ストーカー被害を受けたらどう対処すれば良いのか | | 弁護士保険ステーション

ストーカー被害を受けたらどう対処すれば良いのか

誰にでも、ストーカーに遭う危険性があります。

誰かに相談したいと思っても、友達や身近な人がよくわかってくれるとは限りません。
たとえば、「それ、モテる自慢?」など、人に相談すると、そんな風に言われてしまうこともあります。

絶対にかみ合わない「ストーカーのとの会話」

ストーカー行為をする人は、恋愛感情が高まって、いやがらせや付きまとい行為を行うわけではありません。
相手の脳や心の病気や障害で、執着しています。
相手を、一人の人として尊重する意識はみじんもありません。
ですから、相手の感情は、当然自分のものだと思い込んでいます。
そのため、自分やっていることが悪いことだとも思っていません。
むしろ、二人の未来のために、いいことをしているとすら、思っています。

自分で説得したら、被害は拡大

相手をまともな人として、自分で説得してもなんの意味もありません。

しっかりした友達や家族を頼ろうとしても、あまり効果はなく、むしろ逆上してしまうことにつながります。
素人が何度も戦っても、様々な手口のストーカー行為はどんどんエスカレートしていきます。
相手は、まともな人には理解できない狂気の持ち主です。
私たちは疲弊し、ストーカーは相手をされることで元気になり、攻撃力を高めていくでしょう。
その姿を知るにつれ、殺されるのではないか?という戦慄を味わうことになります。

ストーカーに遭っていることを周りの人に明かすときの注意

自分の心がボロボロになり、常に相手の攻撃を防ぐ動きが必要です。
日常生活でも、今までの自分ではいられなくなります。
そこで初めて周りの人に打ち明けると、「モテ自慢」とか、「油断していたんじゃないのか?」と言われてしまうこともあります。


ストーカーに狙われている生活は四六時中、気が抜けません。
自分自身でも、被害のつらさから自分の行動を責めないではいられない精神状態です。

「あのとき、あんな風に会わなければよかった」
「あのとき、あんなふうに、対応しなければよかった」

本当は被害者は反省しなくてもいいことですら、何百回も、何千回も反省しないではいられません。
被害が大きくなるにつれ、それによって自分の周りの人の被害が大きくなるにつれ、誰でも自分が悪かったと自分を追い詰めています。
もうボロボロで、自分を責めているとき、周りの人からも責められたら、どうでしょうか。
立ち上がれない辛さというのが、普通の人の感覚です。

弁護士に頼める安心感

小さな心配ができたとき、すぐに弁護士を依頼できる状態にあれば、トラブルも大きくならずに済みます。しかも、慣れている弁護士に頼めば、より対応がスムーズです。

自分で、しっかりした弁護士をつける出費をあらかじめ、確保しておく「弁護士保険」は、現代には医療以上に重要です。
病気の治療法は進化していますが、世の中のおかしい人は増加しています。
自分だけは大丈夫、ということはありません。

弁護士保険は、おかしい人に近寄ってこられたときに自分を守る保険です。
犯罪の報道を見るたびに、恐怖を感じるぐらいなら、弁護士保険に入って、安心して生活を送る道を選択しましょう。

トラブルで困っている方へのおすすめの保険
「弁護士保険」を知っていますか??

日常生活で離婚や、相続、職場トラブル、ご近所トラブルなどの法的トラブルに遭ってしまった場合に、解決のために弁護士に依頼するのは費用がかかりそう、どの弁護士に頼めば良いのかわからないなど、敷居が高いと感じている方もいるのではないでしょうか。 弁護士保険とは、法的トラブルの解決のため、弁護士等へ、依頼・相談をした際に発生する相談料、着手金、報酬金などの費用を補償する保険です。

弁護士保険がどんな保険なのか気になる方はぜひ無料資料請求を!今ならご成約・無料資料請求キャンペーンを実施中なので大変お得です!

関連記事

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル
弁護士保険を徹底比較

引受保険会社


ページトップ