エアーハラスメントについて | 弁護士保険ステーション

エアーハラスメントについて

▲関連記事をチェック

今はいろいろなハラスメントがあるのですが、その中でも「エアーハラスメント」と呼ばれるものをご存知でしょうか?
エアーハラスメントには2つの意味がありますので、その両方の意味を理解した上で、加害者にも被害者にもならないようにしていくことが大切です。
ここでは、改めてエアーハラスメントについて詳しくお話していきたいと思います。

エアーハラスメント(エアハラ)とは?

エアーハラスメントというのは、「エアハラ」とも呼ばれています。
エアーハラスメントには2つの意味があるという話をしましたが、まずは1つ目の意味についてです。

1つ目は、エアコンや扇風機などの環境に関するハラスメントです。
特定の人にだけ風を当てたり、暑さや寒さを特定の人に我慢させたりといったものがこのエアーハラスメントに当たります。

2つ目のエアーハラスメントは、場の空気を乱すハラスメントです。
意図的に場の空気が悪くなるような言動をとったり、特定の誰かを貶めるような言動をとったりといったこともエアーハラスメントに当たります。
このように空調などのエアー、場の空気としてのエアーそれぞれにおいてハラスメントがあるわけです。

エアーハラスメントの被害に遭ったら

では、エアーハラスメントの被害に遭ったらどうしたらいいのでしょうか?
まずは社内への相談です。信頼できる上司や社内の相談窓口に訴えてみましょう。
上司や社内の相談窓口に訴えても変わらない場合には、勤務先の所在している都道府県を管轄している労働局や労働基準監督署に相談しましょう。
それでも改善が見られない場合には、弁護士へ相談してみましょう。
もし空調によるエアーハラスメントで体を壊しているのであれば診断書があったほうがいいですし、場の空気を乱すという意味でのエアーハラスメントでも可能であればメンタル面での診断書があるといいでしょう。
弁護士に相談したからといって絶対に裁判沙汰にするというわけではありません。
その時点で最適なアドバイスをしてくれるはずですので、その指示に従いましょう。
弁護士保険に加入していると、弁護士への相談やその後の依頼などもスムーズに進みます。費用面でも安心です。

「もしもの高額な支払いに備える」弁護士保険とは?

弁護士保険とは、弁護士に相談・依頼をする際の費用を補償してくれる保険です。

保険料の相場は月額3,000円程度となっており、着手金の相場額が30万円ということを考えると9年以内に弁護士に依頼を行えば元が取れるという計算になります。

自分で抱えきれない悩みがあった時に、弁護士保険に加入していれば弁護士に気軽に相談・依頼ができるので、トラブルの早期解決に繋げられます。

「弁護士保険ステーション」では弁護士保険取扱3社の「料金」「補償」「付帯サービス」などを分かりやすく比較できます。


会社によっては、弁護士保険に加入していることを表す「リーガールカード」や「ステッカー」の配布があり、トラブル抑止効果が期待できます。
そのほか、「弁護士紹介サービス」や「相談ダイヤルの設置」など、便利な付帯サービスが用意されています。

日常生活や職場などでトラブルがあった際に、確実に解決するには弁護士は頼りになる存在ですが、高い報酬がネックとなり簡単には依頼できないことも。
そんな弁護士費用に不安がある方は、弁護士保険への加入がおすすめです。

弁護士保険3社比較
法律相談料 偶発事故 一般事件 通算上限金額
100%※1
2.2万円/事案まで
100%※1
300万円/事案まで
70%※2
100万円/事案まで
1,000万円
→弁護士保険ミカタの詳細はこちら
法律相談料 偶発事故 一般事件 通算上限金額
100%※1
2.2万円/事案まで
70%※2
200万円/事案まで
70%※2
200万円/事案まで
1,000万円
→弁護士保険コモンの詳細はこちら
  弁護士費用保険ミカタ 弁護士保険コモン 男を守る弁護士保険女を守る弁護士保険
×
×
×
×
×
×
×
×
×

\カンタン3社比較/

ミカタ

この記事を書いた人

bengoshi-h
bengoshi-h
弁護士保険ステーションは弁護士保険会社3社を徹底比較するサイトです。

トラブルが起きた時でも対応できるようトラブルの対処法や、もしもの時に弁護士保険が役立つことを記事でお伝えできたらと思います。

Twitterでトラブル対処法記事の発信中!

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル
ミカタ

引受保険会社


ページトップ