エイジハラスメントについて | 弁護士保険ステーション

エイジハラスメントについて

▲関連記事をチェック

日本人というのは、世界的に見ても年齢にこだわる傾向があります。
そのため、年齢に関係したハラスメントも横行するようになりました。
それがエイジハラスメントです。エイジハラスメントと一口に言ってもいろいろなものがあります。
日本人だからこそ、エイジハラスメントについてしっかりと理解を深めておく必要があるといえるでしょう。

エイジハラスメント(エイハラ)とは?

エイジハラスメントというのは、「エイハラ」とも呼ばれています。
主に中高年の方に対して年齢による職務能力の低下などを侮辱するといった嫌がらせがエイジハラスメントに当たります。
「おばさん」「おじさん」「ばばあ」「じじい」といった呼び方はもちろん、「使えない」といった言葉を投げかけるのもエイジハラスメントになります。
もともとは中高年がエイジハラスメントの被害に遭っていたのですが、最近では若い世代の方へのエイジハラスメントも横行しているようです。
「若い子がいたほうが盛り上がるから」と接待に呼ばれるなどもエイジハラスメントに当たります。
どちらにしても、エイジハラスメントは人を不快にさせるものです。

エイジハラスメントの被害に遭ったら

では、エイジハラスメントの被害に遭ったらどうしたらいいのでしょうか?
エイジハラスメントというのは基本的に最初から悪意を持っておこなわれていることが多いため、明確な意思表示をしてもあまり効果はないかもしれません。
そうなってくると、会社の相談窓口や上司に相談して、会社としてのエイジハラスメントへの対応というものを求める必要があります。
年齢という誰もが平等に重ねていくものに対して侮辱するという行為は会社としては見過ごせないはずです。
ただ、会社の相談窓口や上司に相談しても会社としての対応が期待できないということもあるでしょう。
そうなった場合、SNSなどですべてをぶちまけたいという気持ちになるかもしれませんが、そこは一旦ぐっとこらえて弁護士に相談するようにしましょう。
弁護士への相談や依頼となってくるとハードルが高く感じられるかもしれませんが、弁護士保険があれば費用面でも安心ですし、然るべき対応を取るべきだという前例を作ることにもつながります。

「もしもの高額な支払いに備える」弁護士保険とは?

弁護士保険とは、弁護士に相談・依頼をする際の費用を補償してくれる保険です。

保険料の相場は月額3,000円程度となっており、着手金の相場額が30万円ということを考えると9年以内に弁護士に依頼を行えば元が取れるという計算になります。

自分で抱えきれない悩みがあった時に、弁護士保険に加入していれば弁護士に気軽に相談・依頼ができるので、トラブルの早期解決に繋げられます。

「弁護士保険ステーション」では弁護士保険取扱3社の「料金」「補償」「付帯サービス」などを分かりやすく比較できます。


会社によっては、弁護士保険に加入していることを表す「リーガールカード」や「ステッカー」の配布があり、トラブル抑止効果が期待できます。
そのほか、「弁護士紹介サービス」や「相談ダイヤルの設置」など、便利な付帯サービスが用意されています。

日常生活や職場などでトラブルがあった際に、確実に解決するには弁護士は頼りになる存在ですが、高い報酬がネックとなり簡単には依頼できないことも。
そんな弁護士費用に不安がある方は、弁護士保険への加入がおすすめです。

弁護士保険3社比較
法律相談料 偶発事故 一般事件 通算上限金額
100%※1
2.2万円/事案まで
100%※1
300万円/事案まで
70%※2
100万円/事案まで
1,000万円
→弁護士保険ミカタの詳細はこちら
法律相談料 偶発事故 一般事件 通算上限金額
100%※1
2.2万円/事案まで
70%※2
200万円/事案まで
70%※2
200万円/事案まで
1,000万円
→弁護士保険コモンの詳細はこちら
  弁護士費用保険ミカタ 弁護士保険コモン 男を守る弁護士保険女を守る弁護士保険
×
×
×
×
×
×
×
×
×

\カンタン3社比較/

ミカタ

この記事を書いた人

bengoshi-h
bengoshi-h
弁護士保険ステーションは弁護士保険会社3社を徹底比較するサイトです。

トラブルが起きた時でも対応できるようトラブルの対処法や、もしもの時に弁護士保険が役立つことを記事でお伝えできたらと思います。

Twitterでトラブル対処法記事の発信中!

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル
ミカタ

引受保険会社


ページトップ