あおり運転をされた場合の対策は? | | 弁護士保険ステーション

あおり運転をされた場合の対策は?

運転していてよく起こるのが煽り運転による事故です。煽り運転をされると、パニックになってしまう。という方も多いのではないでしょうか?
しかし、煽り運転は正しく対応すれば被害に遭うことはなくなります。この記事では、煽り運転をされた時の正しい対策をご紹介します。

煽り運転とは?

そもそも煽り運転とはどのような行為か確認しておきましょう。煽り運転とは、運転手の集中力を低下させる行為のことで、次のような行動を指します。
① クラクションを必要以上に鳴らす。
クラクションを必要以上に鳴らして相手をいかくしてプレッシャーを与えるのも煽り運転になります。
② ぶつかる寸前まで幅寄せをする
この行為は、接触事故の危険がある行為なので煽り運転になります。
③ 前の車をわざと追い越す
この行動は、前の車が止まれなかった場合、大事故になってしまう可能性がある非常に危険な行為です。
④ ぴったりと横について走る
この行為も接触事故になってしまう危険があるので煽り運転になります。
⑤ ウインカーを出し続ける
ウインカーを出し続けられると、前を走る車は、後ろの車が曲がりやすいように、端に避けようとします。ですので、ウインカーを出し続けられると、いつまでも避け続けなければいけなくなり、前の車が自爆させてしまう危険があります。

煽り運転の原因

煽り運転をされるのには、もしかしたらあなたにも原因があるかも知れません。例えば次のような理由が考えられます。
① 車線変更をする
急に車線変更すると煽り運転をされる可能性が高いので車線変更をする時は、早めにウインカーを出しておきましょう。
② 規定の速度より大幅に遅いスピードで走る
あまりにも遅いスピードで走っていると「もう少し早く走るように。」という警告の意味をこめて煽り運転をされている可能性もあります。
③ 信号無視を繰り返す
信号無視を繰り返していると煽り運転をされる可能性があります
④ 賠償金目的でわざとやる
被害者を装って倍賞金を不正に貰おうとする人もいます。そのような場合は、すぐに警察に通報して事情を説明しましょう。煽り運転をされるときは主にこの4つの理由が考えられますので気をつけましょう。

煽り運転対策

① ビデオレコーダーを設置する
ビデオレコーダーを設置しておけば、証拠になるので、警察に訴えやすくなります。
② ステッカーを貼る
初心者マークや赤ちゃんが乗っていることを示すマークを付けておけば煽り運転の被害を受けることは少なります。
どちらもすぐにできるので実践してみましょう。

まとめ

煽り運転は、お互いに注意することで防ぐことができるので、交通ルールをしっかり守るように心がけましょう。

トラブルで困っている方へのおすすめの保険
「弁護士保険」を知っていますか??

日常生活で離婚や、相続、職場トラブル、ご近所トラブルなどの法的トラブルに遭ってしまった場合に、解決のために弁護士に依頼するのは費用がかかりそう、どの弁護士に頼めば良いのかわからないなど、敷居が高いと感じている方もいるのではないでしょうか。 弁護士保険とは、法的トラブルの解決のため、弁護士等へ、依頼・相談をした際に発生する相談料、着手金、報酬金などの費用を補償する保険です。

弁護士保険がどんな保険なのか気になる方はぜひ無料資料請求を!今ならご成約・無料資料請求キャンペーンを実施中なので大変お得です!

関連記事

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル
弁護士保険を徹底比較

引受保険会社


ページトップ