痴漢冤罪はどの様に起こってしまうのか | | 弁護士保険ステーション

痴漢冤罪はどの様に起こってしまうのか

痴漢冤罪はどの様に起こってしまうのか、満員電車に乗ると女性との距離が近くて、痴漢に間違われるのではと、男性のみなさんは、痴漢冤罪にならないように、日々注意したりしていると思います。
そこで、痴漢冤罪を避けるための対策や痴漢に間違われたり、痴漢冤罪で現行犯逮捕された後の流れについて紹介したいと思います。

電車内の痴漢が多いのはなぜ

痴漢の現行犯として、名指しされた男性が、線路内を逃げる事案がテレビでも放送されており、皆さんの記憶にも新しいですよね。
このような事件は何度も起きており、電車やホームの痴漢はとても多い印象があります。洋服の上から女性の体を触るような痴漢は迷惑防止条例違反となる犯罪です。
痴漢による迷惑防止条例違反の発生については、約53%が電車内で発生しており、駅と合わせると約73%が電車、駅校内で発生しています。とても痴漢が多発しているのがこの数値からでもわかると思います。
車両の車内はとても混雑していることから、痴漢しやすいことが現実なのかもしれません。
そこで対策としては、なるべく混雑した車両を避けることと、車両内では、女性から離れた位置に乗車することが鍵になります。

痴漢に間違われない対策

痴漢として逮捕されてしまうのは、やはり手で触ったという、被害者女性の証言が有力な根拠となります。
そのため、両手が被害者に触れることができない状態であることが、痴漢に間違われないために必要です。痴漢に間違われないようにするためには、両手で吊革を掴んでおくことが有効な手段ですが、万が一痴漢に間違われた場合でも、吊革を掴んでいたことを証言してくれる第三者の証言が必要となります。
実際に自分自身が、痴漢冤罪に巻き込まれてしまったら、自身の身の潔白を証言してくれる目撃者を探すことが重要なカギです。
例えば、両手に荷物を持っていたとしても、手の場所によっては、痴漢と間違われてしまうこともあるかもしれません。
それよりも、吊革を掴んでいる方が、有効な対応策といえます。
痴漢に間違われない方法としては、痴漢がするような行動をとらないことが第一となります。

痴漢に間違われたときの対応方法

当然、気をつけていても、痴漢に間違われてしまうことだってありえます。痴漢は、被害者から、名指しされて駅員室に連れて行かれると、警察に連行されてしまうなんてこと耳にしますよね?
犯人ではないのに逮捕されてしまうなんて本当に困りますし、不名誉な痴漢です。これが痴漢冤罪の厄介なところです。そこで駅員室に連れて行かれる前に、その場から立ち去りましょう。立ち去る際は、必ず連絡先を知らせて、無理せずに、立ち去りましょう。

まとめ

最後にまとめますと、万が一痴漢冤罪に巻き込まれたら、弁護士等の、法律家に相談することをお勧めします。法律職は、刑事事件の無料相談のために、24時間365日予約を受け付ける窓口があります。無料相談の案内を受けることができますので、緊急の時には連絡してください。

トラブルで困っている方へのおすすめの保険
「弁護士保険」を知っていますか??

日常生活で離婚や、相続、職場トラブル、ご近所トラブルなどの法的トラブルに遭ってしまった場合に、解決のために弁護士に依頼するのは費用がかかりそう、どの弁護士に頼めば良いのかわからないなど、敷居が高いと感じている方もいるのではないでしょうか。 弁護士保険とは、法的トラブルの解決のため、弁護士等へ、依頼・相談をした際に発生する相談料、着手金、報酬金などの費用を補償する保険です。

弁護士保険がどんな保険なのか気になる方はぜひ無料資料請求を!今ならご成約・無料資料請求キャンペーンを実施中なので大変お得です!

関連記事

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル
弁護士保険を徹底比較

引受保険会社


ページトップ