ネットストーカー被害を受けたら相談すべき場所と対策 | | 弁護士保険ステーション

ネットストーカー被害を受けたら相談すべき場所と対策

ネットストーカー被害を受けたら相談すべき場所と対策

ネットストーカーに遭ったら、誰でも、体中の血の気が引くような恐怖です。
相手がネットやシステムに弱い人ではありません。
恋愛に見える感情ですが、病的に執着している状態です。
もしくは、相手の感情を知るという概念がない人ということもあります。

相手の執着心の強さは、ネットで相手を追い詰める手段へのすさまじい集中力になります。
アプリやサイト、ウェブサービスは複雑で多岐にわたっています。
管理者や運営者が放置しているサイトや、運営者自身も責任をもって運営していないケースも多々あります。
そのため、放置されているサイトに投稿された場合、問い合わせても、対応してくれるとは限りません。

「いま、こうしているあいだにも、自分の情報を、どこでどんな風に拡散しているか」
適したプロに出会うまで、不安で不安で仕方ありません。
生きた心地はしません。

しかし、自分で直接対決する前に、そのときにわかる証拠を確保し、相談機関や警察に問い合わせましょう。
同時にネットストーカーに詳しい弁護士をさがし、対応策を聞きます。
警察に届け出たり、弁護士探す過程では、ときに理解してくれない人に出会うえば、傷つき、苦しんでいる内容も、5回も6回も話さなくてはならなくなります。
徐々に疲労し、説明し、理解してもらうプロセスに心身ともに衰弱します。

犯罪が起こると、「注意しておけばよかったのに」と言われます。
そのため、何度も人に説明、弁解するにつれ、自分をせめ、疲弊します。
しかし、すべてのことに100%注意して生きている人はいません。

そして、トラブルを起こす人はきわめて一部ですが、そういう人は、何回も何人にも対し、問題を起こして、相手を傷つけて生きてきました。
本人は、自分のなかで、相手を痛めつけていいと思っている基準ができていることもあります。

これまで、日本の文化は、他国に比べれば、おだやかな常識が通じる文化でした。
しかし、常識を壊す人がでてきて、それに伴い、人の病理も多様化し、人と人の衝突は増えています。
そのなかで、衝突に慣れていないため、無防備ともいえるのが現状です。

自分だけではなく、家族や子供が何か危険に出会ったときに、すぐにプロに力になってもらう状況を保ちましょう。

ストーカーに遭いやすい人、注意が大切という見方もあります。
しかし、会社、学校、職場、街中と、それぞれ個性あるストーカーが狙いたいと思った相手がターゲットです。

家族が被害に遭ったとき、「あのとき、ああすればよかった」と、家族や自分を責める言葉を言いがちです。

悪いのは、相手です。

「悪いのが相手」
当たり前の正論を当たり前にしていくために、適した弁護士を雇える状況を確保てください。
弁護士保険は、普通の暮らしを求める人に必要な保険です。

トラブルで困っている方へのおすすめの保険
「弁護士保険」を知っていますか??

日常生活で離婚や、相続、職場トラブル、ご近所トラブルなどの法的トラブルに遭ってしまった場合に、解決のために弁護士に依頼するのは費用がかかりそう、どの弁護士に頼めば良いのかわからないなど、敷居が高いと感じている方もいるのではないでしょうか。 弁護士保険とは、法的トラブルの解決のため、弁護士等へ、依頼・相談をした際に発生する相談料、着手金、報酬金などの費用を補償する保険です。

弁護士保険がどんな保険なのか気になる方はぜひ無料資料請求を!今ならご成約・無料資料請求キャンペーンを実施中なので大変お得です!

関連記事

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル
弁護士保険を徹底比較

引受保険会社


ページトップ