金融商品問題をそのままにしておくとどうなるのか | | 弁護士保険ステーション

金融商品問題をそのままにしておくとどうなるのか

「働くのは古い。投資で生活しよう」
そんなフレーズを聞いたことはないでしょうか。

人生の不安材料は、いくつもあります。
自分は家族の病気、会社の倒産、災害など、様々な事案があります。
当然、本業の仕事以外での収入を考えたときに、投資や副業に関心を持つのも自然なことです。
そのため、高齢者や普通の人に狙いを定め、アプローチします。

「上場するので、必ず儲かる」
「社債を買ってくれたら、あとで高く買い取る」
「現金は、郵便や宅配便で送ってください」
「〇〇銀行の者ですが……」

相手が疑問を持つ間を与えずに、次々と、違う角度から、うのみにする話を切り出します。

(アプローチ事例)

Aさんは、30代公務員女性です。
習い事の友達のBさんに誘われ、高級レストランのイベントで、高級レストランのオーナーの奥さんCさんと知り合いになりました。
Aさんは良く働き、元気な女性です。
Cさんは、「自分の若いころのようだ。かわいいわ。」「ほっとけないわ。こういう場を利用して、婚活、がんばってね」と、A子さんを気に入ります。そのとき、Bさんとは別行動をしていました。
まわりは、セレブに見える人ばかりでした。アクセサリーデザイナーがいたら、高齢のご婦人は、高いアクセサリーを気楽に購入する姿も見ました。
少し気後れするAさんを、次々と、セレブな人脈に紹介してまわります。

その数日後、もっと親しくなりたいと言い、カフェでお茶をしよう、と言ってきました。
A子さんは、自分の勤務先以外の人との付き合いは少なく、信じやすいタイプでした。
Cさんは、若い男性の知人の会社の金融商品を渡してきます。
「よかったら、検討してくれないかしら? 今ならお得なの。イベントにいた〇〇さんも買っていたみたいなんだけど」
Aさんが戸惑っていると、今度は、Bさんの批判を混ぜて世間話が始まりました。Bさんは、言いなりにならないタイプです。
Aさんは、言いなりにならないと、悪評を立てるのかな、と思い、名刺交換もしてきたい人たちと、今後のおつきあいを考えると、無下にできませんでした。
そうして、数十万円の契約をしていました。お金がかえってこないとわかっても、Cさんは「大変みたいね」と他人事です。
Aさんは慌てて弁護士をさがしまくりましたが、詳しい弁護士さんは高額で、弁護士料は、損害と同じぐらいです。
悲しいけれど、泣き寝入りしました。
Aさんと同じように自分を責めて泣き寝入りしやすい分野です。
高齢者も狙われ老後の資金を失うことも多々あります。

Aさんはあらかじめ、金融商品について勉強すべきだったと今も自分を責めています。
誰も信用できなくなり、人とかかわるのが怖くなったと言っています。
もし同じような目にあう人がいたら、気が済むまで戦うほうがしこりが残らない、と言っています。


今は弁護士保険に加入し、何かあったときに、安心して戦える体制を選びました。
悲しい思いをした人がしっかりと準備する保険です。
ぜひ、検討してください。

トラブルで困っている方へのおすすめの保険
「弁護士保険」を知っていますか??

日常生活で離婚や、相続、職場トラブル、ご近所トラブルなどの法的トラブルに遭ってしまった場合に、解決のために弁護士に依頼するのは費用がかかりそう、どの弁護士に頼めば良いのかわからないなど、敷居が高いと感じている方もいるのではないでしょうか。 弁護士保険とは、法的トラブルの解決のため、弁護士等へ、依頼・相談をした際に発生する相談料、着手金、報酬金などの費用を補償する保険です。

弁護士保険がどんな保険なのか気になる方はぜひ無料資料請求を!今ならご成約・無料資料請求キャンペーンを実施中なので大変お得です!

関連記事

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル
弁護士保険を徹底比較

引受保険会社


ページトップ