24時間365日 弁護士保険ミカタに関する問い合わせに対話形式で自動応答 | 【2024年】弁護士保険を比較 人気ランキングから保険料、補償比較|弁護士保険ステーション トラブル別でおすすめの弁護士保険をご紹介

取扱弁護士保険会社4社

ミカタ少額短期保険
エール少額短期保険
ジャパン少額短期保険
アシロ少額短期保険

24時間365日 弁護士保険ミカタに関する問い合わせに対話形式で自動応答

▲関連記事をチェック

24時間365日 弁護士保険ミカタに関する問い合わせに対話形式で自動応答

この記事を書いた人

bengoshi-h
bengoshi-h
弁護士保険ステーションは弁護士保険会社4社を徹底比較するサイトです。

トラブルが起きた時でも対応できるようトラブルの対処法や、もしもの時に弁護士保険が役立つことを記事でお伝えできたらと思います。

日本初※の弁護士保険ミカタを開発・販売しているミカタ少額短期保険株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:花岡 裕之 以下:保険会社)は、24時間365日いつでも必要とする情報をより簡単に提供できるよう保険会社のホームページにチャットボットを2021年6月から導入しています。お客様の声をもとに改良を重ね、現在では満足度が高いサービスとして定着しています。

誰もが平等公平に司法サービス等の法的支援が受けられる仕組みとしてチャットボットを採用 

<導入前の課題、導入後の予想と期待>
保険会社の弁護士保険ミカタに関しては、お客様に気軽にお問い合わせいただきたいとの想いがありましたが、営業時間による制約や全ての担当スタッフが即座に質の高い回答を行わないといけないという課題がありました。また、ホームページ上の「よくある質問」として掲示している情報に、すぐにお客様が辿りつけないという課題もありました。
そこで弁護士保険ミカタの必要な情報を早く知りたいというお客様の要望に応えるためにプロジェクトチームを社内に立ち上げました。スピーディーな回答手段とお客様満足度の向上の実現を図るためにミーティングを重ね、チームメンバにーよる様々なリサーチにより、お客様のお問い合わせに対しては、可能なものはできる限りAI化させ、お客様の負担の軽減を目指し、24時間365日いつでも対応できる手段としてチャットボットの採用を決定しました。
弁護士保険ミカタのチャットボット

導入初期は、チャットボットの問い合わせ解決率20パーセント台  改善を重ね100パーセントに近い満足度に

チャットボットの導入により弁護士保険ミカタに関する様々な質問の意図を正確に汲み取り、精度の高い回答を提供できると期待した一方で、初期にはお客様の問い合わせに対して解決率が20パーセント台の時もありました。プロジェクトメンバーによって問い合わせ内容の精査と分析を行い、加入者用・未加入者用にそれぞれシナリオと呼ばれる会話のフローを再設定し、シナリオに沿って会話を進められるような構造を構築。より簡潔に答えにたどり着くように検証を重ね、リニューアル後の2023年10月には満足度がほぼ100パーセント※という結果につながりました。

当初のプロジェクトチームが目指した、商品内容、契約内容変更、保険金請求の手続きなど、お客様からの多岐にわたるお問い合わせにスピーディーに回答できることが実現しました。また、チャットボットにより、オペレーターと話すことが苦手なお客様にとっても気軽にチャットで相談や情報収集が可能になりました。保険会社はこれからもお客様の声に耳を傾け、ご満足いただけるサービスの提供を続けていきます。

【弁護士保険ミカタとは】

「弁護士保険ミカタ」は、司法のスペシャリストである弁護士への相談・依頼のハードルを下げることで、司法サービスなどの法的支援を受けやすい環境を整えることを目的とした保険(少額短期保険)です。保険会社のウェブサイトでは、弁護士保険の必要性や補償内容を分かりやすく伝えるため、マンガでの事例紹介や加入者の実際の声などを掲載しています。日本ナンバーワン調査総研合同会社がおこなった弁護士保険についての調査において、「これから加入する人におすすめしたい」「コスパが良く充実した補償内容」「ずっと長く加入したい」項目で一位を獲得しています。
弁護士保険ミカタ ブランドイメージ調査

調査方法:インターネット調査
調査概要:2024年2月/ブランドイメージ調査
調査機関:日本ナンバーワン調査総研合同会社
有効回答数:250名

【弁護士保険家族のミカタとは】

弁護士保険家族のミカタは、「弁護士保険ミカタ加入者アンケート」で、家族にも同様のサービス・補償を希望したいと7割以上の回答を寄せられたことから、お客様の声にお応えし2019年9月24日より販売を開始しました。
 配偶者、子、親、兄弟姉妹、祖父母、孫など3親等まで、主契約者の契約保険料※の約半額の1,500円で、弁護士等への相談・依頼の際に発生する費用が補償されるだけではなく、弁護士とのホットライン「弁護士直通ダイヤル」、全国の弁護士を無料

【商品について】

弁護士保険ミカタ

  • 月額保険料:主契約 2,980円~ 
  • 補償内容:法律相談料保険金(限度額)、1事案:2.2万円、年間:10万円
          弁護士費用等保険金(限度額)、特定偶発事故:300万円、一般事件:200万円
  • 年間支払限度額:500万円
  • 通算支払限度額:1,000万円
  • 付帯サービス:弁護士直通ダイヤル、弁護士紹介サービス、税務相談サービス※

