弁護士費用保険を比較するときのポイント | 弁護士保険ステーション

弁護士費用保険を比較するときのポイント

弁護士費用保険を比較する時のポイント

弁護士費用保険について比較する前に

弁護士費用保険(弁護士保険)は聞きなれない保険、弁護士費用保険がどんな保険か世間一般の認知度・理解度としてはまだまだ低い保険です。

離婚や、相続トラブルなどの問題などに加え、最近ではあおり運転や、パワハラ、モラハラなどのトラブルのニュースなども増えてきており、テレビや新聞などで弁護士保険が取り上げられる機会が増えてきました。

このページでは弁護士保険特有のあまり聞きなれないワードや、どんなところに焦点を当てて比較していけば良いのかを説明したいと思います。
どの弁護士保険が自分に合っているのかわからない人、比較するポイントが知りたい人は必見です!

まず確認! 弁護士費用保険はどんなことを補償してくれるの?

法的トラブルや偶発的な事故に遭った時に、解決のための、弁護士に相談・依頼する費用を弁護士保険が補償してくれます。

下記が弁護士保険が補償されるときのイメージ図になります。

弁護士保険の流れを簡単解説

弁護士保険比較ポイント1.

どんなトラブルを未然に防ぎたいのか

一般事件と偶発事故

弁護士費用保険は、基本的に離婚や相続などの「一般事件」、交通事故、自転車事故などの「偶発事故」が補償されます。

法的トラブル
一般事件

仲が悪い夫婦

離婚トラブルなど

偶発事故

交通事故シーン

自動車事故トラブルなど

各弁護士保険によって補償されないトラブルがあります。それぞれの補償対象範囲を次でチェックしてみましょう。

弁護士保険mikataの弁護士費用補償対象トラブル

偶発事故
弁護士保険mikataの偶発事故補償対象トラブル

 

一般事件
弁護士保険mikataの一般事件補償対象トラブル

弁護士保険コモン(レギュラー・ステイタス)の弁護士費用補償対象トラブル

偶発事故
弁護士保険コモンの偶発事故補償対象トラブル

 

一般事件
弁護士保険コモンの一般事件補償対象トラブル

弁護士保険コモン(ライト)の弁護士費用補償対象トラブル

偶発的事故
弁護士保険コモンライトの偶発事故補償対象トラブル

 

一般事故
弁護士保険コモンライトの一般事件補償対象トラブル

※暗くなっている項目は補償対象外となります。

痴漢冤罪ヘルプコール付き弁護士保険の弁護士費用補償対象トラブル

偶発的事故

 

※スポーツ事故は被害者の場合のみ補償対象となります。
※暗くなっている項目は補償対象外となります。

 

一般事故

 

※暗くなっている項目は補償対象外となります。

上記は一例になります。その他のトラブルが補償対象になるのか詳しく知りたい場合には、各保険会社にお問い合わせください。

各弁護士保険の補償対象の特徴

弁護士費用保険ミカタ、弁護士保険コモンは一般事件・偶発事故のどちらも弁護士費用の補償対象になります。
痴漢冤罪ヘルプコール付き弁護士保険は、偶発事故の被害のみ弁護士費用の補償対象になり、偶発事故の加害の場合には、個人賠償責任保険が補償対象になります。

個人賠償責任補償とは

日常生活において、お客さまご自身またはご家族の方が他人にケガを負わせたり、他人の物を壊したりした結果、法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害を補償します(自転車での事故を含む)。
日常生活で他人にケガをさせてしまったり、他人の物を壊してしまったりした時に助けてくれる保険です。

ポイント1

まとめ

離婚トラブル、職場トラブル、ご近所トラブルや交通事故トラブルまで、幅広い補償を受けたい人は、弁護士費用保険ミカタか、弁護士保険コモンがおすすめ!
交通事故などの偶発事故の補償のみで十分な人は痴漢冤罪ヘルプコール付き弁護士保険がおすすめ!

弁護士保険比較ポイント2.

不担保期間・待機期間をチェック!

