交通事故を起こされてしまった時の、損害賠償請求や慰謝料の請求は? | | 弁護士保険ステーション

交通事故を起こされてしまった時の、損害賠償請求や慰謝料の請求は?

いつ、何がきっかけで巻き込まれてしまうのか分からないのが交通事故です。
万が一、交通事故を起こされてしまった時に損害賠償や慰謝料を請求するにはどうしたらいいのでしょうか?
この記事では、そんな疑問を分かりやすく解説していきます。

交通事故の被害者になってしまったらどうしたらいい?

交通事故の被害者になってしまった時は、次のように対応しましょう。
① 警察に届ける
事故を起こされたら、すぐに警察を呼びましょう。警察が到着すると、現場検証(どのような状況で事故が起こったのかを確かめる)と事情聴取が行われます。
☆事情聴取では、加害者と被害者、両者の聞き取りがされますので、しっかりと事実を主張しましょう。
②事故後、怪我をしたり痛みがあれば人身事故の届け出を提出する
事故後、少しでも何らかの痛みを感じたり、怪我をした場合は「人身事故」として届け出ましょう。☆届出を提出しておくことで、損害賠償請求ができるようになります。
③ 相手の連絡先を控えておく
 
損害賠償請求や慰謝料の交渉をする際に必要になりますので必ず控えておきましょう。
具体的には、相手の住所・車のナンバー・連絡先の3つは必ず残しておいた方が良いでしょう。
④ 賠償金や慰謝料の交渉する
① と②が終わったら相手と保険会社と交渉しましょう。
賠償請求や慰謝料の請求については次の章で詳しく解説していきます。
交通事故で一番多い怪我がむち打ちです。☆交通事故の場合は、慰謝料は賠償金の一部になります。

賠償金の内訳は、次の通りです。
① 怪我の治療のためにかかる費用
この費用には、治療にかかったお金以外にも、通院費、診断書の作成費用も含まれます。
② 休業費用
仕事を休まなくてはいけなくなった場合、休業していた間の給与分の金額です。
③ 後遺症に関する費用
後遺症があると診断された場合に請求できる費用。☆後遺症が原因で仕事に何らかの支障をきたした時に請求できる費用もあります。
交通事故の被害者が請求できる費用はこの3つです。

賠償請求の流れ

この章では、賠償請求の流れを解説していきます。
① 通院して治療を受ける
☆治療を受けたら必ず治療の内容と金額が分かるものを貰って保管しておきましょう。
②賠償金額を決める
加害者・被害者・保険会社の担当者の三者による話し合いで賠償金の金額を決めていきます。
☆金額の決定には、必ず根拠が必要になりますので、治療の記録を持っていきましょう。
③ 金額の支払い
保険会社から決められた金額が支払われます。
このような手続きを踏んで支払いが完了します。

まとめ

賠償請求をするためには、ご紹介したような手続きが必要になりますので早めに準備してきちんとお金を貰いましょう。

トラブルで困っている方へのおすすめの保険
「弁護士保険」を知っていますか??

日常生活で離婚や、相続、職場トラブル、ご近所トラブルなどの法的トラブルに遭ってしまった場合に、解決のために弁護士に依頼するのは費用がかかりそう、どの弁護士に頼めば良いのかわからないなど、敷居が高いと感じている方もいるのではないでしょうか。 弁護士保険とは、法的トラブルの解決のため、弁護士等へ、依頼・相談をした際に発生する相談料、着手金、報酬金などの費用を補償する保険です。

弁護士保険がどんな保険なのか気になる方はぜひ無料資料請求を!今ならご成約・無料資料請求キャンペーンを実施中なので大変お得です!

関連記事

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル
弁護士保険を徹底比較

引受保険会社


ページトップ