弁護士保険家族のミカタ

  • 月額保険料:主契約 2,980円 特約契約 1,500円

「家族のミカタ」の特約被保険者は主契約の被保険者※と同じサービス、同じ補償を受けられます。

加入条件

1. 特約被保険者は、契約者の3親等以内の親族となります。
(契約者と主契約の被保険者が異なる場合は契約者が特約被保険者となることも可能です)
2. 契約者は、主契約の被保険者および特約被保険者に係るすべての保険料をひとまとめにして
同時に払い込む必要があります。

※「家族のミカタ」の補償対象となる方は、主契約または特約の被保険者として申込があった方のみとなります。

被保険者として申込がない場合は、ご家族・ご親族であっても補償の対象とはなりませんのでご注意ください。

ご契約者の方には、リーガルカードとリーガルステッカーをお送りしています。

リーガルカード
黄色のリーガルステッカー
銀色のリーガルステッカー
社名 ミカタ少額短期保険株式会社
MIKATA Small Amount Short Term Insurance Co., Ltd.
事業内容 少額短期保険業及びこれに付随する業務
所在地 〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町3丁目3−13 オーキッドプレイス人形町ウエスト 6F
電話番号 0120-741-066
URL ミカタ少額短期保険株式会社の詳細はこちら

「もしもの高額な支払いに備える」弁護士保険とは?

弁護士保険とは、弁護士に相談・依頼をする際の費用を補償してくれる保険です。

保険料の相場は月額3,000円程度となっており、着手金の相場額が30万円ということを考えると9年以内に弁護士に依頼を行えば元が取れるという計算になります。

自分で抱えきれない悩みがあった時に、弁護士保険に加入していれば弁護士に気軽に相談・依頼ができるので、トラブルの早期解決に繋げられます。

「弁護士保険ステーション」では弁護士保険取扱3社の「料金」「補償」「付帯サービス」などを分かりやすく比較できます。


会社によっては、弁護士保険に加入していることを表す「リーガールカード」や「ステッカー」の配布があり、トラブル抑止効果が期待できます。
そのほか、「弁護士紹介サービス」や「相談ダイヤルの設置」など、便利な付帯サービスが用意されています。

日常生活や職場などでトラブルがあった際に、確実に解決するには弁護士は頼りになる存在ですが、高い報酬がネックとなり簡単には依頼できないことも。
そんな弁護士費用に不安がある方は、弁護士保険への加入がおすすめです。

弁護士保険4社比較
法律相談料 偶発事故※3 一般事件※4 通算上限金額
100%※1
2.2万円/事案まで
100%※1
300万円/事案まで
80%
200万円/事案まで
1,000万円
  • ※1 実費相当額
  • 単独型 弁護士保険 9年連続(2013~2021) 保有件数No1
  • 家族特約でご家族の保険料は半額
  • 弁護士費用の補償・トラブルの予防サポートサービス付保険
→弁護士保険ミカタの詳細はこちら
弁護士保険ステーション限定!キャンペーン
法律相談料 偶発事故※4 一般事件※5 通算上限金額
なし
※1
70%
※2
70%
※2
1,000万円
  • ※1 初回法律相談60分無料の弁護士を紹介
  • ※2 着手金および報酬金の次の①②のいずれか少ない金額
     ①被保険者が弁護士に支払う金額
     ②(基準-5万)×基本てん補割合(原則70%)
  • 追加保険料0円で家族も補償
  • 提携弁護士による初回60分無料法律相談が可能
  • デビットカードでの支払も対応
→ベンナビ弁護士保険の詳細はこちら
弁護士保険ステーション限定!キャンペーン
法律相談料 偶発事故※3 一般事件※4 通算上限金額
100%※1
2.2万円/事案まで
100%※2
100万円/事案まで
100%※2
100万円/事案まで
1,200万円
  • ※1 実費
  • ※2 着手金:(基準-5万)×100%
  • ライト+ レギュラー+ ステータス+の3プランから選べる!
  • 初期相談が無料の弁護士直通ダイヤルなど8つの付帯サービス
  • 一般事件の補償が充実!
→弁護士保険コモン+の詳細はこちら
法律相談料 偶発事故※3 一般事件※4 通算上限金額
実費
10万円を限度
実費
300万円を限度
補償対象外 -
  • 保険開始から使用可能な痴漢冤罪/被害ヘルプコール付き
  • 加害者になった時の対人/対物賠償保険付き
  • 気軽に加入できるリーズナブルな保険料
→男を守る弁護士保険・女を守る弁護士保険の詳細はこちら
  弁護士費用保険ミカタ 弁護士保険コモン+ 男を守る弁護士保険女を守る弁護士保険 ベンナビ弁護士保険
自動車事故被害者
自動車事故加害者 ×
突発的な事故(人身事故)
突発的な事故(物損事故)
自転車事故
上階からの水漏れ
欠陥住宅 ×
近隣問題 ×
遺産相続 ×
離婚問題 ×
リストラ ×
いじめ ×
医療過過 ×
金融商品問題 ×

\カンタン4社比較/

Twitterでトラブル対処法記事の発信中!

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル

引受保険会社


ページトップ