お客様がストーカーになった時の対処法! | 弁護士保険ステーション

お客様がストーカーになった時の対処法!

「ストーカー被害」と聞くと、女性だけのものだと思うかもしれませんが、
女性が男性をストーカーする事例もよくあります。
実際被害にあった場合、どのように対処したらよいのか、ご紹介いたします。

ホストという仕事の特性上、リスクは理解しておくべき

そもそも、ホストとはお客様に心地よい時間を提供する仕事です。当然、相手から好意を向けられることも多くありますし、好意を向けてもらうことがホストとしては必要になってくることも事実です。
だからこそ、その好意が叶わないと思わせてしまった時、予想のできない行動を取ることも当然あります。特に、ホストに通う女性の目的は「オンリーワンの存在」にしてもらうことです。その願望が叶わなかった時の影響は、ホストをする上でまずは想定しておくべきだと思います。

では、次にストーカーの度合別の対処法をご紹介いたします。

軽度のストーカー行為について

軽度のストーカー行為とは、例えばメールで「会いたい、好きです」等の好意の気持ちを
頻繁に伝えてくるレベルです。ホストをやっていれば、当然好意を伝えてもらえる機会は多いと思いますし、正直そこまで嫌な気持ちはしないかもしれません。ただ、あまりに頻繁に
しつこく伝えてくる場合は少し注意が必要です。このレベルはまだストーカーとは断定できず、その予備軍にあたる場合が多い段階です。

対処法【軽度】


軽度のレベルでしたら、そこまで生活にも支障がないとは思います。ですので、そのお客様の売上への貢献度合いでお店の人に相談するかどうか決めるのも良いでしょう。
あくまでお客様であることに変わりはありません。ですので、少し様子を見つつ、
重度のストーカーにならないかどうか、注意しておきましょう。

中度のストーカー行為について

軽度と中度の違いは何かというと「生活に支障がでてきているかどうか」です。
中度になるとメールや電話等の行為だけでなく、待ち伏せや帰り道をつけられたりします。
筆者自身も経験ありますが、用事があって電話に出なかっただけでメールが数十通送られてきたり、電話を何度もしつこくかけてきたりします。このレベルになってくると、少し身の危険を感じてくるレベルだと思います。一度ここまでエスカレートしてしまうと、自分だけで解決するのは難しく、対策を考える必要があります。

対処法【中度】


自分から注意するという選択肢もあるかもしれませんが、まずはお店に事実を伝え、お店側から伝えてもらえるようにお願いをしましょう。自分から注意をしてしまうと、逆効果になることも多くあります。対応に関してはお店側の方が慣れていると思いますので、お客様に注意してもらうなど、対処していただくのが良いと思います。ただ、ここまでくると注意だけで止まらないケースも多いため、より一層の警戒が必要です。

重度のストーカー行為について

重度のストーカー行為とは、注意や警告を受けても止めることなく、素人目で見ても警察に連絡したほうがいいレベルです。例えば、住んでいる家に押しかけてきてしまったり、家族や友人に迷惑が及んだり、生活に大きな影響がでているような段階です。最悪は命の危険にさらされるケースもあります。

対処法【重度】


ここまでエスカレートしてしまった場合は、迷うことなく警察に連絡をしましょう。時間の経過で解決することはなく、何か大きな事件に発展する可能性も高い状態です。
ただ、警察もただ「ストーカーされている」という事実だけでは動いてくれない可能性もあります。これまで受けてきたストーカー被害の証拠を揃えておきましょう

終わりに

いかがだったでしょうか。難しいのは、ただのストーカーではなくお客様というところです。
しかしホストという仕事上、ストーカー行為のような迷惑行為を受けることもあります。
何か起きてしまう前に事前の対処を是非検討してみてください。
ストーカー行為などで悩んでいる人の一助になれば、嬉しく思います。

この記事を書いた人

bengoshi-h
bengoshi-h
弁護士保険ステーションは弁護士保険会社3社を徹底比較するサイトです。

トラブルが起きた時でも対応できるようトラブルの対処法や、もしもの時に弁護士保険が役立つことを記事でお伝えできたらと思います。
この記事が気に入ったらはてブお願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

この記事が気に入ったらはてブ!

Twitterでトラブル対処法記事の発信中!

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル
弁護士保険を徹底比較

引受保険会社


ページトップ

ページトップ