不担保期間・待機期間とは

弁護士保険はあらかじめトラブルを持った状態で弁護士保険の補償を受けるといったことを防ぐために待機期間、不担保期間を定めています。待機期間、不担保期間に定められているトラブルについては一定期間補償を受けることができません。

※偶発事故の補償には基本的には不担保期間・待機期間はありません。

各保険会社の不担保期間・待機期間をチェック!

※痴漢冤罪ヘルプコール付き弁護士保険は偶発事故のみの補償のため不担保期間・待機期間はありません。

ポイント2

まとめ

離婚・相続の不担保期間が短い方が良い場合には弁護士費用保険ミカタがおすすめ!

弁護士保険比較ポイント3.

付帯サービスをチェック!

付帯サービスとは

加入者が使える無料サービスのことを付帯サービスといいます。各保険会社で付帯サービスの特徴が大きく違いますので、確認してみましょう。

弁護士保険mikata

弁護士保険コモン

痴漢冤罪ヘルプコール付き弁護士保険

ポイント3

まとめ

弁護士保険mikataは看護師、栄養士、社労士などの専門家に無料で相談ができる付帯サービスと、未然にトラブルを防ぐ抑止効果が見込めるリーガルカード・リーガルステッカーがもらえるのが特徴!
弁護士保険コモンは冤罪やネットストーカー、ハラスメントなど、トラブル毎の専用の付帯サービスが充実!
痴漢冤罪・被害のみを補償するなら痴漢冤罪ヘルプコール付き弁護士保険がおすすめ!

弁護士保険比較ポイント4.

弁護士保険会社・商品の信用度をチェック!

保険はもしもの時の備えになるので、長い期間の契約になることが多い商品になります。そのため、「どこの保険会社の保険」に加入するのかは重要なポイントになります。信用度の高い保険会社はどこになるのでしょうか。各会社の信用度や、商品の信頼性などについてアピールポイントをまとめました!

弁護士保険mikata


弁護士保険を日本で初めて単独型の弁護士保険を販売した会社で、保有契約数はNo1です!
日本弁護士連合会と協定しているので弁護士の質も高いです!
 
その他下記のアピールポイントがあります。
【2014年から2018年まで5年連続保有契約数№1】
【弁護士直通ダイヤル受電数12,000件突破】
【弁護士紹介実績1,600件突破】
【保険金支払い実績2,200件突破】

痴漢冤罪ヘルプコール付き弁護士保険

ジャパン少額短期保険株式会社は、東証1部上場のジャパンベストレスキューシステム株式会社の100%子会社です。
弁護士保険以外にも、家財保険や自転車保険、お天気保険など様々な保険を取り扱っています。
 
商品のアピールポイントはヘルプコール利用時にすぐに弁護士と連絡が取れるという点です!
2018年度の実績で、弁護士から連絡が来るまでの平均時間は約4分です。

ポイント3

まとめ

保有契約数がNo1で、一番長く弁護士保険を販売している信頼と実績を重視するなら弁護士保険mikataがおすすめ!
痴漢冤罪ヘルプコール付弁護士保険は、東証1部上場のジャパンベストレスキューシステム株式会社の100%子会社。

まとめ

自分に合った弁護士保険を見つけられたでしょうか。弁護士保険mikataと弁護士保険コモンレギュラーは、無料で資料請求ができます。また、各弁護士保険が項目毎に比較しやすくなるようにTOPに比較表を用意しています。
弁護士保険を少しでも気になったらぜひ資料請求してみてはいかがでしょうか。

 

募集文書番号[エール少額短期保険株式会社]2018-OP・募-102

この記事を書いた人

bengoshi-h
bengoshi-h
弁護士保険ステーションは弁護士保険会社3社を徹底比較するサイトです。

トラブルが起きた時でも対応できるようトラブルの対処法や、もしもの時に弁護士保険が役立つことを記事でお伝えできたらと思います。
関連記事

Twitterでトラブル対処法記事の発信中!

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル
弁護士保険を徹底比較

引受保険会社


ページトップ

ページトップ