ソーシャルハラスメントとは? | 弁護士保険ステーション

ソーシャルハラスメントとは?

▲関連記事をチェック

今は誰もがSNSなどのソーシャルメディアを使っている時代です。
SNSなどのソーシャルメディアでつながることで得られるものもあるのですが、つながってしまうからこそ発生してくるデメリットも出てきています。
そのひとつがソーシャルハラスメントと呼ばれるものです。
SNSなどを使っている方であれば誰もが加害者にも被害者にもなり得るものですので、ソーシャルハラスメントについてきちんと理解しておきましょう。

ソーシャルハラスメント(ソーハラ)とは?

ソーシャルハラスメントというのは、「ソーハラ」とも呼ばれています。
これはソーシャルメディアを通したハラスメントで、SNSなどのソーシャルメディアに無理やり「いいね」をつけさせたり、許可なく個人が特定できるような写真などをアップロードしたりといった行為が該当します。
他にもSNS上での友達申請などを無理やり承認させる、SNSアカウントの情報を無理やり聞き出す、SNSの投稿を監視するなどもソーシャルハラスメントになります。
まるで小学生同士のやり取りのようですが、同じようなことが社会人の間でも起こっているのです。
本来であればSNSなどのソーシャルメディアというのはプライベートな部分になりますので、そこまで踏み込まれる筋合いはなく、大きなストレスになります。

ソーシャルハラスメントの被害に遭ったら

では、ソーシャルハラスメントの被害に遭ったらどうすればいいのでしょうか?
基本的に真っ当な会社であれば相談窓口に訴えれば、何かしらの対応を取ってくれるはずです。
というのも、今はSNSなどでの炎上が企業に大ダメージを与えることもあるからです。
そのリスクを考えれば、すぐにでも対応するのが普通ですし、ソーシャルメディアに関する教育も徹底するはずです。
ただ、会社側が取り合わないのであれば、すぐに弁護士に相談するようにしてください。
ソーシャルハラスメントでは対応が遅れると個人情報をインターネット上にばらまかれるような可能性もあります。
今はソーシャルメディアに強い弁護士もいますので、弁護士への相談や依頼を前向きに検討していきましょう。
弁護士保険に加入していると、費用面でも安心です。

「もしもの高額な支払いに備える」弁護士保険とは?

弁護士保険とは、弁護士に相談・依頼をする際の費用を補償してくれる保険です。

保険料の相場は月額3,000円程度となっており、着手金の相場額が30万円ということを考えると9年以内に弁護士に依頼を行えば元が取れるという計算になります。

自分で抱えきれない悩みがあった時に、弁護士保険に加入していれば弁護士に気軽に相談・依頼ができるので、トラブルの早期解決に繋げられます。

「弁護士保険ステーション」では弁護士保険取扱3社の「料金」「補償」「付帯サービス」などを分かりやすく比較できます。


会社によっては、弁護士保険に加入していることを表す「リーガールカード」や「ステッカー」の配布があり、トラブル抑止効果が期待できます。
そのほか、「弁護士紹介サービス」や「相談ダイヤルの設置」など、便利な付帯サービスが用意されています。

日常生活や職場などでトラブルがあった際に、確実に解決するには弁護士は頼りになる存在ですが、高い報酬がネックとなり簡単には依頼できないことも。
そんな弁護士費用に不安がある方は、弁護士保険への加入がおすすめです。

弁護士保険3社比較
法律相談料 偶発事故 一般事件 通算上限金額
100%※1
2.2万円/事案まで
100%※1
300万円/事案まで
70%※2
100万円/事案まで
1,000万円
→弁護士保険ミカタの詳細はこちら
法律相談料 偶発事故 一般事件 通算上限金額
100%※1
2.2万円/事案まで
70%※2
200万円/事案まで
70%※2
200万円/事案まで
1,000万円
→弁護士保険コモンの詳細はこちら
  弁護士費用保険ミカタ 弁護士保険コモン 男を守る弁護士保険女を守る弁護士保険
×
×
×
×
×
×
×
×
×

\カンタン3社比較/

ミカタ

この記事を書いた人

bengoshi-h
bengoshi-h
弁護士保険ステーションは弁護士保険会社3社を徹底比較するサイトです。

トラブルが起きた時でも対応できるようトラブルの対処法や、もしもの時に弁護士保険が役立つことを記事でお伝えできたらと思います。

Twitterでトラブル対処法記事の発信中!

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル
ミカタ

引受保険会社


ページトップ