自動車保険の弁護士費用特約と、弁護士保険の違いは? | 弁護士保険ステーション

自動車保険の弁護士費用特約と、弁護士保険の違いは?

一般に「弁護士費用の保険」というと「自動車保険の弁護士費用特約」と「弁護士保険」を思い浮かべるでしょう。

この2つは、名称は似ていても異なる保険であり、適用されるケースや補償額などに大きな違いがあります

今回は、自動車保険の弁護士費用特約と弁護士保険の違いについて、解説していきます。

 

 

適用対象の事件

自動車保険の弁護士費用特約と弁護士保険は、適用される対象の事件がまったく異なります。

自動車保険の弁護士費用特約が適用されるのは、基本的に「自動車やバイクが関わる交通事故」のみです。交通事故であっても自転車同士の事故や自転車と歩行者の事故には適用されません。もちろんそれ以外の日常における事件や事故、離婚トラブルや債権回収のトラブルなどには一切適用されません。

一方弁護士保険の場合には、日常生活における事故や事件(ただし民事に限ります)、離婚や相続などの問題で弁護士が必要になったときにも適用されます。


交通事故以外の一般の案件でかかる弁護士費用についても補償を受けたければ、「弁護士保険」の契約をする必要があります

補償額

保険から支払われる金額についても違いがあります。

自動車保険の弁護士費用特約の場合、免責額はなく限度額まで100%の金額を負担してもらえます

一方弁護士保険の場合には、基本的に5万円までが免責となります。それを越える金額についてはかかった費用の7割が補償対象です。補償内容が手厚いのは自動車保険と言えます。

なお補償限度額は、両方とも300万円です。

保険料

年間の保険料についても、違いがあります。

自動車保険の弁護士費用特約の場合には、だいたい年間1500円程度です。

一方弁護士保険の契約をすると、毎月2980円かかります。

費用だけをみると自動車保険の方が安いのですが、それは自動車保険の適用対象が極めて限定されているためですから、必ずしも自動車保険がお得というわけではありません

付帯サービス

弁護士保険には、自動車保険の弁護士費用特約にはない付帯サービスがたくさんついています。

まず、弁護士に無料で電話相談できます。気になることがあれば、いつでも弁護士と直接話してアドバイスをもらえるので安心です。

また法律問題以外のさまざまな悩みについても各種の専門家に相談できるサービスを利用できます。

弁護士保険に加入していることを示すステッカーももらえるので、つけておけば痴漢などに遭いにくくなる効果もあります。

自動車保険の弁護士費用特約には、こういった付帯サービスはありません。

自動車保険の弁護士費用特約は基本的に交通事故に備えるだけのものなので、それ以外のケースに備えるには弁護士保険に加入しておく必要があります。今後の参考にしてみてください。

トラブルで困っている方へのおすすめの保険
「弁護士保険」を知っていますか??

日常生活で離婚や、相続、職場トラブル、ご近所トラブルなどの法的トラブルに遭ってしまった場合に、解決のために弁護士に依頼するのは費用がかかりそう、どの弁護士に頼めば良いのかわからないなど、敷居が高いと感じている方もいるのではないでしょうか。 弁護士保険とは、法的トラブルの解決のため、弁護士等へ、依頼・相談をした際に発生する相談料、着手金、報酬金などの費用を補償する保険です。

弁護士保険がどんな保険なのか気になる方はぜひ無料資料請求を!資料請求した方全員にもらえるキャンペーンを実施中なので大変お得です!

関連記事

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル
弁護士保険を徹底比較

引受保険会社

弁護士保険mikata
弁護士保険mikata

ページトップ