金融商品詐欺を未然に防ぐ方法 | | 弁護士保険ステーション

金融商品詐欺を未然に防ぐ方法

最近でも、振り込め詐欺を始めとする、特殊詐欺によるトラブルや被害は、各種機会に注意喚起がされていますが、前年よりも増加しています。
更にその被害者のうち、60歳以上の高齢者は80%以上で、その中でも女性が70%を占めているなど、極めて大きな社会問題になっています。
そこで、高齢者の詐欺トラブルを未然に防ぐとともに、高齢者の消費者トラブル未然防止についてご紹介します。

特殊詐欺の現状について

振り込め詐欺については、現金受取型の手口が増加し、被害総額が増加しました。また振り込め詐欺以外の特殊詐欺については、未公開株や社債などへの金融商品への投資をうたう名目の特殊詐欺が急増しており、認知件数、被害総額がいずれも増加し、前年を上回る状況です。

オレオレ詐欺について

子供や孫を装って電話をかけてきて、携帯電話の番号が変わったとか、会社の携帯電話だから登録しておいて、などと携帯電話の番号を登録させるように言ってきます。
その際、風邪を引いてのどの調子が悪いなどと言って、声が違うことを怪しまれないようにしています。
そして、後日さまざまな理由で、トラブルが発生したから助けてほしいという電話をかけて、お金を要求する手口です。
会社のお金を使い込んでしまい今日中に穴埋めしなければいけない、電車の中に会社お金を入れた鞄を置き忘れた今日中に返済しないと解雇される、友人の借金の保証人になった、女性を妊娠させてもめているなどの内容が多いです。

オレオレ詐欺の対処法

携帯電話番号が変わった等という電話には元の電話番号に電話をかけて、本当かどうか確認してください。
相手が誰であっても、電話だけで現金の振り込みや手渡しなどを要求する場合は、詐欺であると疑ってかかってください。
普段から家族などと連絡を取り、合い言葉を決めるなど意思の疎通を図ってください。
冷静な対応をさせないために、上司や泣いている人など短時間で複数の人物が対応してくる、劇場型による仕掛けもあります。
金融機関のATMなどで現金を振り込ませる手口のほかにも、会社の同僚や上司、弁護士、サラ金業者、警察官等をかたり、犯人が現金を直接自宅や指定場所まで取りに来る手口が増加しています。

まとめ

まとめますと、ATMでは、自分が操作して、相手から自分の口座にお金を入金させることは、できません。
公的機関がお金を還付するためにATMへ行くように指示することは、絶対にありません。携帯電話を持ってATMへ行けと言われたら間違いなく詐欺です。絶対に行かないで警察や金融機関の職員に相談してください。

トラブルで困っている方へのおすすめの保険
「弁護士保険」を知っていますか??

日常生活で離婚や、相続、職場トラブル、ご近所トラブルなどの法的トラブルに遭ってしまった場合に、解決のために弁護士に依頼するのは費用がかかりそう、どの弁護士に頼めば良いのかわからないなど、敷居が高いと感じている方もいるのではないでしょうか。 弁護士保険とは、法的トラブルの解決のため、弁護士等へ、依頼・相談をした際に発生する相談料、着手金、報酬金などの費用を補償する保険です。

弁護士保険がどんな保険なのか気になる方はぜひ無料資料請求を!今ならご成約・無料資料請求キャンペーンを実施中なので大変お得です!

関連記事

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル
弁護士保険を徹底比較

引受保険会社


ページトップ