ストーカー被害相談をする前の事前知識について | 弁護士保険ステーション

ストーカー被害相談をする前の事前知識について

ストーカーの被害は年々増加する傾向にあり、待ち伏せされたり、つきまとい、交際の要求や、一方的なプレゼントなど、ストーカーが行う迷惑行為は精神的にも、耐え難いものです。
ストーカーが凶悪犯罪にエスカレートし、被害者が命を落とした凄惨な事件もあり、2000年にはストーカー規制法が成立しました。
これによりストーカー行為を取り締まれるようになりましたが、警察に相談しても、犯罪性がないとか、犯罪が立証されていない、など違法行為が特定できないと警察は動けないのが現実です。相談するために事前に確認するべき注意点を紹介していきます。

ストーカーの相談について

ストーカーがエスカレートするのが怖くて警察に相談できないと思っている被害者もいます。そんな時に相談するのは、弁護士です。弁護士に相談すれば、具体的な解決法や、ストーカー行為の証拠の収集方法など、具体的で警察を動かすための助けにもなります。
被害を受けた時には、警察へ相談する時に同行してもらえば、警察も重い腰を上げずにはいられないはずです。
また、裁判所に対しても、接近禁止の仮処分をだしてもらう手続きなどもしてくれますし、弁護士費用が発生しますが、弁護士への相談は、ストーカーには有効な方法だと言えます。

弁護士費用の相場について

弁護士に相談した場合には、ストーカー対策に有効です。ところが、気になるのは弁護士に支払う弁護士費用だと思います。
弁護士費用の相場ですが、弁護士事務所や相談内容によって弁護士に依頼する内容も異なってきますので、一概には言えません。
参考までに、目安となる金額を記載しますが、実際に弁護士に依頼する際は、弁護士に見積をお願いしてください。
一般的な弁護士に依頼すれば掛かる費用を、内容別に説明すると、内容証明は5万円から、弁護士代理交は20万円位いから、刑事告訴は30万円程度から、民事訴訟は45万円程度からです。
あくまで一般的な金額ですので、弁護士によっても、被害内容によりますが、ストーカーに対しては、慰謝料請求することも可能で、その中から精算すれば費用を抑えることも可能ですので、弁護士に相談してみてください。

まとめ

まとめますと、ストーカー対策で弁護士に依頼する場合は、弁護士の選定が重要です。弁護士の良し悪しは調べることが非常に難しいので、親族や知人の紹介など、信頼できる弁護士がいないか確認してみましょう。非常に親身になってくれますし、失敗する可能性も低いです。
弁護士には、得意分野がありますので、ストーカー対策が専門外の場合でも、知り合いの弁護士を紹介してくれると思いますので、自分で弁護士を探す場合には、弁護士の得意分野を見極めて依頼することが重要です。

この記事を書いた人

bengoshi-h
bengoshi-h
弁護士保険ステーションは弁護士保険会社3社を徹底比較するサイトです。

トラブルが起きた時でも対応できるようトラブルの対処法や、もしもの時に弁護士保険が役立つことを記事でお伝えできたらと思います。
この記事が気に入ったらはてブお願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

この記事が気に入ったらはてブ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitterでトラブル対処法記事の発信中!

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル
弁護士保険を徹底比較

引受保険会社


ページトップ

ページトップ

日常トラブルの対処法をTwitterにて配信中!