エール少短がハラスメント対応弁護士保険を発売 | 弁護士保険ステーション

エール少短がハラスメント対応弁護士保険を発売

仕事に追われる人

いじめ・嫌がらせ等のパワハラは労働者の約33%が被害を受けており、パワハラ相談件数は過去7年で約2倍、5年で約1.5倍に急増しています(厚生労働省「平成28年度職場のパワーハラスメントに関する実態調査」および「平成28年度個別労働紛争解決制度の施行状況」より)。

エール少額短期保険株式会社はではパワハラやセクハラ、マタハラなど増加するハラスメント被害に声を上げることにより同様の被害を繰り返さないようにするため、専門の弁護士の法的サポートを受けられる日本初のハラスメント対応弁護士保険「声をあげる人を守る」を4月13日に発売します。

この記事を書いた人

bengoshi-h
bengoshi-h
弁護士保険ステーションは弁護士保険会社3社を徹底比較するサイトです。

トラブルが起きた時でも対応できるようトラブルの対処法や、もしもの時に弁護士保険が役立つことを記事でお伝えできたらと思います。
関連記事

Twitterでトラブル対処法記事の発信中!

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル
弁護士保険を徹底比較

引受保険会社


ページトップ

ページトップ