車をぶつけてしまった時の修理代は全額払うの? |  弁護士保険比較

弁護士保険ステーション

車をぶつけてしまった時の修理代は全額払うの?

交通事故

誰でも起こしてしまう可能性があることが他の人の車に車をぶつけてしまうということですよね。
「ぶつけてしまったら、修理代を負担しなければいけないのは分かるけど、やっぱり全額負担するべきなの?」こんな疑問を持っている方は多いのではないでしょうか?そんな疑問をこの記事では解決していきます。

車をぶつけてしまった時の対処法

修理代について解説していく前に車をぶつけてしまった時にどのように対応すれば良いのか解説していきます。

① 警察を呼んでその場で待機する
「ぶつけてしまった時点で罪に問われるのではないか。」と思われるかも知れませんが、車をぶつけてしまっただけでは、器物損害罪(物を壊してしまった時に問われるもの)にはなりません。
ただし、その場から離れてしまったら罪に問われる可能性がありますので、絶対に離れないようにしましょう。
②現場検証と事情聴取が行われる
警察による現場検証(事故が起きた時の状況を確認する)と被害者・加害者それぞれに事故発生当時の状況を詳しく聞く事情聴取が行われます。
☆事情聴取では、当時の状況をできるだけ正確に伝えて自分の主張もしっかりしましょう。
③賠償金の請求の有無の決定
現場検証と事情聴取の結果をもとに賠償金を請求できるかどうかが判断されます。
④賠償金の承諾(示談交渉)
さらに警察と当事者の3者で具体的な金額やどちらがどれくらい支払うのかという具体的なことを決めていきます。
⑤賠償金の支払い
賠償金が支払われたら終了です。

このような流れで、一つ一つの過程を丁寧にしていくことで、自分も相手も納得のいく交渉になります。

加害者になったら賠償金は全額支払わなければいけないの?

賠償金を全額支払わらなければいけないかどうかは、相手の状況や対応と自動車保険に加入しているかどうかで変わってきますので解説していきます。
① 相手の状況と対応
まず、相手が何かしらの怪我をしている場合は賠償金を支払わなければいけません。
この場合、車の修理代以外にも怪我の治療費も含まれますので、かなり高額になります。
また、相手がどのように対応するかによっても大きく変わってきますのでしっかりと話し合いを重ねてお互いが納得することが大切です。
② 自動車保険に入っているかどうか
自動車保険にお互いに加入していれば、保険会社が必ず負担してくれるので、全額支払う必要はなくなります。

まとめ

賠償金を全額支払わなければいけないかどうかは、誠実に対応できるかと自動車保険に加入しているかどうかがカギになりますので、心配な方は自動車保険に加入しておくことをおすすめします。

トラブルで困っている方へのおすすめの保険
「弁護士保険」を知っていますか??

日常生活で離婚や、相続、職場トラブル、ご近所トラブルなどの法的トラブルに遭ってしまった場合に、解決のために弁護士に依頼するのは費用がかかりそう、どの弁護士に頼めば良いのかわからないなど、敷居が高いと感じている方もいるのではないでしょうか。 弁護士保険とは、法的トラブルの解決のため、弁護士等へ、依頼・相談をした際に発生する相談料、着手金、報酬金などの費用を補償する保険です。

弁護士保険がどんな保険なのか気になる方はぜひ無料資料請求を!今ならご成約・無料資料請求キャンペーンを実施中なので大変お得です!

関連記事


ページトップ