日本でも可能?同性カップルが結婚する方法とは | 弁護士保険ステーション

日本でも可能?同性カップルが結婚する方法とは

▲関連記事をチェック

女性二人で仲良くコーヒーを飲んでいる写真

今年の2月14日バレンタインデーに、日本国内で13組の同性カップルが同性同士の結婚を認めるよう、各地の裁判所に一斉に提訴しました。
このことからも分かるように、現在日本では同性同士の婚姻は認められていません。しかし、LGBTの権利を守るといった考え方や、性的志向による差別の禁止や社会参加といった観点から国際的には同性による結婚「同性婚」は認められる傾向にあります。

実際に、先進7か国(G7)で同性婚を認めていないのは日本だけです。

なぜ無理?日本での同性婚

ではなぜ日本では同性同士が結婚出来ないのでしょうか?
日本では「婚姻」について憲法24条1が「婚姻は、両性の合意のみに基づいて成立」と規定しています。
婚姻は男性と女性の間においてのみ成立すると明確に規定しているのです。
この憲法に沿って民法も戸籍法も、「婚姻は男女間のもの」としているため、現在の日本ではこれらの
法律を変えないことには同性婚はできません。そして、法改正の動きも見られないことから、日本では同性婚はできない、といわざるを得ないのです。

日本でも流れは「同性婚を認めるべき」

しかし、2017年にNHKが行った調査では「同性婚を認めるべき」という意見は51%。と半数を超えました。
また、2019年1月に電通が行った調査では、「20代~50代の8割近くの人が同性婚に肯定的」という結果が出ています。
このように「同性婚を認める」という世界の流れは日本にも当然の流れとして入って来つつあります。
具体的には、自治体単位で「パートナーシップ宣誓制度」というものがあります。自治体に婚姻届けを受理してもらう代わりに、パートナーシップ宣誓書を発行してもらうことによリ、婚姻関係に相当する関係性を証明してもらう、という制度です。2人ともその自治体に住民票があれば発行してもらうことがで
きます。
この他にも「養子縁組」を行い親族になることで、相続権や被扶養権を得るといった方法や、同性婚が認められた海外へ行って結婚するといった方法があります。
しかし、そのどれもがデメリットも抱えており、実際に結婚することと比べると大きく見劣りするのが現状です。

注目の裁判の行方は?

こういった現実から、先の同性カップル13組は日本国内において同性婚を実現するため一斉提訴に踏み切ったのです。
ただ裁判に訴えたからといって、同性婚がすぐに認められるわけではありません。この先、高裁、最高裁へと長い長い裁判が続く可能性すらあります。
そんな時にも、入っていれば支えになってくれるのが護士保険です。大きく膨らむ可能性のある弁護士費用をしっかりとカバーしてくれます。

まとめ

現状では法律上は不可能な日本での同性婚。しかし、今回の裁判がきっかけとなり、法律改正への一歩が踏み出されるのではないでしょうか。

「もしもの高額な支払いに備える」弁護士保険とは?

弁護士保険とは、弁護士に相談・依頼をする際の費用を補償してくれる保険です。

保険料の相場は月額3,000円程度となっており、着手金の相場額が30万円ということを考えると9年以内に弁護士に依頼を行えば元が取れるという計算になります。

自分で抱えきれない悩みがあった時に、弁護士保険に加入していれば弁護士に気軽に相談・依頼ができるので、トラブルの早期解決に繋げられます。

「弁護士保険ステーション」では弁護士保険取扱3社の「料金」「補償」「付帯サービス」などを分かりやすく比較できます。


会社によっては、弁護士保険に加入していることを表す「リーガールカード」や「ステッカー」の配布があり、トラブル抑止効果が期待できます。
そのほか、「弁護士紹介サービス」や「相談ダイヤルの設置」など、便利な付帯サービスが用意されています。

日常生活や職場などでトラブルがあった際に、確実に解決するには弁護士は頼りになる存在ですが、高い報酬がネックとなり簡単には依頼できないことも。
そんな弁護士費用に不安がある方は、弁護士保険への加入がおすすめです。

弁護士保険4社比較
法律相談料 偶発事故※3 一般事件※4 通算上限金額
100%※1
2.2万円/事案まで
100%※1
300万円/事案まで
70%※2
100万円/事案まで
1,000万円
  • ※1 実費相当額
  • ※2 着手金:(基準-5万)×70%
  • 単独型 弁護士保険 6年連続(2014~2019) 保有件数No1
  • 家族特約でご家族の保険料は半額
  • 弁護士費用の補償・トラブルの予防サポートサービス付保険
→弁護士保険ミカタの詳細はこちら
弁護士保険ステーション限定!キャンペーン
法律相談料 偶発事故※3 一般事件※4 通算上限金額
100%※1
2.2万円/事案まで
100%※2
100万円/事案まで
100%※2
100万円/事案まで
1,200万円
  • ※1 実費
  • ※2 着手金:(基準-5万)×100%
  • ライト+ レギュラー+ ステータス+の3プランから選べる!
  • 初期相談が無料の弁護士直通ダイヤルなど8つの付帯サービス
  • 一般事件の補償が充実!
→弁護士保険コモン+の詳細はこちら
法律相談料 偶発事故※3 一般事件※4 通算上限金額
実費
10万円を限度
実費
300万円を限度
補償対象外 -
  • 保険開始から使用可能な痴漢冤罪/被害ヘルプコール付き
  • 加害者になった時の対人/対物賠償保険付き
  • 気軽に加入できるリーズナブルな保険料
→男を守る弁護士保険・女を守る弁護士保険の詳細はこちら
法律相談料 偶発事故※4 一般事件※5 通算上限金額
なし
※1
70%
※2
70%
※2
1,000万円
  • ※1 初回法律相談60分無料の弁護士を紹介
  • ※2 着手金および報酬金の次の①②のいずれか少ない金額
     ①被保険者が弁護士に支払う金額
     ②基準法務費用×基本てん補割合(原則70%)
  • 追加保険料0円で家族も補償
  • 着手金報酬金の両方を補償
  • 免責金額の設定なし
→弁護士費用保険メルシーの詳細はこちら
  弁護士費用保険ミカタ 弁護士保険コモン+ 男を守る弁護士保険女を守る弁護士保険 弁護士費用保険メルシー
自動車事故被害者
自動車事故加害者 ×
突発的な事故(人身事故)
突発的な事故(物損事故)
自転車事故
上階からの水漏れ
欠陥住宅 ×
近隣問題 ×
遺産相続 ×
離婚問題 ×
リストラ ×
いじめ ×
医療過過 ×
金融商品問題 ×

\カンタン4社比較/

この記事を書いた人

bengoshi-h
bengoshi-h
弁護士保険ステーションは弁護士保険会社3社を徹底比較するサイトです。

トラブルが起きた時でも対応できるようトラブルの対処法や、もしもの時に弁護士保険が役立つことを記事でお伝えできたらと思います。

Twitterでトラブル対処法記事の発信中!

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル
弁護士保険ステーション限定!

引受保険会社


ページトップ