金融商品問題が起きたら取るべき行動 | 弁護士保険ステーション

金融商品問題が起きたら取るべき行動

▲関連記事をチェック

頭を抱えている男性

金融商品問題が多く発生しています。
金融商品は確実に利益が得られるものではなく、高いリスクを持つものです。
しかし「確実に儲かる」と説明を受けたり、リスクについての説明がなされないなどにより、多額のお金を投資して、大きな損失を出してしまったケースが多く起こっています。

金融商品とは
銀行預金の場合、預金に対して利息がつけられます。
預入期間や金額、預金の種類によって利率はまちまちですが、預けた金額が減ることはありません。
しかし、金融商品の場合は、預金ではなく投資の性格が強く、預けた金額に対して高い利益が得られることもあれば、大きな損失を被ることもあります。
金融商品には、株式、社債、投資信託、先物取引、オプション取引、スワップ取引、CFD取引、FX、バイナリーオプションなど、多種類あります。
いずれも、大きな利益を得られる可能性がある反面、大きな損失を被る可能性もあります。
投資経験をお持ちの方であれば、ハイリスク・ハイリターンについてはよく理解されており、ご自身の手法で取引をされることが多いのですが、知識がない方は金融商品取引業者に「確実に儲かる」と勧められて、内容をよく理解しないまま契約して取引を始めることが多くあります。
投資はギャンブルではありません。
ギャンブルの場合、たとえばパチンコや競馬、競艇などにお金を使って、勝てずに損失となっても、それはすべて自己完結の行動であり、自己責任とされます。
しかし、投資において、金融商品取引業者による詐欺的な行為で損害が発生したり、銀行や証券会社などとの取引で起こった損害であっても、正当な手順ではない、違法と考えられる方法で販売されたケースについては、損害賠償が認められることがあります。

金融商品問題は弁護士に相談すべき
金融商品取引業者に「必ず儲かるから」と、強引な勧誘を受けての取引であったり、リスクについて十分な説明がなされないまま取引をさせられた場合、不法行為となる可能性が高いといえます。
金融商品の勧誘や契約、取引については「金融商品取引法」でそのルールが明確に定められています。
その法律に反した行為があった場合は、その取引によって生じた損失を損害賠償請求することができます。
消費生活センターでも相談を受付していますが、解決方法を提案されたり、業者に対しての指導を行なうまでにとどめられます。
法的に損害賠償請求まで進めたいのであれば、弁護士に依頼することが得策です。
業者との契約書、取引の明細、勧誘を受けた際のやりとりの状況や手元に残っている資料など、できるだけ多く集めたうえで相談しましょう。
業者との交渉、さらには訴訟を視野に入れての損害賠償請求など、スピーディに動いて下さるでしょう。

この記事を書いた人

bengoshi-h
bengoshi-h
弁護士保険ステーションは弁護士保険会社3社を徹底比較するサイトです。

トラブルが起きた時でも対応できるようトラブルの対処法や、もしもの時に弁護士保険が役立つことを記事でお伝えできたらと思います。

「もしもの高額な支払いに備える」弁護士保険とは?

弁護士保険とは、弁護士に相談・依頼をする際の費用を補償してくれる保険です。

保険料の相場は月額3,000円程度となっており、着手金の相場額が30万円ということを考えると9年以内に弁護士に依頼を行えば元が取れるという計算になります。

自分で抱えきれない悩みがあった時に、弁護士保険に加入していれば弁護士に気軽に相談・依頼ができるので、トラブルの早期解決に繋げられます。

「弁護士保険ステーション」では弁護士保険取扱3社の「料金」「補償」「付帯サービス」などを分かりやすく比較できます。


会社によっては、弁護士保険に加入していることを表す「リーガールカード」や「ステッカー」の配布があり、トラブル抑止効果が期待できます。
そのほか、「弁護士紹介サービス」や「相談ダイヤルの設置」など、便利な付帯サービスが用意されています。

日常生活や職場などでトラブルがあった際に、確実に解決するには弁護士は頼りになる存在ですが、高い報酬がネックとなり簡単には依頼できないことも。
そんな弁護士費用に不安がある方は、弁護士保険への加入がおすすめです。

弁護士保険4社比較
法律相談料 偶発事故※3 一般事件※4 通算上限金額
100%※1
2.2万円/事案まで
100%※1
300万円/事案まで
70%※2
100万円/事案まで
1,000万円
  • ※1 実費相当額
  • ※2 着手金:(基準-5万)×70%
  • 単独型 弁護士保険 6年連続(2014~2019) 保有件数No1
  • 家族特約でご家族の保険料は半額
  • 弁護士費用の補償・トラブルの予防サポートサービス付保険
→弁護士保険ミカタの詳細はこちら
法律相談料 偶発事故※3 一般事件※4 通算上限金額
100%※1
2.2万円/事案まで
100%※2
100万円/事案まで
100%※2
100万円/事案まで
1,200万円
  • ※1 実費
  • ※2 着手金:(基準-5万)×100%
  • ライト+ レギュラー+ ステータス+の3プランから選べる!
  • 初期相談が無料の弁護士直通ダイヤルなど8つの付帯サービス
  • 一般事件の補償が充実!
→弁護士保険コモン+の詳細はこちら
法律相談料 偶発事故※3 一般事件※4 通算上限金額
実費
10万円を限度
実費
300万円を限度
補償対象外 -
  • 保険開始から使用可能な痴漢冤罪/被害ヘルプコール付き
  • 加害者になった時の対人/対物賠償保険付き
  • 気軽に加入できるリーズナブルな保険料
→男を守る弁護士保険・女を守る弁護士保険の詳細はこちら
法律相談料 偶発事故※4 一般事件※5 通算上限金額
なし
※1
70%
※2
70%
※2
1,000万円
  • ※1 初回法律相談60分無料の弁護士を紹介
  • ※2 着手金および報酬金の次の①②のいずれか少ない金額
     ①被保険者が弁護士に支払う金額
     ②基準法務費用×基本てん補割合(原則70%)
  • 追加保険料0円で家族も補償
  • 着手金報酬金の両方を補償
  • 免責金額の設定なし
→弁護士費用保険メルシーの詳細はこちら
  弁護士費用保険ミカタ 弁護士保険コモン+ 男を守る弁護士保険女を守る弁護士保険 弁護士費用保険メルシー
自動車事故被害者
自動車事故加害者 ×
突発的な事故(人身事故)
突発的な事故(物損事故)
自転車事故
上階からの水漏れ
欠陥住宅 ×
近隣問題 ×
遺産相続 ×
離婚問題 ×
リストラ ×
いじめ ×
医療過過 ×
金融商品問題 ×

\カンタン4社比較/

Twitterでトラブル対処法記事の発信中!

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル

引受保険会社


ページトップ