる保険です。

保険料の相場は月額3,000円程度となっており、着手金の相場額が30万円ということを考えると9年以内に弁護士に依頼を行えば元が取れるという計算になります。

自分で抱えきれない悩みがあった時に、弁護士保険に加入していれば弁護士に気軽に相談・依頼ができるので、トラブルの早期解決に繋げられます。

「弁護士保険ステーション」では弁護士保険取扱3社の「料金」「補償」「付帯サービス」などを分かりやすく比較できます。


会社によっては、弁護士保険に加入していることを表す「リーガールカード」や「ステッカー」の配布があり、トラブル抑止効果が期待できます。
そのほか、「弁護士紹介サービス」や「相談ダイヤルの設置」など、便利な付帯サービスが用意されています。

日常生活や職場などでトラブルがあった際に、確実に解決するには弁護士は頼りになる存在ですが、高い報酬がネックとなり簡単には依頼できないことも。
そんな弁護士費用に不安がある方は、弁護士保険への加入がおすすめです。

弁護士保険3社比較
法律相談料 偶発事故 一般事件 通算上限金額
100%※1
2.2万円/事案まで
100%※1
300万円/事案まで
70%※2
100万円/事案まで
1,000万円
→弁護士保険ミカタの詳細はこちら
法律相談料 偶発事故 一般事件 通算上限金額
100%※1
2.2万円/事案まで
70%※2
200万円/事案まで
70%※2
200万円/事案まで
1,000万円
→弁護士保険コモンの詳細はこちら
  弁護士費用保険ミカタ 弁護士保険コモン 男を守る弁護士保険女を守る弁護士保険
×
×
×
×
×
×
×
×
×

\カンタン3社比較/

ミカタ

この記事を書いた人

bengoshi-h
bengoshi-h
弁護士保険ステーションは弁護士保険会社3社を徹底比較するサイトです。

トラブルが起きた時でも対応できるようトラブルの対処法や、もしもの時に弁護士保険が役立つことを記事でお伝えできたらと思います。

Twitterでトラブル対処法記事の発信中!

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル
ミカタ

引受保険会社


ページトップ