痴漢冤罪に対処ができないと、どうなってしまうのか | | 弁護士保険ステーション

痴漢冤罪に対処ができないと、どうなってしまうのか

痴漢冤罪が話題になって、10年ぐらいが経過しました。
ご存知のとおり、電車のなかは、人に近寄らないように苦慮する男性が増えました。
一方で、相変わらず、ひっそりと触る男性もいます。
実際に痴漢行為をする人は、触り方も工夫しているため、古典的な触り方ではありません。

痴漢する人が人のせいにすることも……

日常の鬱積したストレスのはけ口ですから、卑猥なさわりかたばかりではなく、女性に明らかに意図的な体当たりをする人もいます。
また、すれ違いざまに耳元で悪口を言う人もいます。
ほかにも、エスカレーターで、止まっている列の横を昇っていく女性の尻をさわるように、場所を選んだりと巧妙です。
そのため、本当は何もしていない人が加害者かと勘違いさせる事例もでてきます。

痴漢加害者のイメージとして、スーツ姿の中高年男性をイメージかもしれません。
しかし、20代30代の若者であったり、70代、80代の男性であったりもします。
さりげない動きで、ほかの人のせいにする動きなど慣れたものです。
それだけに、普通の罪なき人が損をすることになってしまいます。

痴漢冤罪になると……?

痴漢は、その場ですぐに、的確に対応が大切と言われます。
身に覚えがないのに、追い詰められて自白したら、会社にばれて退職、家族にばれ離婚というケースは、テレビや報道でも見たことがあるかもしれません。

どんな窮地に達するかは、それぞれですが、犯罪を犯していない人が、犯人だと疑われるストレスだけでも、メンタル面だけでも大変なものです。「死ねるものなら死にたい」と思うこともあれば、苦労が重なり大病を患ったり、孤独な人生に陥っていしまいます。

痴漢冤罪から救ってくれる弁護士の報酬

インターネットで痴漢冤罪と検索すると、24時間体制で対応する弁護士事務所がでてくるようになりました。会社通勤するサラリーマンは、若い世代や高齢者、普通の女性に比べれば、比較的ですが、所得が高いです。
弁護士も、利益は必要ですから、きちんと、弁護士料を払ってくれる方のニーズには対応したいと考えるでしょう。
しかし、国の救済制度はあったとしても、痴漢冤罪のケースに慣れている弁護士が高額だった場合、慣れている弁護士に依頼できるとは限りません。また、住宅ローンやお子さんの進学費用で、まとまったお金を潤沢に準備できるとは限りません。
そのためにも、あらかじめ、冤罪と戦える保証を準備しておきたいものです。
弁護士保険は、罪のない自分を守る手段として有効です。

人のミスを押し付けるビジネスマンがいるように、
痴漢を他人の仕業にみせかける犯罪者がいます。
身近にいるので、ぜひ、自分を守る保険を考えてみてください。

トラブルで困っている方へのおすすめの保険
「弁護士保険」を知っていますか??

日常生活で離婚や、相続、職場トラブル、ご近所トラブルなどの法的トラブルに遭ってしまった場合に、解決のために弁護士に依頼するのは費用がかかりそう、どの弁護士に頼めば良いのかわからないなど、敷居が高いと感じている方もいるのではないでしょうか。 弁護士保険とは、法的トラブルの解決のため、弁護士等へ、依頼・相談をした際に発生する相談料、着手金、報酬金などの費用を補償する保険です。

弁護士保険がどんな保険なのか気になる方はぜひ無料資料請求を!今ならご成約・無料資料請求キャンペーンを実施中なので大変お得です!

関連記事

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル
弁護士保険を徹底比較

引受保険会社


ページトップ