ペット保険でよくあるトラブルは何? | | 弁護士保険ステーション

ペット保険でよくあるトラブルは何?

チワワ

ペットが病気やけがをした際には動物病院で診察を受けますが、ペットには健康保険制度がないので、ペット保険に加入する方が増えています。日本損害保険協会と日本少額短期保険協会の2014年のデータによれば、ペット保険加入率は、5.2%となっています。2018年現在でも、5~8%程度と推測されます。

ペット保険未加入の場合には、動物病院での診察代が全額負担になります。診察代金も高額化の傾向がありますので、ペット保険への加入が推奨されており、ペット保険加入率は今後も少しずつ高まっていくものと思われます。

しかし、残念なことですが、ペット保険に関してもトラブルが存在します。一体、どのようなトラブルが多いのか、解説いたします。

トラブルの大半は期待していた保険金を受け取れないこと

ペットトラブルの大半は期待していた保険金が受け取れないことです。そのような事態に陥ってしまう原因は、ペット保険の複雑さにあります。

トラブルの大半は期待していた保険金を受け取れないこと


ペット保険のトラブルのほとんどは、ペットの飼い主が期待していた保険金を受け取ることができなかった、というものです。

期待していた保険金を受け取れない理由としては、以下のような事情です。

・病気にかかったペットがペット保険の対象となっている動物ではなかった
・ペットのかかった病気が、保険支払い対象外の病気だった
・保険の約款により支払限度額が設定されており、期待したよりも保険金が少なかった
・動物病院にかかった後、保険会社への申請が遅れてしまい、期日を過ぎてしまったため、保険金を受け取ることができなかった

ペット保険が適用外になる場合


ペット保険が適用外になる具体的な場面について解説します。

・ワクチンなどによって予防可能な病気
狂犬病/犬パラインフルエンザ感染症/犬コロナウイルス感染症/フィラリア症など
※ただし、ワクチンを接種して有効期間中であったにもかかわらず発症した場合には、保険金が支払われるケースが多いようです。

・先天性、あるいは発達異常を原因とする病気
ウォブラー症候群/股関節形成不全/レッグペルテス病/眼瞼外反など

・疾病治療ではない施術・手術
爪の除去/肛門腺除去/声帯除去/美容整形/膝ヘルニアなど


また、ケガや病気が発症した状況によっても保険金支払いの対象外となる場合があります。
例えば、飼い主の重過失によって病気やケガが発症した場合、ペットを購入した時点で既に病気を発症していた場合、台風や地震などの自然災害によって生じたケガなどの場合です。

細かい部分はペット保険の商品によって異なりますので、契約前に約款を注意深く確認する必要があります。

その他のトラブル例


保険金の受取以外にも以下のようなトラブルが発生しています。

・ペットショップでペットを購入した際に、気が付かないうちにペット保険にも加入させられていた。
・月途中で解約したにもかかわらず、保険金を月額満額請求された
・ペット保険の補償内容が、契約中に突然変更になった
・ペットが高齢の場合、保険料金が極端に高額になる
・ペットが大きな病気をしてしまった後、契約の更新をペット保険会社から断られてしまった

ペット保険トラブルが生じてしまう背景

ペット保険トラブルが生じてしまう背景について紹介します。

保険会社と契約者間での保険内容の認識の食い違い


保険金が受けられないケースでも、その他のトラブルのケースでも、ペットの飼い主がペット保険の内容を正確に把握できていないことにより多くのトラブルが発生しています。
では、ペットの飼い主が著しく注意を欠いていたのかといえば、そうとも言い切れません。

ペット保険は、さまざまな動物の種類を扱い、病気やけがのパターンも非常に多いので、内容が非常に複雑なのです。
また、ペット保険会社のサービス内容もさまざまなで、約款を正確に把握することが非常に難しいのです。

ペット保険産業界の特徴


ペット保険は、サービスが始まってからまだ15年ほどしか経過していません。特に、サービス開始直後は、悪質な業者によるトラブルが多数起こっていました。

また、ペット保険は生命保険などのような対面での契約よりもインターネット契約や資料請求後の契約書郵送での契約が主流となっているので、余計にトラブルが発生しやすい背景があります。

まとめ

プードル

ペット保険でよくあるトラブルについて解説しました。

保険は、万が一の時のために困らないために加入しておくものですが、保険が適用になると思った場面で保険金が支払われないときにやはり多くのトラブルが発生しています。

トラブルを防ぐためには、約款を注意深く確認し、ご自身のペットが保険の対象となっているか否か、どのような時に保険が支払われないかを正確に把握しておくことです。また、不誠実な保険会社に対して泣き寝入りしてしまうことがないように、保険内容についての最低限の知識を持っておくことです。

正当な理由なく保険金が支払われない場合には、保険会社相手に裁判で争う可能性もあります。そういったときには、弁護士事務所に相談するのが良いでしょう。

トラブルで困っている方へのおすすめの保険
「弁護士保険」を知っていますか??

日常生活で離婚や、相続、職場トラブル、ご近所トラブルなどの法的トラブルに遭ってしまった場合に、解決のために弁護士に依頼するのは費用がかかりそう、どの弁護士に頼めば良いのかわからないなど、敷居が高いと感じている方もいるのではないでしょうか。 弁護士保険とは、法的トラブルの解決のため、弁護士等へ、依頼・相談をした際に発生する相談料、着手金、報酬金などの費用を補償する保険です。

弁護士保険がどんな保険なのか気になる方はぜひ無料資料請求を!今ならご成約・無料資料請求キャンペーンを実施中なので大変お得です!

関連記事

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル
弁護士保険を徹底比較

引受保険会社


ページトップ