【弁護士保険Mikata】3親等まで保険料は約半額!家族のミカタ新発売 | 弁護士保険ステーション

【弁護士保険Mikata】3親等まで保険料は約半額!家族のミカタ新発売

▲関連記事をチェック

9月24日から、被保険者のみが使えた弁護士保険『ミカタ』を、ご契約者の家族も被保険者と同様のサービス・補償が約半額で受けられる保険として「家族のミカタ」の販売を開始します。

「家族のミカタ」なら、3親等以内の親族も、約半額の保険料で同一補償とサービスが利用可能

新サービス「家族のミカタ」への加入条件は3親等以内の親族。
つまり契約者ご本人とその配偶者や子、親、祖父母、孫、兄弟姉妹など、ご家族まるごとが対象となります。
1人あたりの保険料においては、主契約の保険料は2980円ですが、特約保険料は1500円と約半額でご加入することができます。

「スマホ歩行で事故を起こした」「SNSで誹謗中傷された」「あおり運転をされた」など、身近に起こるさまざまなトラブルにご活用いただけます。
また、「家族のミカタ」にご加入いただいた皆さまには、あおり運転抑止のための「ステッカー」を、お一人に一枚お配りいたします。

7割以上のお客様の声に応え、自分と家族を守る安心保険「家族のミカタ」が誕生

『弁護士保険「ミカタ」加入者アンケート』でも、7割以上の方が家族にも同様のサービス・補償を希望する結果となりました。

これからは被保険者さまだけではなく、ご家族をまるごとサポートするのが当たり前の時代となってきました。


弁護士保険をより身近に

「スマホ歩行で事故を起こした」「SNSで誹謗中傷された」「あおり運転をされた」など、身近に起こるさまざまなトラブルにご活用いただけます。
また、「家族のミカタ」にご加入いただいた皆さまには、あおり運転抑止のための「ステッカー」を、お一人に一枚お配りいたします。

「もしもの高額な支払いに備える」弁護士保険とは?

弁護士保険とは、弁護士に相談・依頼をする際の費用を補償してくれる保険です。

保険料の相場は月額3,000円程度となっており、着手金の相場額が30万円ということを考えると9年以内に弁護士に依頼を行えば元が取れるという計算になります。

自分で抱えきれない悩みがあった時に、弁護士保険に加入していれば弁護士に気軽に相談・依頼ができるので、トラブルの早期解決に繋げられます。

「弁護士保険ステーション」では弁護士保険取扱3社の「料金」「補償」「付帯サービス」などを分かりやすく比較できます。


会社によっては、弁護士保険に加入していることを表す「リーガールカード」や「ステッカー」の配布があり、トラブル抑止効果が期待できます。
そのほか、「弁護士紹介サービス」や「相談ダイヤルの設置」など、便利な付帯サービスが用意されています。

日常生活や職場などでトラブルがあった際に、確実に解決するには弁護士は頼りになる存在ですが、高い報酬がネックとなり簡単には依頼できないことも。
そんな弁護士費用に不安がある方は、弁護士保険への加入がおすすめです。

弁護士保険3社比較
法律相談料 偶発事故 一般事件 通算上限金額
100%※1
2.2万円/事案まで
100%※1
300万円/事案まで
70%※2
100万円/事案まで
1,000万円
→弁護士保険ミカタの詳細はこちら
法律相談料 偶発事故 一般事件 通算上限金額
100%※1
2.2万円/事案まで
70%※2
200万円/事案まで
70%※2
200万円/事案まで
1,000万円
→弁護士保険コモンの詳細はこちら
  弁護士費用保険ミカタ 弁護士保険コモン 男を守る弁護士保険女を守る弁護士保険
×
×
×
×
×
×
×
×
×

\カンタン3社比較/

ミカタ

この記事を書いた人

bengoshi-h
bengoshi-h
弁護士保険ステーションは弁護士保険会社3社を徹底比較するサイトです。

トラブルが起きた時でも対応できるようトラブルの対処法や、もしもの時に弁護士保険が役立つことを記事でお伝えできたらと思います。

Twitterでトラブル対処法記事の発信中!

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル
ミカタ

引受保険会社


ページトップ