痴漢冤罪で逮捕された時の対処方法 | 弁護士保険ステーション

痴漢冤罪で逮捕された時の対処方法

▲関連記事をチェック

駅のホーム

「電車で痴漢と間違われて逮捕された」
「このまま手続きが進んでいったらどうなるんだろう?」
「冤罪を晴らしたい」

真面目に生きていても、痴漢と間違われて逮捕されてしまうケースがあります。そのようなときにどう対処したらよいのでしょうか?
以下で、ご説明します。

痴漢に間違われたときにとるべき行動

電車などで痴漢に間違われたら、その場で女性に騒がれて腕などをつかまれ、駅員室に連れて行かれそうになることがあります。そんなときには、以下のように対応しましょう。

はっきり「やっていない」と主張する


まずは「やっていない」とはっきり主張することが大切です。
女性が「痴漢!」と騒いだ場合、周囲の乗客なども女性の主張を信じてしまうことが多いものです。そうなると、被害女性と周囲の男性などが被疑者を取り押さえて電車の外に連れ出し、強い勢いで責めてくることもあります。
そうなると、気弱な人でなくても「もしかして、手が当たっていたのかもしれない」などと考えて「済みません」などと謝ってしまうケースがあります。

しかし、やってもいないことを認めたり謝ったりする対応は、まずいです。
「謝るだけなら認めたことにならない」とか、「謝って済むなら謝罪しよう」と思うかもしれませんが、相手にしてみたら、「痴漢をしたから謝っている」としか捉えません。つまり、謝罪すると、痴漢を認めたのと同じ意味に理解されます。
痴漢していないならば、謝ったり恐縮したりするのではなく、毅然とした態度で「やってない」「触ってない」「冤罪だ!」と主張しなければならないのです。
被疑者が堂々としていれば、周囲の人も「女性の言っていることがおかしいのではないか」と思い始めるものです。
現場を目撃していた人や動画撮影していた人がいたら、目撃証言や動画により、無実が明らかになることもあります。

できるだけ駅員室に行かずに立ち去る


電車で痴漢を疑われると、たいていのケースで駅員室に連れて行かれます。
しかし、いったん駅員室に行ったら、その場で警察を呼ばれてしまいますし、警察に連れて行かれたら刑事事件を免れにくいです。
そこで、できれば駅員室に行かずにその場を立ち去るべきです。
具体的には、はっきりとやっていないと主張して相手をひるませたり、目撃者に証言してもらったりして相手に勘違いだと気づかせましょう。「疑うなら、繊維鑑定やDNA鑑定をしてもらっても良い」と言うのも1つです。
それでも相手が納得しない場合には、名刺などを渡して連絡先を告げて「何かあったらこちらに連絡してもらったら良い」と言って立ち去ります。
心当たりの弁護士がいる場合には、電話などで弁護士に連絡をして、弁護士が到着するまで待つ方法もあります。

警察に逮捕された後の対処方法

電車のホーム

それでももし、警察に逮捕されてしまったらどのように対応すれば良いのでしょうか?

絶対に虚偽の自白をしない


一般的に、犯罪を認めず否認していると、逮捕後勾留されて長期の身柄拘束が続いてしまうケースが多いです。
その間、取調官から厳しく追及されるので、やってもいない事実を「自白」してしまう例が多々あります。
いったん取調べで自白してしまった場合、後の刑事裁判で真実を立証するのは非常に難しくなります。裁判官も「やっていないなら、どうしてこの時点で自白したのか?」と不審に思うからです。
やっていないなら、どんなに厳しい取り調べを受けても絶対に認めてはなりません。

できるだけ有利な証拠を集める


もう1つ重要なのが、証拠集めです。
痴漢冤罪を証明するためには、当時の電車内での立ち位置を含めた現場検証が必要ですし、被疑者の指先についた衣類などの繊維や体液などを鑑定することが役立つケースがあります。そこで、できるだけ早い段階での証拠保全が必要となります。

