ペット葬儀でのトラブルと対処法について | 弁護士保険ステーション

ペット葬儀でのトラブルと対処法について

▲関連記事をチェック

ペット

 現代におけるペットは私たちにとって、単なる「ペット」としての枠組みに収まらず、家族としての役割も担っているといっても過言ではありません。そんな大事なペットが亡くなった時は、飼い主としては大切な家族の一員が亡くなったような悲しさを感じるはずです。しかし、近年ペットの葬儀に関する問題が多発しています。悪徳業者に任せてしまったばかりに、ペットを適切に葬儀するのではなく不当に遺棄したり、葬儀代金を高額請求する業者が話題になりました。大切なペットの最期が粗末に扱われてしまうなんて嫌ですよね。では、ペット葬儀でのトラブルにはどんなものがあるのでしょうか。また、どのようにしたらトラブルに遭わずに済むのでしょうか。今ペットがいる人も、もしものときに備えることで不当な業者からペットを守ることができるはずです。

この記事を書いた人

bengoshi-h
bengoshi-h
弁護士保険ステーションは弁護士保険会社3社を徹底比較するサイトです。

トラブルが起きた時でも対応できるようトラブルの対処法や、もしもの時に弁護士保険が役立つことを記事でお伝えできたらと思います。

ペット葬儀で起こるトラブル

ペット葬儀で起こるトラブルとしては、具体的に以下の3つが考えられます。

・高額な請求される
まず、起こりうるのが高額な請求をされるケースです。自分の大事なペットが亡くなったら早く葬儀をしてあげなければならないという気持ちから即座にネットなどで火葬業者に連絡するでしょう。しかし、ここでよく調べないと悪徳業者に依頼してしまうことになります。家族の一員の大事なペットが亡くなれば、あなたは大事に葬儀をしてあげたいという気持ちになるでしょう。しかし、その気持ちを利用してオプションをたくさん追加して高額な請求をしてくるのです。結果的に葬儀後にとんでもない請求額になることも少なくありません。

・不適切に処分される
 業者が火葬の手間を減らすために遺体の多くを不当に捨ててしまうケースです。これは「合同葬」といって、一番安いプランとして他のペットと合同で火葬してもらうプランがあるのですが、この場合多くは骨を拾うことができないので、正当に火葬されたかどうかがわかりません。これを利用して、ペットの不当遺棄を行なっている業者が後を断つません。

・火葬内容が違う
 例えば、個別葬のプランを選んだのに、合同葬をされてしまった、帰ってきた遺骨が自分の犬と全く違ったなどのケースです。これは明らかに詐欺なので、警察に相談してみましょう。

トラブルが起きないようにするには

先述したようなトラブルを避けるためには、まず正当な業者を選ぶことです。ネットで調べる際に、ホームページの出来やサービス内容だけで判断するのではなく、業者の住所はちゃんとしているか、連絡先は表示されているか、どれくらい実績があるか、口コミはどうかなど様々な点を考慮して選ぶことが大切です。

 また、業者に説明を受けた際に、相手の外見は不審ではないか、不当におかしなプランを勧めて来ないかなど、頼むべき点は本当に色々とあるので、危険を察知した場合はすぐにキャンセルしましょう。

まとめ

飼っているペットが亡くなってしまった時、きっと思い出の分だけ悲しい思いをすると思います。しかし、ペットを飼っている以上必ず別れの時はやってきてしまいます。そんな時のことを今から考え、あらかじめ葬儀する業者を探しておけば安心です。賢明な業者選びでペットを悪徳業者から守り、万全の状態で最期を迎えてあげられるようにしましょう。

「もしもの高額な支払いに備える」弁護士保険とは?

弁護士保険とは、弁護士に相談・依頼をする際の費用を補償してくれる保険です。

保険料の相場は月額3,000円程度となっており、着手金の相場額が30万円ということを考えると9年以内に弁護士に依頼を行えば元が取れるという計算になります。

自分で抱えきれない悩みがあった時に、弁護士保険に加入していれば弁護士に気軽に相談・依頼ができるので、トラブルの早期解決に繋げられます。

「弁護士保険ステーション」では弁護士保険取扱3社の「料金」「補償」「付帯サービス」などを分かりやすく比較できます。


会社によっては、弁護士保険に加入していることを表す「リーガールカード」や「ステッカー」の配布があり、トラブル抑止効果が期待できます。
そのほか、「弁護士紹介サービス」や「相談ダイヤルの設置」など、便利な付帯サービスが用意されています。

日常生活や職場などでトラブルがあった際に、確実に解決するには弁護士は頼りになる存在ですが、高い報酬がネックとなり簡単には依頼できないことも。
そんな弁護士費用に不安がある方は、弁護士保険への加入がおすすめです。

弁護士保険4社比較
法律相談料 偶発事故※3 一般事件※4 通算上限金額
100%※1
2.2万円/事案まで
100%※1
300万円/事案まで
70%※2
100万円/事案まで
1,000万円
  • ※1 実費相当額
  • ※2 着手金:(基準-5万)×70%
  • 単独型 弁護士保険 6年連続(2014~2019) 保有件数No1
  • 家族特約でご家族の保険料は半額
  • 弁護士費用の補償・トラブルの予防サポートサービス付保険
→弁護士保険ミカタの詳細はこちら
法律相談料 偶発事故※3 一般事件※4 通算上限金額
100%※1
2.2万円/事案まで
100%※2
100万円/事案まで
100%※2
100万円/事案まで
1,200万円
  • ※1 実費
  • ※2 着手金:(基準-5万)×100%
  • ライト+ レギュラー+ ステータス+の3プランから選べる!
  • 初期相談が無料の弁護士直通ダイヤルなど8つの付帯サービス
  • 一般事件の補償が充実!
→弁護士保険コモン+の詳細はこちら
法律相談料 偶発事故※3 一般事件※4 通算上限金額
実費
10万円を限度
実費
300万円を限度
補償対象外 -
  • 保険開始から使用可能な痴漢冤罪/被害ヘルプコール付き
  • 加害者になった時の対人/対物賠償保険付き
  • 気軽に加入できるリーズナブルな保険料
→男を守る弁護士保険・女を守る弁護士保険の詳細はこちら
法律相談料 偶発事故※4 一般事件※5 通算上限金額
なし
※1
70%
※2
70%
※2
1,000万円
  • ※1 初回法律相談60分無料の弁護士を紹介
  • ※2 着手金および報酬金の次の①②のいずれか少ない金額
     ①被保険者が弁護士に支払う金額
     ②基準法務費用×基本てん補割合(原則70%)
  • 追加保険料0円で家族も補償
  • 着手金報酬金の両方を補償
  • 免責金額の設定なし
→弁護士費用保険メルシーの詳細はこちら
  弁護士費用保険ミカタ 弁護士保険コモン+ 男を守る弁護士保険女を守る弁護士保険 弁護士費用保険メルシー
自動車事故被害者
自動車事故加害者 ×
突発的な事故(人身事故)
突発的な事故(物損事故)
自転車事故
上階からの水漏れ
欠陥住宅 ×
近隣問題 ×
遺産相続 ×
離婚問題 ×
リストラ ×
いじめ ×
医療過過 ×
金融商品問題 ×

\カンタン4社比較/

Twitterでトラブル対処法記事の発信中!

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル

引受保険会社


ページトップ