ストーカー被害を受けたらどう対処すれば良いのか | 弁護士保険ステーション

ストーカー被害を受けたらどう対処すれば良いのか

▲関連記事をチェック

誰にでも、ストーカーに遭う危険性があります。

誰かに相談したいと思っても、友達や身近な人がよくわかってくれるとは限りません。
たとえば、「それ、モテる自慢?」など、人に相談すると、そんな風に言われてしまうこともあります。

この記事を書いた人

bengoshi-h
bengoshi-h
弁護士保険ステーションは弁護士保険会社3社を徹底比較するサイトです。

トラブルが起きた時でも対応できるようトラブルの対処法や、もしもの時に弁護士保険が役立つことを記事でお伝えできたらと思います。

絶対にかみ合わない「ストーカーのとの会話」

ストーカー行為をする人は、恋愛感情が高まって、いやがらせや付きまとい行為を行うわけではありません。
相手の脳や心の病気や障害で、執着しています。
相手を、一人の人として尊重する意識はみじんもありません。
ですから、相手の感情は、当然自分のものだと思い込んでいます。
そのため、自分やっていることが悪いことだとも思っていません。
むしろ、二人の未来のために、いいことをしているとすら、思っています。

自分で説得したら、被害は拡大

相手をまともな人として、自分で説得してもなんの意味もありません。

しっかりした友達や家族を頼ろうとしても、あまり効果はなく、むしろ逆上してしまうことにつながります。
素人が何度も戦っても、様々な手口のストーカー行為はどんどんエスカレートしていきます。
相手は、まともな人には理解できない狂気の持ち主です。
私たちは疲弊し、ストーカーは相手をされることで元気になり、攻撃力を高めていくでしょう。
その姿を知るにつれ、殺されるのではないか?という戦慄を味わうことになります。

ストーカーに遭っていることを周りの人に明かすときの注意

自分の心がボロボロになり、常に相手の攻撃を防ぐ動きが必要です。
日常生活でも、今までの自分ではいられなくなります。
そこで初めて周りの人に打ち明けると、「モテ自慢」とか、「油断していたんじゃないのか?」と言われてしまうこともあります。


ストーカーに狙われている生活は四六時中、気が抜けません。
自分自身でも、被害のつらさから自分の行動を責めないではいられない精神状態です。

「あのとき、あんな風に会わなければよかった」
「あのとき、あんなふうに、対応しなければよかった」

本当は被害者は反省しなくてもいいことですら、何百回も、何千回も反省しないではいられません。
被害が大きくなるにつれ、それによって自分の周りの人の被害が大きくなるにつれ、誰でも自分が悪かったと自分を追い詰めています。
もうボロボロで、自分を責めているとき、周りの人からも責められたら、どうでしょうか。
立ち上がれない辛さというのが、普通の人の感覚です。

弁護士に頼める安心感

小さな心配ができたとき、すぐに弁護士を依頼できる状態にあれば、トラブルも大きくならずに済みます。しかも、慣れている弁護士に頼めば、より対応がスムーズです。

自分で、しっかりした弁護士をつける出費をあらかじめ、確保しておく「弁護士保険」は、現代には医療以上に重要です。
病気の治療法は進化していますが、世の中のおかしい人は増加しています。
自分だけは大丈夫、ということはありません。

弁護士保険は、おかしい人に近寄ってこられたときに自分を守る保険です。
犯罪の報道を見るたびに、恐怖を感じるぐらいなら、弁護士保険に入って、安心して生活を送る道を選択しましょう。

「もしもの高額な支払いに備える」弁護士保険とは?

弁護士保険とは、弁護士に相談・依頼をする際の費用を補償してくれる保険です。

保険料の相場は月額3,000円程度となっており、着手金の相場額が30万円ということを考えると9年以内に弁護士に依頼を行えば元が取れるという計算になります。

自分で抱えきれない悩みがあった時に、弁護士保険に加入していれば弁護士に気軽に相談・依頼ができるので、トラブルの早期解決に繋げられます。

「弁護士保険ステーション」では弁護士保険取扱3社の「料金」「補償」「付帯サービス」などを分かりやすく比較できます。


会社によっては、弁護士保険に加入していることを表す「リーガールカード」や「ステッカー」の配布があり、トラブル抑止効果が期待できます。
そのほか、「弁護士紹介サービス」や「相談ダイヤルの設置」など、便利な付帯サービスが用意されています。

日常生活や職場などでトラブルがあった際に、確実に解決するには弁護士は頼りになる存在ですが、高い報酬がネックとなり簡単には依頼できないことも。
そんな弁護士費用に不安がある方は、弁護士保険への加入がおすすめです。

弁護士保険4社比較
法律相談料 偶発事故※3 一般事件※4 通算上限金額
100%※1
2.2万円/事案まで
100%※1
300万円/事案まで
70%※2
100万円/事案まで
1,000万円
  • ※1 実費相当額
  • ※2 着手金:(基準-5万)×70%
  • 単独型 弁護士保険 6年連続(2014~2019) 保有件数No1
  • 家族特約でご家族の保険料は半額
  • 弁護士費用の補償・トラブルの予防サポートサービス付保険
→弁護士保険ミカタの詳細はこちら
法律相談料 偶発事故※3 一般事件※4 通算上限金額
100%※1
2.2万円/事案まで
100%※2
100万円/事案まで
100%※2
100万円/事案まで
1,200万円
  • ※1 実費
  • ※2 着手金:(基準-5万)×100%
  • ライト+ レギュラー+ ステータス+の3プランから選べる!
  • 初期相談が無料の弁護士直通ダイヤルなど8つの付帯サービス
  • 一般事件の補償が充実!
→弁護士保険コモン+の詳細はこちら
法律相談料 偶発事故※3 一般事件※4 通算上限金額
実費
10万円を限度
実費
300万円を限度
補償対象外 -
  • 保険開始から使用可能な痴漢冤罪/被害ヘルプコール付き
  • 加害者になった時の対人/対物賠償保険付き
  • 気軽に加入できるリーズナブルな保険料
→男を守る弁護士保険・女を守る弁護士保険の詳細はこちら
法律相談料 偶発事故※4 一般事件※5 通算上限金額
なし
※1
70%
※2
70%
※2
1,000万円
  • ※1 初回法律相談60分無料の弁護士を紹介
  • ※2 着手金および報酬金の次の①②のいずれか少ない金額
     ①被保険者が弁護士に支払う金額
     ②基準法務費用×基本てん補割合(原則70%)
  • 追加保険料0円で家族も補償
  • 着手金報酬金の両方を補償
  • 免責金額の設定なし
→弁護士費用保険メルシーの詳細はこちら
  弁護士費用保険ミカタ 弁護士保険コモン+ 男を守る弁護士保険女を守る弁護士保険 弁護士費用保険メルシー
自動車事故被害者
自動車事故加害者 ×
突発的な事故(人身事故)
突発的な事故(物損事故)
自転車事故
上階からの水漏れ
欠陥住宅 ×
近隣問題 ×
遺産相続 ×
離婚問題 ×
リストラ ×
いじめ ×
医療過過 ×
金融商品問題 ×

\カンタン4社比較/

Twitterでトラブル対処法記事の発信中!

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル

引受保険会社


ページトップ