アルコールハラスメントについて | 弁護士保険ステーション

アルコールハラスメントについて

▲関連記事をチェック

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、自宅で飲むお酒の量が増えたという方も多いのではないでしょうか?
昔のように飲み会ができるようになるまではまだまだ時間がかかりそうですが、その前に改めてアルコールハラスメントについて理解を深めていきましょう。
場合によっては、アルコールハラスメントで人の命が奪われることもあるのです。

アルコールハラスメント(アルハラ)とは?

アルコールハラスメントというのは、「アルハラ」とも呼ばれています。どのようなものかはご存知の方も多いでしょう。
お酒を飲むように強要したり、お酒を飲めない方への配慮をまったくしなかったりすることがアルコールハラスメントに当たります。
お酒が入ることで人が変わるタイプも少なくありませんので、普段は優しい人がアルコールハラスメントの加害者になるようなこともあります。
急性アルコール中毒のリスクが高い一気飲みをさせたり、最初から酔いつぶすために飲ませたりするのは強要罪にもなります。
飲みたくとも体質の関係で飲めない方や運転があって飲めない方に対しての侮辱、お酒を飲まないからと飲み物を用意しないなどのことも違法性が高い行為とされています。

アルコールハラスメントの被害に遭ったら

では、アルコールハラスメントの被害に遭ったらどうすればいいのでしょうか?
もし周りが「単に付き合いが悪いだけ」と勘違いしているのであれば、その誤解を解くためにお酒が飲めない理由をきちんと説明することです。
特に、健康上の問題であればきちんと説明した上で理解を得て、飲み会を遠慮するといったことをしていったほうがいいでしょう。
もし説明してもイマイチ理解してもらえないという場合には、信頼できる上司などに相談しましょう。ある程度の立場のある人間が理解を示してくれれば、周りも受け入れざるを得なくなります。
一方で、命の危険を感じるような悪質なアルコールハラスメントを受けている場合、法的手段をとるために弁護士に相談したほうがいいかもしれません。
弁護士に相談することによって的確なアドバイスをもらえるはずですので、裁判などを起こさずとも解決する可能性が高まります。弁護士保険に加入しておくと、弁護士への相談もスムーズでしょう。

「もしもの高額な支払いに備える」弁護士保険とは?

弁護士保険とは、弁護士に相談・依頼をする際の費用を補償してくれる保険です。

保険料の相場は月額3,000円程度となっており、着手金の相場額が30万円ということを考えると9年以内に弁護士に依頼を行えば元が取れるという計算になります。

自分で抱えきれない悩みがあった時に、弁護士保険に加入していれば弁護士に気軽に相談・依頼ができるので、トラブルの早期解決に繋げられます。

「弁護士保険ステーション」では弁護士保険取扱3社の「料金」「補償」「付帯サービス」などを分かりやすく比較できます。


会社によっては、弁護士保険に加入していることを表す「リーガールカード」や「ステッカー」の配布があり、トラブル抑止効果が期待できます。
そのほか、「弁護士紹介サービス」や「相談ダイヤルの設置」など、便利な付帯サービスが用意されています。

日常生活や職場などでトラブルがあった際に、確実に解決するには弁護士は頼りになる存在ですが、高い報酬がネックとなり簡単には依頼できないことも。
そんな弁護士費用に不安がある方は、弁護士保険への加入がおすすめです。

弁護士保険3社比較
法律相談料 偶発事故 一般事件 通算上限金額
100%※1
2.2万円/事案まで
100%※1
300万円/事案まで
70%※2
100万円/事案まで
1,000万円
→弁護士保険ミカタの詳細はこちら
法律相談料 偶発事故 一般事件 通算上限金額
100%※1
2.2万円/事案まで
70%※2
200万円/事案まで
70%※2
200万円/事案まで
1,000万円
→弁護士保険コモンの詳細はこちら
  弁護士費用保険ミカタ 弁護士保険コモン 男を守る弁護士保険女を守る弁護士保険
×
×
×
×
×
×
×
×
×

\カンタン3社比較/

ミカタ

この記事を書いた人

bengoshi-h
bengoshi-h
弁護士保険ステーションは弁護士保険会社3社を徹底比較するサイトです。

トラブルが起きた時でも対応できるようトラブルの対処法や、もしもの時に弁護士保険が役立つことを記事でお伝えできたらと思います。

Twitterでトラブル対処法記事の発信中!

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル
ミカタ

引受保険会社


ページトップ