弁護人に依頼する


痴漢の疑いをかけられて逮捕されたとき、否認を貫くべきとは言っても精神的にもたず、虚偽の自白をしてしまう方がたくさんおられます。また、現場検証をするとはいっても、自分一人では限度があるでしょう。

そこで、早い段階で刑事弁護人に依頼すべきです。逮捕前に弁護士に依頼できたら、繊維鑑定によって証拠保全することも可能です。逮捕された場合でも、逮捕直後から弁護士に接見に来てもらい、虚偽の自白をしないようにアドバイスを受けたり、その後もしょっちゅう接見に来てもらって励ましてもらったりすることで、厳しい取り調べにも耐えられるものです。弁護人との接見は無制限に認められるので、その間取り調べが中断される効果もあります。
本当にやっていないことが明らかになったら、起訴を防ぐことも可能です。そうすれば前科もつきません。また、弁護士であれば、勤務先の会社などにもきちんと説明をしてくれるので、いきなり解雇されるなどのリスクも避けられます。
弁護士に依頼したいときには、当番弁護士を呼んでも良いですし、弁護士保険から紹介を受けたりウェブサイトで探したりする方法もあります。

やってもいない痴漢で逮捕されて有罪になると不利益が大きすぎます。できれば逮捕されないように対応して、もし逮捕されてしまったら早期に弁護士に相談・依頼しましょう。

「もしもの高額な支払いに備える」弁護士保険とは?

弁護士保険とは、弁護士に相談・依頼をする際の費用を補償してくれる保険です。

保険料の相場は月額3,000円程度となっており、着手金の相場額が30万円ということを考えると9年以内に弁護士に依頼を行えば元が取れるという計算になります。

自分で抱えきれない悩みがあった時に、弁護士保険に加入していれば弁護士に気軽に相談・依頼ができるので、トラブルの早期解決に繋げられます。

「弁護士保険ステーション」では弁護士保険取扱3社の「料金」「補償」「付帯サービス」などを分かりやすく比較できます。


会社によっては、弁護士保険に加入していることを表す「リーガールカード」や「ステッカー」の配布があり、トラブル抑止効果が期待できます。
そのほか、「弁護士紹介サービス」や「相談ダイヤルの設置」など、便利な付帯サービスが用意されています。

日常生活や職場などでトラブルがあった際に、確実に解決するには弁護士は頼りになる存在ですが、高い報酬がネックとなり簡単には依頼できないことも。
そんな弁護士費用に不安がある方は、弁護士保険への加入がおすすめです。

弁護士保険3社比較
法律相談料 偶発事故 一般事件 通算上限金額
100%※1
2.2万円/事案まで
100%※1
300万円/事案まで
70%※2
100万円/事案まで
1,000万円
→弁護士保険ミカタの詳細はこちら
法律相談料 偶発事故 一般事件 通算上限金額
100%※1
2.2万円/事案まで
70%※2
200万円/事案まで
70%※2
200万円/事案まで
1,000万円
→弁護士保険コモンの詳細はこちら
  弁護士費用保険ミカタ 弁護士保険コモン 男を守る弁護士保険女を守る弁護士保険
×
×
×
×
×
×
×
×
×

\カンタン3社比較/

ミカタ

この記事を書いた人

福谷陽子
福谷陽子元弁護士
京都大学法学部卒。
在学中に司法試験に合格したが、その後すぐには司法修習に行かず、1年遅らせてそれまで行きたかった世界中のいろいろな国に出掛ける。その後司法修習に行き修習を終え、弁護士登録2004年に弁護士登録。弁護士として勤務し3年経たない間に独立。2007年陽花法律事務所を設立して女性の視点から丁寧で柔軟なきめ細かい対応を得意とする。離婚や債務整理、交通事故や各種の損害賠償請求、遺産相続、中小企業の契約や事業承継など、数々の事件を取り扱う。刑事事件にも積極的に取り組み、一部無罪を獲得したことも。2013年、体調の関係で事務所を一旦閉鎖。現在は10年間の弁護士の経験を活かしウェブでのライターとして活動。

詳細

Twitterでトラブル対処法記事の発信中!

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル
ミカタ

引受保険会社


ページトップ