裁判 | 弁護士保険ステーション

目次
  1. 裁判とは

裁判とは

裁判所が利害の衝突や紛争を解決・調整するために行う手続き及び判断をいいます。裁判は民事裁判と刑事裁判に分けられます。

裁判の種類

民事裁判は、個人や企業間のトラブルを扱います。刑事裁判は、犯罪に対する罪の有無や内容を扱います。弁護士保険の対象となるのは、民事裁判です。ここでは、民事裁判について解説します。民事裁判は、当事者が主張する事実が本当に存在するのかどうかについて、提出された証拠に基づいて認定がなされ、トラブルを解決するための判断が下されます。多くの民事裁判では、弁護士が代理人として、依頼者と打ち合わせ、証拠書類の提出、主張を行っています。

民事裁判の種類

民事裁判種類は以下の通りです。

  • 通常訴訟
    主に財産権を争う一般的に訴訟です。資金の返還や損害賠償請求などがこれにあたります。
  • 手形小切手訴訟
    手形金や小切手金が不渡りになった場合に、用いる訴訟です。通常訴訟よりも簡易で、判決も2,3か月程度で終了するため迅速に解決を図ることができます。
  • 少額訴訟
    60万以下の少額請求を行う場合に利用できます。審理や判決が早く、スピーディに解決可能です。ただし、判決内容に異議があっても控訴ができません。
  • 人事訴訟
    婚姻や離婚、子どもの親権など、主に夫婦関係や親子関係に関する訴訟です。通常訴訟と子なり、参与員という担当者が加わり、審理や和解に立ち会うことがあります。家庭裁判所の調査官が当事者の面接を担当することもあります。
  • 行政訴訟 
    国や公共団体を相手とし、その違法性を争う訴訟です。行政機関が行った処分対して、異議を申し立てる取り消し訴訟などがあります。弁護士保険の対象外となっていること多いです。

裁判費用は高額になる

弁護士を通じて損害賠償請求をし、訴訟を起こした場合、多くの費用が発生します。民事裁判では、訴える側が裁判手数料や郵送切手代などを負担します。その他にも、鑑定費用が発生する場合もあります。最も大きな費用は弁護士費用です。請求額が大きくなるほど、高額になるため、裁判にかけられる費用に限りがあると、裁判の効果が十分に見込めません。納得いくまで戦いたいと考えても、費用面を考え、裁判を行うことを諦めてしまうケースも少なくありません。

Twitterでトラブル対処法記事の発信中!

弁護士保険についてわかりやすく解説!

弁護士保険とは

職場トラブルの解決方法特集!

職場トラブル

離婚トラブルの解決方法特集!

離婚トラブル

引受保険会社


ページトップ